海外航空券を格安のLCCで取得するコツ!

みなさんは海外に行く際、飛行機の航空券はどのように予約していますか?

昔と違い、街中の旅行代理店にわざわざ出かけるという方は少なくなり、多くの方がSkyscanner(スカイスキャナー)Expedia(エクスペディア)などのオンライン予約サイトを利用しているのではないでしょうか。

人件費がかからないネットサービスだからこそ、最も安く海外航空券を予約する手法だとお考えの方も多いかと思いますが、残念ながらこれらは最安値ではなく「高い」ことがあります。

そこで今回は、格安のLCCで海外航空券を取得するコツをお教えします!

 オンライン予約サイトが高い可能性がある理由

そもそも格安航空券予約サイトがなぜ格安でないのでしょうか。

その理由は、これらのオンライン予約サイトは「LCC(ローコストキャリア)含めた航空会社別の横断検索機能が可能」としているものの、実態は海外のLCCを網羅していないからです。

現在、東アジア、東南アジアと様々なLCCが飛んでおり、徐々に日本に発着する海外のLCCが増えてきています。ですが比較的近い、東南アジア各国へのフライトにしてもオンライン予約サイトはほとんど提携しておらず、LCCの海外航空券を購入することはできません。

東アジアや東南アジアまでの海外旅行であれば、LCCを使うだけで簡単に1万円、時期によっては5万円以上安く航空券取得が可能です。

 

 LCCの安全性について

誰が言い出したのか分かりませんがLCCは決して「危険」ではありません。

世界各国同様ですが、日本においてもレガシーキャリア(JALやANAなど)とLCCの両方とも国で定められた厳しい安全基準をクリアしなければ飛ぶことができず、「安全性」を軽視し整備面を怠っているわけでは決してないのです。

実際、過去に何度も調査会社がエアライン別の事故率を発表していますが、レガシーキャリアとLCCとの事故率に大きな差は見られていません。

つまり、レガシーキャリアとLCCの差は、ドリンクが有料でちょっと狭い座席に乗らなければならないぐらいしかほとんど感じません。

中国、台湾、韓国などの東アジアの旅行であれば、飛行時間は2時間〜4時間程度、東南アジアへの旅行でも飛行時間は5時間〜8時間程度です。たったこれだけの間少し狭い席に座ることを選択するだけで、1万円〜5万円以上得をするのであればLCCを使わない手はありません。

 

 LCCの安さの秘訣

では、なぜLCCはなぜ安いのか。

これには使用機種の統一、無料サービスの廃止、座席数の増加など様々な理由がありますが、その一つに旅行代理店を使わずネットなどの直販に限定して販売しているというものが挙げられます。つまり、LCCを活用するには、自分で各LCCのサイトで予約をする必要があります。

難しそうに感じるかもしれませんが、SkyscannerExpediaなどのオンライン予約サイトと使い方は変わりません。日本語サイトを用意しているLCCも多くありますし、英語版しかなくても使い方が簡単なので英語が読めない方でも簡単に利用可能だと思います。特に東南アジアにはたくさんのLCCがありますので、以下のサイトを参考にしてください。

東南アジア各国のLCCまとめ

各都道府県に発着しているLCCまとめ

 

 実際どのくらいの金額で海外にいけるのか

例えば、今年の7月に大阪の関西国際空港からバンコクに旅行に行くとしましょう。タイにあるLCCのノックエア(Nok Air)を使えば、26,000円弱で往復航空券を予約することができます。

日本からの直行便がない国だったとしても、LCCを乗り継げばどこにでも格安で行くことが出来ます。先ほどのLCCまとめサイトを見ながら、行きたい旅行先への格安ルートを考えてみてください。ソウル、台北、上海、香港、クアラルンプール、シンガポール、バンコクなどを経由すれば一度の乗り換えで東アジア、東南アジアの大抵どこにでもLCCで行くことが出来ます。

私もベトナムの旧正月(テト)に日本に帰る海外航空券は、ハノイからソウルまでをベトナムのLCCのVietjet(ベトジェット)を利用し、ソウルから東京までを韓国のLCCのJEJUair(チェジュエア)を利用することで5万円程度で入手しました。

ちなみに、この航空券は先日予約したのですが、旧正月時期の航空券は値段がすぐに高騰するため、オンライン予約サイトだと10万円以上の航空券しかありませんでした。

 

 見逃せない!LCCの激安航空券プロモーション販売

また、各LCCは定期的にプロモーションを実施します。このプロモーションを利用すれば、1万円以内で東南アジアに旅行することができます。

プロモーションは、各LCCのメルマガに登録する、Facebookファンページにいいね!をする必要がありますが、数が多すぎて網羅することは難しいです。その時に便利なのがトラベル情報サイト。定期的に各LCCのプロモーションを教えてくれます。

 

 まとめ

海外就職・転職をするかどうか悩んでいる際は、気軽に一度現地を訪れてみると良いと思います。自分の足で訪れ、目で見ることによって現地で仕事をするイメージを具体的に持つことができ決心が付くかもしれません。そのついでに、私どものような転職エージェントから求人の話や生活の話などを聞くと良いと思います。

ここ数年で驚くほど世界は近くなっています。思い立ったたら吉日。サイトを見ていただければわかるように数日後のフライトであったとしても安く航空券の取得が可能です。賢い航空券取得により、もっともっと海外に飛び立つ日本人が増えてくれることを願っています。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************

▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。