海外で働く魅力ってなに?海外で働く方法と選べる仕事

海外で働くことができるのは、英語が堪能で優秀な一部の人だけと思っていませんか?

現在、海外で働く方法はたくさんあり、海外で働くことができる仕事の種類もたくさんあります。特に成長著しい東南アジア地域では、仕事の選択肢も多いです。

それでは、海外で働くにはどのような方法があり、どのような仕事/求人があるのでしょうか?また、海外で働いた後のキャリアはきちんと描けるのでしょうか?海外で働くことについての様々な疑問にお答えします!

 海外で働く方法は?

海外で働く方法はたくさんあります。具体的に海外で働く方法を一つ一つをみていきましょう。

 

 海外に進出している日系企業で働く

海外にはたくさんの日系企業が進出しています。「こんなところに日系企業が進出しているの?」と驚くようなところにも進出をしています。

海外勤務の日本人向けの仕事の99%が、日系企業による求人です。そのため、海外で働く日本人のほとんどが、海外に進出している日系企業で働いています。それでは、海外に進出している日系企業で働くにはどうすれば良いのでしょうか?

 

海外駐在員として働く

日本本社で採用されて、本社から海外のグループ会社に出向して働く人を海外駐在員と言います。海外駐在員になるためには、海外にグループ会社や子会社がある会社に就職/転職し、その会社から海外グループ会社に派遣・出向される必要があります。

海外駐在員として働くことが確約されている求人/仕事はとても少なく、海外駐在員として選ばれるには運と実力が必要になります。また、どの国で働くかを選ぶことは基本的に難しいです。

 

海外現地採用として働く

海外現地採用とは、海外にあるグループ会社や子会社に直接就職/転職することを言います。駐在員に比べて待遇は低い場合が多いですが、直接海外の法人での雇用になるため、確実に海外で働くことができます。また、どの国で働くかも自分で選択することができます。

また後述しますが、海外現地採用として働く場合、仕事の選択肢が多く、様々な仕事の中から希望に応じた職種や業種を選んで働くことが可能です。

 

海外インターン生として働く

一部の日系企業では、インターン生を採用しています。そのほとんどが大学生でも応募できます。できるだけ若いうちに海外で働く経験を積みたい方は、海外インターン生として働くことをお勧めします。ただ、一般的に待遇が良くないことが多いので、海外で生活するために貯金が必要な求人/仕事が多いです。

 

 日系企業以外の海外現地企業に就職・転職する

海外の現地企業で働くには、その国の母国語をマスターしていることが必須になります。そのため、その国の大学等に留学したあとに仕事を探し就職することがほとんどです。まだまだアジア諸国の現地企業で働くケースは少なく、欧米諸国の現地企業が中心になります。特にアメリカでは、留学している日本人がアメリカ現地企業に就職し働くケースが多いです。

ただし前述したとおり、その国の母国語をマスターしていることが求められるため、海外現地企業で働くことはハードルが高いと言えます。

 

 ワーキングホリデーとして働く

30歳以下の方であれば、多くの海外の国でワーキンホリデービザを取得し働くことが可能です。特に、カナダやオーストラリアでのワーキングホリデーは有名で、多数の日本人がこれらの国で仕事を見つけ働いています。

ただし、働く期間や年齢制限があるため、ずっとその国で働くわけにはいきません。ただ、ワーキングホリデーとして働き、そこで語学を身につけた上で海外現地企業に就職するという道はあります。語学力に加え、ITスキル、会計の知識等、専門性があると選べる仕事も増えるでしょう。

 

 海外で働くことができる仕事内容は?

日本人向けの仕事/求人が多い国は、日系企業の進出が多い国です。ただ、欧米や中国は随分前に日系企業の進出が進んだためすでに現地化されており、日本人向けの仕事がない企業もたくさんあります。一方、東南アジア諸国は、近年日系企業の進出が進んだため現地化されておらず、多くの日本人向けの仕事/求人があります。

特にベトナムは日本人向け求人数が多いといわれています。なぜならば、コスト削減やベトナムの市場開拓のため、ベトナムに進出する日系企業は増え続けており、2017年に1,816拠点まで増加しているためです。日系企業の進出が進むにつれて、日系企業向けや現地在住日本人向けのビジネスやサービスが増えていることから、日本人に対して細やかな対応ができる日本人向けの仕事/求人が増加しています。

また、日本の商品やサービスの品質が評価されており、日本の技術や仕事のやり方を海外現地スタッフに伝える、教える仕事/求人も増えています。 

では、具体的にどのような職種の日本人向けの仕事/求人があるのでしょうか?以下ではベトナムの事例を掲載していますが、ベトナム以外の海外で働く場合も同じような仕事内容になると思うので参考にしてください。

 

 営業、カスタマーサポートの仕事

ビジネスマン

必要な英語力… 挨拶レベル~日常会話レベル ★★☆

ベトナムの日本人向けの仕事/求人で最も多いのが、「日本人顧客向けの営業・カスタマーサポート」の仕事です。営業として海外で働くことをお考えの方は、ベトナムでは多くの仕事の選択肢があります。

働く業界は、メーカー、商社、物流、IT、旅行、メディア・広告、建設、不動産、金融、人材と多岐にわたります。日本人顧客向けの仕事なので、社外とのやり取りはほとんど日本語です。英語が必要となる仕事でも、英語が公用語のマレーシアやシンガポールと比べベトナム人の英語はそこまでレベルが高いわけではないので、高い英語力は求められない仕事が多いです。

ベトナムでの営業・カスタマーサポートの仕事は、特に以下のような方にオススメです。

日本で営業、接客、カスタマーサポートの仕事の経験がある

新しい業界にチャレンジして働いてみたい

海外で働くことで英語力をこれから伸ばしたい

名のある大手企業に転職し働きたい

 

 事務、秘書、アシスタント、総務人事、経理の仕事

秘書の仕事

必要な英語力… ビジネスレベル ★★★

営業職に比べ、求人数は少なくなりますが、事務・バックオフィス系として働く仕事もあります。秘書やアシスタントの仕事/求人は、社外との英語のやり取りが発生するため、ビジネスレベルの英語力が求められることがあります。

ベトナムでの事務・バックオフィスの仕事は、このような方にオススメです。

海外で英語力を活かして働く仕事をやりたい

社内で人をサポートする仕事をしたい

事務系ソフトや経理の知識、経験があり、活かせる仕事がしたい

外国人スタッフと一緒に働く経験を積みたい

 

 IT関連の仕事

IT業界の仕事

必要な英語力… 日常会話レベル ★★☆

オフショア開発の一大拠点となりつつあるベトナムでは、IT関連の仕事も多くなっています。

最も需要があるのが、IT関連で働いた経験がある人向けのブリッジSE(BrSE)やプロジェクトマネージャー(PM)の仕事です。日本の顧客や日本本社と連携しつつ、ローカルエンジニアのマネジメントや進捗管理をする仕事です。対象はWebサイト、スマートフォンアプリ、業務システム、オンラインゲームと多岐にわたります。

また、未経験からIT業界にチャレンジして働きたい人向けには、Webディレクターやラボマネージャーといった仕事もあります。

近年はベトナムでもAIやブロックチェーンといった先端技術が注目されており、これらの開発プロジェクトに関わる仕事/求人もあります。「海外で働くなら仕事内容にこだわりたい」という方には、豊富な仕事があるベトナムはおすすめです。

 

 製造関連の仕事

必要な英語力… 挨拶レベル~日常会話レベル ★☆☆

人件費の安さ、真面目で器用といわれるベトナム人の国民性などから、多くの日系製造メーカーがベトナムに進出し、生産・輸出しています。製造している製品は機械、部品、アパレルなど多岐にわたります。

製造関連では、品質管理、生産管理として働く仕事や、「日本の技術を伝える」技術指導として働く仕事が多いです。技術を伝えることによってベトナムの発展に貢献できるため、働くやりがいも大きい仕事といえます。技術指導ができる豊富な経験が求められるため、給与は他求人に比べ高く、通訳が付くため語学不問の仕事/求人も多くあります。

 

 建築関連の仕事

必要な英語力… 挨拶レベル~日常会話レベル ★☆☆

建設ラッシュのベトナムでは、設計、施工管理、現場監督などの建設関連の仕事の需要が高まっています。現場ワーカーの指揮監督をしつつ、日本の顧客や各関係者と連携して働く仕事です。

地下鉄や、次々に作られる新しい工業団地など、都市の発展を実感できる建設に携われることがベトナムの建設業界で働く魅力です。高給与、各種手当あり、本社採用(駐在員待遇)などの高待遇の求人であることがほとんどです。

 

 教育、医療、飲食の仕事

必要な英語力… 挨拶レベル~日常会話レベル ★☆☆

教育、医療、飲食などの専門的な技術・資格を持った人向けの仕事も需要があります。

教育分野では、ベトナム人向けの日本語教師、保育士・幼稚園教諭など、資格が必要になる仕事が多くあります。資格・経験がなくても、日本人向けの塾講師や、ベトナム人向けのスクール運営(勉強、スポーツ、芸術など)などで働く仕事もあります。

また、医療分野では、医師や看護師の資格・経験に加え、同僚との意思疎通ができる程度の英語力が求められることがあります。(医療通訳が付くクリニックもあります。)

飲食分野では、日系レストラン(和食に限らず)のベトナムでの展開が増えており、寿司・和食、フレンチ、イタリアンと幅広い分野で料理人・料理長として働く仕事/求人があります。

それぞれの職種別の年収に関しては、以下の記事をご覧ください。

 

 海外で仕事を探す方法は?

海外で働く仕事を探す方法は多々ありますが、海外で働く仕事を見つけるもっとも良い方法が、海外現地の転職エージェントのサービスを利用することだと思います。以下の記事でその理由を詳細に説明しています。

また、転職エージェントを利用する以外の仕事探しの方法も紹介しているので、海外での仕事探しの方法がわからない方は是非以下の記事をお読みください。

 

 海外で働く魅力は?

海外で働く魅力とは何か。海外で働くと英語力が身につく、海外で働くとプライベートが充実する、など海外で働く魅力は人ぞれぞれだと思います。

「海外で働く魅力=今後の日本で求められる人材になれる」というキャリア視点で、海外で働く魅力を解説していきます。

 

 今後の日本の経済予測

「今後の日本で求められる人材」を考えるうえで、まずは今後の日本経済を予測してみたいと思います。

日本は、戦前も世界第6位のGDPを誇る先進国でしたが、戦後先進国としては類を見ないほどの高度経済成長を果たしました。この経済成長を遂げる事ができた要因は多々あると思いますが、主要因としては人口激増が挙げられると思います。

戦後60年間で日本の人口は、約7,500万人から約5,000万人も増加しました。移民をほとんど受け入れていない中で、先進国としてはすさまじい数の人口増加です。

日本の高度経済成長を支えたのは、この人口激増(人口ボーナス期)が主要因だったと言えます。この人口激増の反動が今から直撃します。人口激増期に生まれた世代(団塊の世代)の方々が一気に高齢化し、このことが人口の急減少を引き起こします。2026年(約10年後)には1億2000万人を切り、2049年(34年後)には1億人を切ります。日本の経済成長を支えた主要因が人口増加だったとするのであれば、人口減少は日本経済のマイナス成長の主要因になることは明白です。

すでに様々な記事や書籍で、今後人口が減少することで経済成長が停滞する事が挙げられていますが、今後のキャリアを考えるうえで、また海外で働くことを考えるうえで大前提として今一度認識する必要があると思います。

東京 夜景

 

 日本経済のマイナス成長を止めるには・・・

では、日本のマイナス成長を止めるためにどうすれば良いのか。

様々な対策が挙げられると思いますが、その一つに女性の社会進出を促進することにより就業者数を維持するという方法がよく挙げられています。日本人女性の15歳から64歳までの就業率は、先進国平均の68%を下回る65%です。日本人男性の就業率の85%と比較するとかなり低い水準です。これだけを見ると、女性の就業率はテコ入れをしやすい印象を受けます。

ただ、女性の就業率をあげる上で大きな課題がいくつもあります。その一つは、現在の日本人女性の4人に一人は高齢者(65歳以上)であるということです。

2035年には、3人に一人が高齢者になります。そして、女性の平均年齢が50歳を超えると言われています。つまり、女性の人口の多くが高齢者、または50歳以上になるため、女性の高齢者の就業率を上げなければ、経済のマイナス成長を止めるほどのインパクトを期待することは難しいと言わざるおえません。

また、仮に女性の就業率が上がった場合、男性の就業率が低下すると言われています。さらに、今の日本社会では様々な問題があり、女性の就業率増加が出生率の更なる低下を招くことも懸念されています。これらの理由で、女性の社会進出を促進することが、マイナス成長を止める根本の解決になりにくいことが分かると思います。

working woman

 

 外国人労働者の増加

では、今後の経済成長の鍵となる対策とはどんなものになるのでしょうか。

そこで、今一番期待をされているのが、海外からの移民を受け入れ、日本で働く外国人労働者を増やすという対策です。しかし、単純に外国人労働者を増やせば良いというものではなく、海外からの移民の受け入れにも様々な問題があります。

ヨーロッパでは、近年イスラム移民を多く受け入れたことにより、欧州の人口増加の90%がイスラム移民になるほど社会問題化されています。特にフランスでは、イスラム移民の人口増加により2040年には国民の過半数がイスラム教とになると想定されており、ヨーロッパ各国で移民排他運動が行われるほどになっています。このまま行くと、ヨーロッパ文明がイスラム教文明に取って変わられるからです。そもそも、日本では海外から移民を受け入れた歴史がほとんどなく、外国人受け入れが難しい社会だと言われています。

問題が沢山ある移民受け入れは本当に日本で進むのでしょうか。

受け入れ量の問題は別として、移民の受け入れは間違いなく進むと思います。実際、外国人労働者の割合は毎年伸び続けており、外国人労働者の割合は日本の総人口の2%に近づく勢いです。弊社の日本法人では外国人向けの人材紹介サービスを提供していますが、2014年あたりから外国人向けの求人数は日を追うごとに増加しています。

かつ、先日入管法が改正され、新しく「特定技能ビザ」の取得が可能になりました。これにより外国人が日本で単純労働者として働くことが可能になりました。今後、日本で働く外国人労働者の割合が、総人口の3%、4%・・・と増加していくことは間違いないと思います。実際、直近1年間だけで20万人の外国人労働者が増えており、日本経済のマイナス成長を止める最も有効な手段として、移民受け入れは確実に進んでいくでしょう。

 

 外国人観光客の増加

話が少し変わりますが、近年日本を訪れる外国人観光客が急増しています。これは、円安やビザの緩和などが理由だと言われていますが、仮に円高になったとしても長期的に見て日本を訪れる外国人観光客が増え続けると思います。なぜならば、日本だけではなく世界的に国際観光客数(外国への観光客数)は伸び続けているからです。

国際観光客数は世界で年平均3.3%も成長し続けています。これは、発展途上の国々が経済発展を遂げることにより中間所得層が増え、海外旅行に行くことができる人々が増え続けていることが理由です。

そのため、今後も日本への観光客は増え続けることが予想されています。今でも東京や北海道、沖縄、京都などの主要観光地では外国人観光客が激増したと言われていますが、10年後、20年後には、現在の2倍、3倍の数の外国人観光客が日本を訪れるようになることは間違いないと思います。

 

 今後日本で求められる人材とは

「外国人と一緒に働いた経験、または働くことができる能力」

「外国人観光客(海外からのゲスト)が求めることを理解できる能力」

この二つが、今後の日本において求められる経験・能力だと考えています。今後、これらは語学力以上に求められるはずです。

現在、海外在住の日本人の数は約125万人しかいません。日本の人口に対して、僅か1%です。これでは、移民の増加や外国人観光客の増加に日本が耐えることができるか心配になりますが、だからこそ「海外で生活をした」または「海外で働いた」経験は、今後間違いなく重宝されます。

 

 海外で働く魅力=日本で必要とされる人材になれる

日本人の考える「仕事に対しての価値観」は、世界的にみて特殊です。

「家族(プライベート)よりも仕事を優先する」
「残業が当たり前」
「有給休暇という労働者の権利を使わずに働く」
「能力よりも経験年数を重視した年功序列」
「給料について不満を言わない」

など、多くの日本人が外国人からすると理解ができない仕事観を持っています。別の観点から言うと、日本人は非常に真面目で、愚直に仕事に取り組みます。仕事への動機付けが曖昧でも、何も疑わず仕事に邁進することができる事は特長だと思いますが、外国人には通用しないことが多いです。

海外で働く経験をすると、日本人が如何に特殊なのかが心底理解ができ、外国人と一緒に働くにはどうすれば良いのかを理解することができます。この経験・能力が今後の日本で重宝されると考えています。

また、日本は観光後進国だと言われています。日本ほどの豊富な観光資源と安全性がありながら、世界の外国人観光客数でいうと12位と、中国、タイを下回る結果になっています。観光大国とされるフランスでは年間8,700万人の外国人が訪れており、東京オリンピックまでに年間4,000万人を目指す日本との差が分かると思います。この結果は、「外国人観光客が求めることを理解していない」ことに他なりません。日本人の多くがどうすれば外国人観光客が喜んでくれるのかを理解していない結果です。つまり、「外国人観光客が求めることを理解できる人」は今後重宝されるはずです。

海外で生活すると、また海外で働くと外国人と日本人との違いが良く分かり、外国人の価値観を理解することができるようになります。そのため、海外で働く魅力の一つとして「今後の日本において求められる人材になれる事」だと考えています。

 

 まとめ

海外で働くことはとても身近なもので、海外で仕事を探す方法もたくさんあります。また、海外で働くことで今後日本で必要とされる経験を積むことができます。

日本への移民を呼び込むターゲットとなるのはフィリピン、ベトナム、インドネシアなどの東南アジア諸国であり、日本への外国人観光客として今後の増加が期待されているのも同じく東南アジア諸国であることを考えると、特に東南アジアの人々と一緒に働く経験、または東南アジアで生活した経験を持つことで更に必要とされる人材になれると思います。海外で働くことを考える際に、東南アジアの選択肢をいれてみてはいかがでしょうか?

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************

▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。

ベトナム求人検索
はこちら!

アクセスランキング