日系企業向けの法人営業 / 亀岡俊樹さん – ベトナム就職者談

今回のベトナム就職者談は、貿易関連の国家資格である「通関士」の資格を持つ亀岡俊樹さん(30)です!

国家資格を持ちながら、「海外に行きたい」ただこの一心で海外就職/転職に至った亀岡さん。しかし、実際に海外に来てみて自分自身がその先何をしたいのか、原点に戻って自問自答を繰り返したそうです。海外就職/転職への想いとその後の葛藤をまっすぐに話してくださった亀岡さんの言葉は、現在海外就職/転職をお考えの方は必見です!

かめさん2

 海外で働きたい強い想い

−それでは簡単な自己紹介からよろしくお願いします!

わかりました!みなさん初めまして、亀岡です。よろしくお願いします。出身は福島で、海外には高校2,3年生の頃から漠然と憧れがありました。なので、海外留学を斡旋している大学を受験したんですけど、実際に入学してみると大学生活も楽しくて、海外留学をしたいって思いを忘れちゃっていたんですよね。

 

−大学受験する高校生がそこまで考えていたのすごいですね。でもなんで忘れちゃったんですかね(笑)

不思議ですよね(笑)。そんな楽しい大学生活のお昼休みに友達が「海外留学の説明会に行くんだけど亀ちゃんも行く?」って誘われて、その時に「そういえば、このプログラムに行きたいからこの大学選んだんだ」って思い出しまして、3ヶ月ほどカナダのエドモントっていう田舎に留学しました。ですが、単位を落とすくらい英語も話せず行った上に、韓国人と居たので英語よりも韓国語覚えたりしていて。さらに人見知りなのもあってホストマザーとばかり一緒に居たんです。

そんな感じであまり楽しめないまま3カ月間が終わったんですが、それがきっかけで世界は広いんだなって思いバッグパッカーになるきっかけになりました。そこからバスでアメリカ横断したら面白いなって思って、地元の友達誘ってニューヨークからロサンゼルスまで約8,000kmを1ヶ月かけて横断しました。そのアメリカの経験があって自信がついちゃったんですよね。意外と英語が出来なくてもいろんな人と交流してそこから刺激を受けて単純に楽しいなって思うようになったんです。

その後は自転車で福島から鹿児島まで行ったり、船で中国まで行ってそこからチベット地方やネパール行って標高5550mをトレッキングしたり…。高山病で大変でした(笑)。その時は後々考えずに、直感で面白そうだなって思ったものをやってみましたね。今となってはいい思い出です。

 

−ネパールでトレッキングした時は、トータルでいくらくらいかかったんですか?

約4ヶ月間で50万円くらいですかね。途中、飛行機移動とかスキューバダイビングの免許を取得したりで贅沢もしたので。

旅していたら世界一周している日本人のカップルに出会ったんですよ。二人ともアメリカで働いた後、日本に帰る前に1,2年かけて世界を周っていて、もちろん英語もペラペラで単純にかっこいいなって思ったんですよね。日本帰ってから日本の会社に就職して働いていたんですが、頭の片隅に「あの人たちみたいに海外で働いて、英語を話しながら色んな人と交流出来たらいいな」って思っていて。

そのため、新卒で就職して2ヶ月くらいで「やっぱり海外で働きたいな」って思っていましたね。でも、海外で働きたいと思っても行く手段もないし、お金もないしどうしていいかわからなくて。

1社目で働いている時に、取得が難しいと言われていて貿易関連の唯一の国家資格である「通関士」の取得を目指して勉強していたので、この資格が取れたら今の仕事を辞めようって思ってたんですよね。4年目にして取れたので、これを区切りに次は海外だなって思って転職活動を始めて今の会社に決まったんですよね。

かめさん1

 

 ベトナム就職/転職してはじめて気づいた、海外で働きたい理由の重要さ

−新卒で入社した会社辞めるときに葛藤はありませんでしたか?

辞めるつもりだって上司に伝えたときに、上司は「辞めるのはいいけれど、ただ海外に行きたいってだけじゃなくて、向こうで何したいのかとかまでもっと将来について考えろ。」って言ってくれたんですけど、当時の自分は海外に行きたい思いが大きすぎて、海外で何をしたいのか、何をするのかをあまり考えずに、どうしたら海外就職/転職ができるのかっていう方法しか考えなかったんですよ。

でも運よく転職先が決まって実際にベトナムのハノイで働き始めてから、海外に来るのはただの手段でもっとベトナム就職/転職の目的や、どうしてベトナム就職/転職なのかというWhy?の部分を考えてかなきゃいけないんだなって気づいたんですよね。

 

−どういうきっかけでそのように考えるようになったんですか?

実際に全く違う業界、業種である今のところで働いたときに、「海外に行く」っていう目的だけでベトナムに来たけれど、来てから自分に何ができるのか、自分は何がしたいのかってことを考えざるをえなくなったわけですよ。そこから毎日中々寝れず(笑)。毎日自問自答しながら、自分がしていきたいことってなんなのかっていう原点に戻ったわけですよ。

その時に、やっぱり自分は海外で働きたいっていうのが今後も変わらずあって、それといろんな人と出会って交流して刺激を受けて、見分を広げて自己成長につなげていきたいっていうのがあって、改めて自分の原点を考えるきっかけを得ましたね。

 

 ベトナム就職/転職を検討している方々へのメッセージ

−最後に、これからベトナム就職/転職を考える方々に何かメッセージはありますか?

「やらない後悔よりやった後悔」っていうのはよく言う言葉ですが、自分に素直に、直感でもなんでもどっかで海外に働きたい、ベトナム働きたいなって思いがあるならチャレンジしてみたらいいと思いますね。就職/転職の事とか不安に思うこともあるかもしれないけど、やる気や情熱があったら仕事って意外と見つかっちゃうし、日本に居ると「○○歳以上は転職が難しい」とか色々言われるけど、海外での転職は意外と年齢が高い方でも仕事が見つけられるといいます。ベトナム就職/転職をチャンレンジしてみることが大切だと思いますね。

 

−亀岡さん、ありがとうございました!

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。