ベトナムのトイレは汚い?紙は流せる?ベトナムのトイレ事情を解説

海外で生活をする、あるいは旅行をするとなった場合にトイレについて気になる方も多いのではないでしょうか?

ベトナムのトイレについて、どのような想像をされるでしょうか?ベトナムに限らず、東南アジアのトイレはとんでもなく汚いと想像される方もいるかもしれません。

今回の記事ではベトナムのトイレについて解説をします!

 ベトナムのトイレ事情

ベトナムのトイレ事情について、基本的なことを解説をします。

 

 ベトナムのトイレは和式?洋式?

日本では和式トイレを見ることはどんどんすくなくなってきましたが、ベトナムでも和式トイレを見ることは少ないです。日本と同様に古い建物や昔からあるローカル店などたまに和式を見かけるくらいで基本的には様式のトイレが圧倒的に主流です。

 

 ベトナムのトイレにトイレットペーパーはあるの?

ベトナムでトイレに行くとトイレットペーパーがないことが多くあります。用を足して出ようとしたらトイレットペーパーがないなんて状況は最悪ですよね。そのため、ベトナムに来たら必ずティッシュを持ち歩くようにしましょう。

また、便座が汚いところも多いのでウェットティッシュも持ち歩くことをオススメします。

 

 都市部であれば基本的に近くにキレイなトイレがある

地方に行くとまだまだ古い建物も多く、ローカルのお店も多いのでキレイなトイレは全くないということがあります。ただし、ハノイ・ホーチミンをはじめとした都市部にいればキレイなトイレはすぐに見つかります。ベトナムに住む日本人でトイレの清潔さに大きな不満を持っている人はあまり多くないと思います。

 

 ベトナムでトイレってどのくらいの清潔感?

実際にベトナムのトイレをキレイ・普通・汚いの3つに分けて、写真付きで紹介します。

 

 ベトナムのキレイなトイレ

下記がベトナムのきれないトイレです。掃除が行き渡っており、トイレ自体も比較的新たしくキレイです。新しいオフィスビル、高級なホテルなどであればとてもキレイなトイレがあります。

 

 ベトナムの普通のトイレ

下記がベトナムの普通のトイレです。特にキレイでも汚くもなく、これに不満を持つ人は少ないかと思います。日系企業が入居しているようなオフィスビルであれば、最低でもこのレベルの清潔さは保たれています。

 

 ベトナムの汚いトイレ

下の画像がベトナムの汚いトイレです。ただし、都市部に住んでいる限りここまで汚いトイレに遭遇することはほとんどないのでご安心をしてください。

ローカル店のトイレなどでは比較的掃除が行き渡っていないトイレに遭遇することが多いです。

 

 ベトナムでトイレを借りられる場所

日本なら緊急時にはコンビニに駆け込めばよいですが、ベトナムのコンビニには基本的にトイレがついていません。そこでこちらではベトナムで急にトイレに行きたくなった時に駆け込めるトイレスポットをご紹介します。

 

 デパートやショッピングモール

日本でもそうですがデパートやショッピングモールには基本的にトイレがついており、比較的清潔なところが多いです。日系の高島屋が入っているサイゴンセンターなどは安心です。

逆に高級感あるデパートでも、トイレはあまりきれいではない場合もあります。その例がホーチミンにあるVINCOM CENTERというショッピングモールです。VINCOM CENTERのトイレは常に人が多く、あまり清潔ではない印象です。

また、観光客に人気のサイゴンスクエアなどでもトイレは使えますが並んでいることが多く、たくさんの人が使う分、清潔ではないのであまりおすすめはできません。

 

 カフェやレストラン

カフェやレストランには基本的にトイレがついています。ホーチミンにはお洒落なカフェが沢山あるのですがそのようなカフェのトイレは基本的に綺麗です。

ただ最近だと古いアパートや雑居ビルに入っているカフェも多く、そのようなカフェのトイレの清潔度はあまり期待できません。ローカルなカフェやレストランだと汚いところも多いので、トイレ目当てで行く場合は少しきれいなところにいくのが無難でしょう。また、トイレを利用する際にはそこの商品を購入するのがマナーです。

 

 ホテル

外国人観光客にとって安心できるトイレはやはりホテルのトイレでしょう。4つ星や5つ星の大きなホテルだとロビーがある階にトイレがあり、宿泊客でなくても自由に使える場合が多いです。ただ、ホーチミン市内にはたくさんのホテルがあるのですが、あまり大きくないホテルだと宿泊客以外は断られる場合があるようなので注意してください。

 

 オフィスビル

意外と知られていないトイレスポットがオフィスビルのトイレです。各階に共用のトイレが設置されているところが多いのですが、たくさんの人が出入りするビルなら観光客がトイレを借りても咎められることはまずありません。

大きな新築のビルだとかなりの清潔度が期待できます。またどのオフィスビルでも、基本的に毎日トイレの清掃が入っていて清潔感が保たれています。

 

 公衆トイレ

ベトナムの公園などには公衆トイレがついているところがあります。ただ清潔度は期待できず、トイレットペーパーはまずついていません。その割に有料なところも多いです。

下の画像の右が公衆トイレです。見た目がエレベーター見たいです。

 

 ベトナムでトイレに行くときの注意点

ベトナムでトイレに行くときにいくつかの注意点を紹介します。

 

 トイレットペーパーは流せないところが多い

ベトナムのトイレに入ると「水を流してはいけない」というような貼り紙があることが多いです。というのもベトナムのトイレットペーパーは日本のように水に溶けるものではなく、排水設備も日本ほど整っていないため、流すと詰まってしまいます。ベトナムではほとんどのトイレの便器の横にゴミ箱が置いてあるのでトイレットペーパーはそちらに捨てるようにしましょう。

ただ、オフィスビルなどの新しい洋式トイレがあるところは、日本同様トイレットペーパーを流しても問題ありません。

 

 ウォシュレット(シャワートイレ)はない

ベトナムでは日本のようにウォシュレット(シャワートイレ)がついているトイレはあまりありません。高級ホテルやデパートでもウォシュレットがついているところは稀です。

その代り、多くのトイレの横に写真のような小型ハンドシャワーがついています。ベトナムではこちらをウォシュレット代わりに使っています。たまにトイレに入ると便座がびしょびしょになっていることがありますが、そういう時は前の人がハンドシャワーを使ったのだと思ってください。

 

 有料のトイレがある

ベトナムのカフェやレストラン、ホテルのトイレは基本的に無料です。ですが、たまに街中や公園で見かける公衆トイレでは、有料のところがあります。トイレの横に人が立っていたらそれは有料のトイレです。

有料公衆トイレは特にダナンなどのリゾート地に多いようです。有料といっても、1,000 – 3,000VND(5-15円くらい)ですが、驚かないようにしてください。

 

 便座がないトイレがある

衝撃的ですがベトナムの中心部を少し外れた小さな店などに行くと、便座がないトイレを見かけることがあります。最初からないというよりは、普通の洋式トイレから便座だけがなくなってしまったという感じです。

なぜそうなったかというと、便座が汚い場合、便座の上に靴で上がってしゃがんで用を足す人がいるからだそう。ホーチミン市内のトイレでも、便座の上に靴の跡がついていることがあります。

 

 トイレに関するベトナム語

トイレに関して、覚えておくといいベトナム語を紹介します。

 

 男性トイレ、女性トイレの見分け方

「NỮ」が女性、「NAM」が男性です。基本的に色や絵で男女区別ができるようになっていますが、これを覚えておけばそういった表示がないところでも安心です。

 

 トイレはどこですか?をベトナム語で

ベトナム語でトイレはToilet (トイレッ)、もしくはNHÀ VỆ SINH(ニャー ヴェ シン)です。トイレはどこですか?と聞きたいときはToilet ở đâu? (トイレッ オー ダウ? )と言います。ベトナム南部ではToilet (トイレッ)を使う人が多く、北部ではNHÀ VỆ SINH(ニャー ヴェ シン)を使う人が多いのだそうです。

 

 まとめ

ベトナムのトイレはトイレットペーパーが流せなかったり、ウォシュレットの代わりにハンドシャワーがついていたり、日本の感覚でみると驚くことが多いかと思います。ですが、他の外国に比べると清潔なトイレが多く、急にトイレに行きたくなったときに駆け込める場所もあちこちにあるため、トイレに関して心配する必要はありません。安心してベトナム旅行を楽しんでください。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。