ITオフショア開発プロマネ / 齊藤彩さん – ベトナム就職者談

今回のベトナム就職者談は、IT開発の経験がないにも関わらず、ベトナムでITオフショア開発のプロジェクトマネージャーとして働くことになった斉藤彩さんへのインタビューです。ベトナム人エンジニアが全く言うことを聞いてくれない中、どのようにして苦労を乗り越えたのかを話していただきました。

斉藤彩さん 

 ベトナムで働くことになったきっかけは?

−本日は改めてよろしくお願い致します。それでは早速、自己紹介をお願いします!

斉藤 彩(さいとう あや) と申します。現在23歳です。愛知県出身で大学は国立大学医学部看護学科に入学されました。卒業後に現在のネオキャリアグループに就職し、今はベトナム(ホーチミン)にあるオフショア開発拠点のプロジェクトマネージャーとしてベトナム人スタッフ数名と共に働いています!

 

−色んな選択肢があったと思いますが、どうして会社に入社し、ベトナムで働くことになったんですか?

正直言うと、就職活動している時にやりたいことが見つからなかったんです。就職活動をしながら勉強は続け、看護師の免許を取得したんですが….。でも当時は看護師でも登り詰められるのは副院長までだと思っていました。何を基準にそう考えたのかは分かりませんが、上限が見えているのはおもしろくないなと思い、就職することを第一に動いていました。

最初の方は大手商社や大手物流業界など一般的にウケが良さそうな会社を狙っていて、逆にベンチャー企業に対しての知識やイメージが全くなかったんです。失礼な話ですが、早い時期に選考が始まるベンチャー企業を滑り止めとして当時は受けていたと思います。

ただ、最初はそんな失礼な考え方で始めたベンチャー企業との面接も徐々に変化があったんですよ。私が就職活動で感じたのは、自分の力をしっかり見極めた上で採用してくれる会社は少ないということでした。逆にベンチャー企業はちゃんと「わたし」を見てくれているような気がしたんですよね。1人1人にしっかりと向き合っていると思ったんです。

 

−それで最終的に選択をされたのが現在のネオキャリアさんだと思うんですが、ベンチャー企業も数多くあるなかで「この会社!」って決めた大きな理由があったんですか?

年功序列型があんまり好きじゃないですよ。なので、面接中に「この会社は若手に好きな事をやらせてくれるのかな」って考えながら受けていましたし、ネオキャリアと面接したときは「就活ウケの良い受け答え」に対して、面接官が「もっと欲張ればいいのに。もったいないよ。」言った瞬間に決めました。

 

−そこからどうしてベトナムで働くことになったんですか?

現在はオフショア開発チームのマネジメント、開発にも携わっています。もともと営業職のつもりだったんですが、ネオキャリアがちょうどベトナムでの自社開発に力を入れ始めていたので、私の希望によりベトナムではエンジニアとして働く事になったんです。普通に考えたらおかしいですよね。でも本当にエンジニアとしての知識もスタッフのマネジメント知識も無かったんですよ。

 

 未経験の仕事の苦労をどのように乗り越えたのか

−未経験でマネージメントって、ベトナムの現場は荒れなかったですか(笑)?

もちろん最初はとても荒れましたよ(笑)。現地のスタッフからすれば「訳の分からない日本人が来た」と思われたんでしょうね。皆プライベートではとても優しいのですが、最初は全く言う事を聞いてもらえませんでした。自分より年下でしかも女の子なので流石にプライドが許せませんよね。挙げ句の果てに私が胃潰瘍になりまして(笑)。

 

−齊藤さんはどうやって乗り越えられたんですか?

まず、ベトナム人と仲良くなる事を意識しました。ベトナム語を使って話しかけたり、ランチに一緒に行ったりしていました。小さい取り組みですが継続しました。そしたら意外と喜んでくれるんですよね。そして何よりも相手の文化や考え方を理解する事が大事だと気が付いたんです。例えば、私の指示に反した仕事をした時も、最初に注意するのではなく、なぜそうしたのか聞きます。そうすると、自分が予想もしていなかったところに原因があったりするんです。

斉藤彩さん3

 ベトナム就職/転職の魅力やメリット

−では、齊藤さんの将来の夢を教えてください!

何にもないんです。でも常に面白い事には取り組んで行きたいです。逆算をしても意味が無いと思っています。

私の面白いと思う定義ですが「自分が考えたことを試せること」ですね。例えば、ベトナムへ来た当初はマネジメントを知らなかったんですよね。どんなマネジメントがいいのか分からないから試行錯誤しなくちゃいけない。いろいろ試してみて、次のプランを考えてPDCAをひたすら繰り返してるんです。これが凄く楽しいんですよ!誰にも干渉されず、自分で答えを探していく感じです!

 

−ベトナムへ来てちょうど半年が経ったとのことですが、ベトナムでのゴールもしくは自分に課しているミッションはありますか?

いつ日本へ帰ることになるのかは現時点では分からないんですよ。なので、今の現場を日本人がいなくても回せるレベルまではもっていきたいですよね!

 

−では最後に読者の皆様へ一言メッセージをお願いします!

人生一度きりなので、何かアクションをしようとする時は海外を含めて考えた方が断然効率が良いと思うんですよね。なぜなら選択肢が一気に広がるからです。

また、海外で働くと自分の身の丈に合わない仕事をさせてもらえることもあります。それがもの凄く私は魅力に感じていますし、海外で働くこと、海外就職/転職することの大きなメリットだと思います。なので、ぜひ海外就職/転職という選択肢を是非もってください!

 

−本日はありがとうございました!

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。