ベトナム料理の定番フォー!本場ベトナムでの有名店やレシピをご紹介

有名なベトナム料理といえば、フォーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

日本でも気軽に食べることができるフォーですが、今回は本場ベトナムでのフォーの有名店について、またはおいしいフォーのレシピについて解説をしていきたいと思います!

 そもそもフォーってなに?

フォーは日本でも専門店があるくらい人気の料理なのでその存在を知らない方はほとんどいないと思いますが、一応フォーとは何かを説明しておきます!

 

 フォーってなに?フォーの発祥は?

フォーとは、スープに平たい米粉麺に肉や野菜などを加えたベトナムの麺料理です。スープは鶏や牛から出汁を取ったものが多く、どちらにしてもあっさりとした味で万人から好まれるような料理です。レストランや屋台で食べることができ、フォーを扱っているレストランや屋台は街のあちこちでみかけることができます。

フォーは、ハノイ市ナムディン省発祥の食べ物であると言われており、起源は1900年ごろであると考えられいます。その影響から現在でもハノイで食べるフォーの方が中南部よりも美味しいと感じる人も多いようです。

現在は牛肉、鶏肉、豚肉と様々な種類のフォーがありますが、もともとは牛肉のフォー(フォー・ボー)がオリジナルであるようです。昔のベトナムでは牛は農業のために使われ、食べるための動物ではありませんでした。唯一食べられたのは、歳を取り屠殺場に送られた牛のみだったのです。

しかしベトナムを植民地にしたフランスからフランス人ベトナムでもステーキを食べ始め、その残骸の処理に困ったベトナム人が牛肉をベトナム人でも食べたいと思うよう食べやすくしたのが、フォーの始まりと言われています。

 

 南部と北部のフォーの違い

ベトナムは南部と北部で文化が大きく異なると言われています。

南部と北部のフォーの大きな違いは、「どこまで自分でアレンジをするか」でしょう。北部では、フォーを頼むと唐辛子とライムが一緒に出てきます。

ところが、南部でフォーを頼むと唐辛子とライムの他にパクチーなどの香菜がついてきます。南部では、北部よりも香菜などを加え自分でアレンジを加えるのです。北部はどちらかというと薄味であるのに対し、南部は北部に比べるとスープが甘く味付けされているなど、味付けにも多少の違いがあるようです。

 

 フォーの種類

フォーにもいくつか種類があり、乗せる具材によって区別されます。種類が違うと言っても、スープや麺は同じなのでそれほど大きな違いではありません。

 

牛肉(Phở Bò:フォー・ボー)

フォーの原型でもある牛肉。現在でも、牛肉のフォー専門のチェーン店があります。
「Phở Bò ◯◯」と書いてあり、牛肉のフォーの中でもいくつか種類が別れている場合もあります。下記のように牛すじ、肉団子、肩バラ肉などのフォーがあります。

TÁI(タイ):半生
GÂN(ガン):牛すじ
CHÍN(チン):よく火の通った
VIÊN(ヴィエン):肉団子
GẦU(ガウ):肩バラ

 

鶏肉(Phở Gà:フォー・ガー)

日本では、鶏肉のフォーの方がもしかしたら牛肉のフォーよりも人気なのではないでしょうか。あっさりとした味付けで、朝ご飯として食べられることもあるようです。

 

その他のフォー

そのほかにも、豚肉やカニが入っていることもあります。お店によっては肉と麺の組み合わせを選べることがあり、麺にはフォーの他にもミェン、フーティウなどがあります。

 

 ベトナムでのおすすめフォーレストラン

ベトナム現地でのおすすめフォーレストランをご紹介します。チェーン店から有名店までご紹介をします!

 

 ベトナム ホーチミンのフォー チェーン店のご紹介

ベトナムでは街のあちこちでフォーのお店を見かけることができます。

 

PHỞ 24

ベトナムのフォーのチェーン店といえばPHỞ 24でしょう。PHỞ 24は、ベトナム最大のフォーのチェーン店です。
麺の量が選べたりとお客への気配りもばっちりで、また味の方も間違いないので、初めてのベトナムでフォーを試したいけど屋台は少し不安という方にはお勧めのレストランです。

 

PHO ONG HUNG(フォー・オン・フン)

Ong HungとはHungおじさんという意味ですが、親指を立て微笑むおじさんの看板が目印です。
ホーチミン市内でも40店舗近く展開しており、レタントン、ビンコムセンター、ドンコイ通りなど観光客が多い場所にも出店していますので、観光客にもおすすめです。

 

 ベトナム ホーチミンの有名店で実食レポート

上記でご紹介した以外のフォーチェーン店に足を運び、実際にフォーを食べてきました。

 

Phở 2000

Phở 2000は、ベトナムにあるフォーのチェーン店です。その名前の由来は、2000年にクリントン元米大統領がPhở 2000を訪れたことにあるそうです。

今回は、クリントン元大統領が訪れたベンタイン市場の目の前にあるレストランに行ってきました。

一階のカフェを通り抜け奥の階段まで進むと、Pho 2000の看板が。看板の下には“PHO FOR THE PRESIDENT”と書かれています。「本当にここにクリントン元大統領が来たんだ」と少し感動しつつ二階に上がります。

店内は下の画像のような感じです。壁にはベンタイン市場の絵が描かれています。ベンタイン市場の目の前ということもあり多くの観光客が訪れるため、店内は清潔に保たれています。私の前のテーブルには日本人客もいました。

メニューは下の画像のような感じです。ローカル店で食べるフォーは25,000-30,000VNDくらいなので、その倍以上の価格設定をしています。また、フォー以外にも、揚げ春巻きやベジタリアンのフォーなど様々な料理を注文することができます。ベトナム語が分からなくても、英語と写真がついているので安心です。

今回は、メニューの一番上に載っていたPho Ga(鶏肉のフォー)を注文しました。こちらがPho Gaです。もやしや香菜もついてきます。

香菜をちぎり、お好みでトッピングをしていきます。私は香菜多めが好きなので、たくさん香菜を加えます。

程よいコクがあるもののこってりしすぎず、暑いベトナムでもどんどん食べられます。マイルドな優しい味です。ライムや野菜を加えることでよりさわやかな味になり、途中で味の変化を楽しむこともできます。

ちなみに、こちらがフォーの米粉麺です。程よい歯ごたえで、すごくおいしいです。

テーブルに着くと少し汚れていた机をすぐに拭いてくれ、また最後は笑顔で送り出してくれました。味もサービスも満点なこちらのPho 2000ですが、ベンタイン市場の目の前にあるため、ぜひ観光の一部として取り入れてみてはいかがでしょうか。

<住所>
1-3 Phan Chu Trinh, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh
<営業時間>
月曜日~日曜日 7:00AM~10:00PM

 

Phở Hoà Pasteur

こちらはチェーン店ではない、ベトナム南部で人気のあるフォーのお店です。3区にあり、1区からも10分程度で行くことができます。

店内は下の画像のような感じです。さすが人気店、店内はお客さんでいっぱいで、観光客と思われる外国人のお客さんもいました。また、Pho2000に比べよりローカル感が味わえます。
店員さんは英語を話せるので、ベトナム語が分からない方でも簡単な英語で注文をすることができます。

こちらはメニューです。フォーだけでも牛肉と鶏肉、多くの種類があって、選ぶだけでも楽しいです。肉は部位はもちろん、ウェルダンかレアかも選ぶことができます。このお店のメニューも英語と写真つきで、非常に親切です。

今回は、肩バラ肉のフォーと春巻きを頼みました。春巻きは生野菜やエビなどが入っており、ここでは茶色の少し甘いTương đenというたれをつけて食べました。

Pho 2000と同じく、香菜とライムがついています。もちろんこれらを足していただきました。こちらのお店には様々な種類の香菜があり、色々選びながらフォーに加えることができます。

牛肉が柔らかく、また優しい味付けで食べやすかったです。肉やスープが主張しすぎておらず、それと同時に肉とスープのバランスが丁度良く取れた味付けが最高です。

せっかくベトナムに来たのだから、チェーン店以外にも行ってみたい!という方には、ぜひおすすめしたいお店です。

<住所>
260C Pasteur, Phường 8, Quận 3, Hồ Chí Minh
<営業時間>
月曜日~日曜日 6:00AMから12:00AM

 

 お手軽にフォーを楽しむ方法

フォーは食べたいけど出かけるのは面倒。そんな時は自分でフォーを作ることができます。

 

 ベトナムで買えるインスタントのフォー

ベトナムのスーパーやコンビニなど、あちこちでインスタントのフォーが売られています。牛肉から鶏肉まで色々そろっており、地元のベトナム人が大量に購入しているところを見かけることもあります。簡単においしく食べられるインスタント麺は、万国共通で人気のようです。

コンビニやスーパーマーケットでよく見かけるのはACECOOK社のものとVIFON社のものです。前者が6,000VND前後であるのに対して、後者はその2倍の12,000VND前後の価格です。

作り方は一般的なインスタントラーメンと全く一緒です。完成したものが下の画像です。(もやし、香草、ライムは別で付け足してます。)

お店で食べるものとはすこし違いますが、それでもインスタントであることを考えると十分のクオリティです!

 

 自宅で簡単に!フォーのレシピ

インスタント麺よりはきちんとしたものが食べたいけど、料理するのは面倒くさい。そんな時の強い見方が味の素のフォーのパウダーです。

作り方は簡単で、お湯にパウダーを溶かし具材を加えていくだけです。今回はベーシックに、牛肉、もやし、香菜で作ります。

説明書きによると、パウダー一袋に対し水は1.5Lとのことですが、一人分には多いので半分の分量にしました。お湯にパウダーを溶かし、フォーや肉、野菜を加えていきます。フォーは「6~8分ゆでる」と袋に書いていたので、それに従います。

最後に香菜をのせて・・・

完成です!びっくりするくらい簡単にできました。10分程度で作ることができます。
ちなみに気になる味の方ですが、お店のフォーに負けないおいしさでした。

 

 まとめ

ストリートフードでありながら三ツ星レストランでも注文することができるフォー。ベトナム人にとってはなくてはならないソウルフードなのではないでしょうか。この記事が、これからベトナムを訪れる人にとっても、今ベトナムに住んでいる人にとっても、役に立つことができればうれしく思います。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。