ベトナム人女性は化粧をするの?調査結果から分かったこと

数年前まで多くのベトナム人女性は化粧を一切していませんでしたが、近年化粧をするベトナム人女性が確実に増えています。今回は、ベトナム人女性の化粧に関する調査結果を踏まえて、ベトナム人の化粧事情についてお伝えします。

 ベトナム人女性を対象に化粧に関する調査を実施

ベトナムの消費者リサーチサービスを運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、2015年に20歳〜39歳までのベトナム人女性500名を対象に化粧に関する調査を行いました。注目を集めるベトナムの消費者市場における「化粧の習慣」や「費用」「情報入手経路」及び「日本ブランド」に関する側面から調査を実施しています。この調査結果を参考に、ベトナム人の化粧に関する実態について説明していきます。

 

 定期的に化粧をしているベトナム人女性の割合は?

ベトナム人女性の化粧の頻度に関しては、「毎日」との回答者は24%に留まり、少なくとも週に一度以上定期的に化粧をする人は全体の44%という結果になりました。一方で45%の人が「特別な場合のみ化粧をする」と回答でした。特別な場合とは「パーティー(88%)」「デート(70%)」等のことで、パーティやデートでは化粧をするベトナム人女性の割合が多い一方で、「会社・学校」には「いつも」化粧をする人は11%、「時々」等を含めても59%と少ない結果となりました。

化粧 頻度化粧 タイミング

 ベトナム人女性の化粧にかける費用は?

ベトナム人女性の化粧にかける月々の費用は、全体平均で140,000 VND(約700円)でした。月収が5,000,000VND(約25,000円)未満の層で月額110,000VND(約550円)、5,000,000VND以上の層で月額190,000VND(約950円)という結果になりました。全体で200,000VND(約1,000円)以上月額に化粧品に費やす人は21%に留まり、比較的化粧品への出費が抑えられている結果となりました。

化粧 費用

 ベトナム人女性の化粧に関する情報源は?

ベトナム人女性に化粧に関する情報源について質問したところ、「友達(70%)「ウェブサイト(58%)」が上位を占める結果となりました。ウェブサイトについては「eva.vn(51%)」、「各企業サイト(45%)」、「phunutoday.vn (43%)」等のサイトを活用している回答者が多く見られました。

化粧品 情報

 ベトナム人女性が好む化粧品ブランド

各国の化粧品に関するブランドイメージを尋ねたところ、韓国の化粧品ブランドが著しく強いイメージを持っていることがわかりました。韓国の化粧品ブランドが「若者向けのブランド(79%)」「ファッショナブル(76%)」などの項目で、日本を含む他の国々の3倍程度の得票を挙げる結果となりました。また安いという項目でも韓国化粧品ブランドを挙げる人が74%と、価格で韓国を連想する消費者が非常に多い結果となりました。日本は「高品質(43%)」「肌に優しい(38%)」などで比較的高い評価を受けています。

化粧 キーワード

本リサーチに関する詳細データはhttps://qandme.netよりご覧いただけます。

Asia Plusについて:株式会社Asia Plus(http://www.asia-plus.net/)は日本とベトナムに拠点をもち、特にアジア新興国に進出する企業のビジネスで課題となっている「販売」「商品企画・マーケティング」を解決するソリューションをオンラインで提供します。

  • 会社名:株式会社Asia Plus(英文名 Asia Plus Inc.)
  • 本社:〒158-0094 東京都世田谷区玉川4-4-1
  • 代表:代表取締役 CEO 黒川賢吾
  • お問い合わせ先:info@asia-plus.net

 

 ベトナム人女性はすっぴんが好き?

上記の調査結果から、ベトナム人女性は化粧をあまりしないことが分かりました。これは、収入があまり高くなく、高額な化粧品を買いにくいという理由もあると思いますが、弊社のベトナム人女性スタッフで、ベトナムでは高額にあたる月収1,000USDを超える層でも化粧を毎日している様子がありません。それでは、ベトナム人女性はすっぴんが好きなのでしょうか?

複数のベトナム人女性スタッフに聞いたところ、「化粧は肌に悪い」という考えを持つ方や、「化粧をせずにすっぴんで美しいのが本当に美しい証拠」といった考えを持っているようでした。自分に自信がなく控えめな日本人女性とは対照的に、自信がある人が多いベトナム人女性ならではの考え方だなと感じました。

 

 まとめ

ベトナム人女性はあまり化粧をしないという調査結果をお届けしましたが、年々化粧をするベトナム人女性は確実に増えています。現在ベトナムの隣国タイの化粧品市場規模は、ベトナムの4倍程度の約4,000億円ありますが、ベトナムも緩やかにタイの化粧品市場規模に近づいていくことは間違いないと思います。ベトナムは、化粧やファッションの進化が著しい国だと思うので、興味がある方は定期的にウォッチしてみてはいかがでしょうか。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。