ベトナムコーヒーの飲み方、入れ方|有名店やお土産もご紹介

数年前から”ベトナムコーヒー”という言葉を聞くことが多くなったのではないでしょうか。実は、ベトナムのコーヒーの生産量はなんとブラジルに次ぐ世界第2位。街を歩いていても、そこら中にカフェがあるコーヒー大国なんです。

今回はベトナムコーヒーの特徴、飲み方、入れ方や、ベトナムコーヒーが飲める有名店、お土産用のベトナムコーヒーについて詳しくご紹介していきます。

 ベトナムコーヒーの特徴

「そもそもベトナムコーヒーってなに?」と思う方も多いと思います。”ベトナムコーヒー”は通称であり、特に明確な定義があるわけではないのですが、一般的には下記の2つの条件を満たしているコーヒーをベトナムコーヒーと呼んでいます。

①ロブスタ種のコーヒー豆を使っている。

日本でコーヒーといえば、コロンビア産やブラジル産のアラビカ種のものが一般的ですが、ベトナムではロブスタ種が一般的です。ロブスタ種のコーヒーは低地栽培が可能で生長が早く、病害に強い上に収量が高いことからベトナムでは広く栽培をされている種です。

ただし、酸味はなくて、臭いが少し強めなことからそれを打ち消すためにきつめに焙煎をして苦味を出していることがほとんどです。この苦味こそベトナムコーヒーの特徴です。また、コーヒー豆の色がとても濃いのが特徴です。

②独特のフィルター(カフェ・フィン)を使っている。

ベトナムコーヒーというと下のようなフィルターを想像する方も多いのではないでしょうか。これは「カフェ・フィン」というフィルターで、植民地時代の宗主国フランスの金属フィルターをアレンジし作られたと言われています。

穴が小さいことが特徴で、コーヒーの抽出に長い時間がかかります。長い時間をかけて抽出すると、お湯とコーヒー粉の触れる時間が長くなるため、抽出されるコーヒーも濃く仕上がります。先ほど説明した通り、ベトナムコーヒーに使われるロブスタ種は臭いが強い特徴があることから、それを打ち消すために濃くすることがいいとされています。

(出典:珈琲タイム

 

 ベトナムコーヒーの飲み方

続いて、ベトナムコーヒーの飲み方をご紹介します。ベトナムコーヒーに合ったおいしい飲み方があります。

 

 ミルクコーヒー(カフェスダー/Cà phê sữa đá)

カフェスダーと呼ばれるミルク入りベトナムコーヒーは、よく飲まれているベトナムコーヒーの一つです。ベトナムコーヒーといえばこれをイメージする人も多いでしょう。

練乳が大量に使われており、ベトナムコーヒーの苦味とマッチしています。ミルクコーヒーという名前にもかかわらずなぜ牛乳ではなく練乳を使うようになったかというと、それはベトナムの気候と深い関係があります。ベトナムは年中暑い上に、昔は冷蔵設備があまり普及していなかったため牛乳の長期保存ができませんでした。そこで保存性が高い練乳が使われるようになったのです。

(出典:ダナン観光案内所

 

 ブラックコーヒー(カフェデンダー/Cà phê đen đá)

「ブラックコーヒー」という名前に惑わされてはいけません。日本のブラックコーヒーをイメージして、ベトナムでBlack Coffee を注文するとびっくりさせられることでしょう。ベトナムのブラックコーヒーは見た目こそブラックですが、砂糖とシロップが大量に入っており、とにかく甘い。

店によっては砂糖がコップの底に沈んでジャリジャリすることもあります。「Non Sugar」(コン ドゥン/Không đường)と注文すれば砂糖やシロップなしで出してくれる店もありますが、苦いのであまりおすすめしません。

日本式のブラックコーヒーが飲みたければローカルなお店ではなく、ちょっとおしゃれなカフェで「アメリカーノ」を頼むのが無難です。

(出典:ダナン観光案内所

 

 ベトナムコーヒー、その他の飲み方

他にも、ベトナムコーヒーの少し変わった飲み方がありますので、ご紹介します!

 

ヨーグルトコーヒー

トナムで最近流行っている飲み方で、ヨーグルトコーヒーという飲み方があります。こちらのヨーグルトコーヒーは後ほどご紹介するコーヒーチェーン店、コンカフェ(Cộng Cà Phê)で生まれた商品です。

その名の通りヨーグルトとコーヒーを混ぜたものなのですが、これが意外とおいしい。ベトナムコーヒーの苦みがヨーグルトを加えたことでマイルドになり、酸味も加わって、コーヒーというよりはデザート感覚で楽しめます。2019年3月現在の価格は40,000VND(約200円)です。

 

エッグコーヒー

エッグコーヒーとは、その名の通り、卵を入れたコーヒーです。卵の他にも、クリーム状に泡立てたコンデンスミルクをコーヒーに乗せます。

その衝撃的なネーミングから最初は敬遠されがちですが、ティラミスやカスタードクリームのような感覚で日本人観光客にもとても好評です。

牛乳が手に入りにくく保存が難しい時代に、泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが、きっかけだったのだそうです。

ちなみにエッグコーヒーの元祖と言われるCAFE GIANGは2018年に横浜に進出しています。CAFÉ GIANGはハノイの旧市街にあるカフェですが、今ではエッグコーヒーを出す店は増えたのでホーチミンでも飲むことができます。

(出典:favy

 

 ベトナムコーヒーを実際に淹れてみた

ベトナムコーヒーのフィルターや豆などは街中で売っており、簡単にベトナムコーヒーを淹れることができます。

実際にベトナムコーヒーを淹れてみましたので、試してみたい方はぜひ参考にしてください!

 

 用意するもの

・細かく挽いてある深煎りのコーヒー豆
・練乳 約20g
・お湯 約120cc
・ベトナム式コーヒーフィルター
・耐熱グラス(マグカップでもよいですが、透明のグラスを使うとミルクとコーヒーの層が見えてきれいです。)
・ケトル

ベトナムのコンビニではコーヒー豆とコーヒーフィルターがセットで100,000VND(約500円)程度で売られているので今回はそちらを使用しました。また、ベトナムではコーヒー専用の練乳が販売されており、スーパーに行くとコーヒーコーナーの隣に練乳が置かれています。

 

 ベトナムコーヒーの入れ方

1.  あらかじめ練乳をグラスに約20g入れておきます。

2. コーヒーフィルターをグラスの上に乗せ、フィルターの中蓋を開け、コーヒーの粉を入れます。(豆の量はお好みで調節してください。目安はティースプーン3~4杯ですが、たくさん入れたほうが濃厚になります。)

3. 中蓋をコーヒー豆の上に落とし、少量のお湯を入れ、蓋をして20秒程度蒸らします。

4. 残りのお湯を注いで蓋をし、抽出されるのを待ちます。5~8分程度かかります。

5. 完成!よく混ぜてお召し上がりください。

コーヒーフィルターさえあればおうちでも簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてください。

 

 ベトナムコーヒーが飲める有名店をご紹介

ベトナムにはベトナムコーヒーが飲めるカフェはたくさんありますが、その中でも有名なおしゃれカフェやコーヒーチェーン店をご紹介します。

 

 ベトナムはカフェ天国

世界第2位のコーヒー豆生産国であるベトナムですが、カフェ文化も発達しており街中のいたるところで、カフェを見かけます。

仕事や勉強をするのにぴったりな広くて落ち着いている電源Wi-Fi完備のカフェもあれば、インスタ映え間違いなしのおしゃれなコンセプトのカフェ、小さな椅子やテーブルが路上や店内に並べられただけのローカルな人々が集まるカフェなど様々な形態のカフェがあります。

以下の記事にはホーチミンのおしゃれなカフェをまとめています。

 

 ベトナムコーヒーが飲めるで有名チェーン店

前述したとおりベトナムにはたくさんのコーヒーショップ(カフェ)があります。その中でも、代表的なカフェチェーン店をいくつかご紹介したいと思います。

 

ハイランズコーヒー(HIGHLANDS COFEE)

ベトナムのスタバと言われているHIGH LANDS COFEE。街中やショッピングモールの中、空港の中などいたるところで見かけます。店内の雰囲気は店舗にもよりますが全体的に広々として落ち着いていて仕事や勉強にうってつけです。

メニューは先程紹介したミルクコーヒーなどのベトナムコーヒーもありますが、アメリカ―ノやカプチーノ、フラペチーノなど、欧米式のメニューもたくさん揃っています。

(Highlands Coffee公式Facebookページより)

 

コンカフェ(Cong Caphe)

先ほどご紹介したヨーグルトコーヒーの生みの親、コンカフェ。2007年にハノイで誕生しました。Cộng というのは共産主義という意味で、ベトナムが南北統一される前のハノイのカフェ店内を再現したというコンセプト。店内の内装はレトロで、スタッフは軍服のようなユニフォームを着ています。

騒々しい店舗が多いので仕事や勉強には向いていませんが写真を撮ったり、友達とおしゃべりをしたりするにはおすすめのカフェです。

(Cong Caphe公式Facebookページより)

 

チュングエンレジェンドカフェ(Trung Nguyen Legend Cafe)

有名なインスタントコーヒー「G7」を生産している会社が運営しているカフェです。

コーヒー豆の品ぞろえが豊富なチュングエンレジェンドカフェ。メニューを見るとベトナムコーヒーの種類だけで数ページが割かれています。価格はほかのチェーン店のベトナムコーヒーより高めに設定されており、店内も高級感が漂います。

(Trung Nguyen Legend Cafe公式Facebookページより)

 

フックロンコーヒー&ティーエクスプレス(Phuc Long Coffee & Tea Express)

こちらのフックロンコーヒー&ティーエクスプレスではコーヒーだけではなくおいしいお茶を楽しめることで有名です。オススメはミルクティーで、甘すぎずすっきりしており、暑いベトナムの気候にぴったりです。

1968年に創業されたという老舗チェーン店で、価格はほかのチェーン店に比べて安価で店内は煩雑な雰囲気のところが多いです。

(Phuc Long Coffee & Tea公式Facebookページより)

 

 お土産にぴったり!人気のベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーをベトナムのお土産として買いたいという方も多いかと思います。価格としても安く、バラマキにも適しているため、お土産にぴったりです。

 

 お土産用でもやはり甘いベトナムコーヒー

ベトナムのインスタントコーヒーはカフェで飲むベトナムコーヒーと同様に、なかなか日本のような甘くないブラックコーヒーがありません。3in1や2in1のものが多いのですが、3in1とはコーヒー、砂糖、ミルク、2in1とはコーヒー、砂糖が入っているということを意味します。スーパーなどに行くとほとんどのインスタントコーヒーが3in1か2in1です。

ちなみに、スーパーでも、コンビニでも、カフェの店頭でも買うことができます。

 

 お土産用ベトナムコーヒー3選

それでは、お土産におすすめのベトナムコーヒーを3つご紹介します。

 

ベトナムのコーヒー土産の定番。チュングエンの「G7」

先ほどもちらっとご紹介しましたが、ベトナムお土産の定番と言えばこちらのチュングエンの「G7」。「G7」にも3IN1のものからブラックやカプチーノまで、いろいろな種類があります。日本でもアマゾンなどで購入可能です。

3IN1がお土産では最も人気があるようですが、ほのかに甘くほろ苦く、病みつきになる味です。こちらはホーチミン市のスーパーで2019年3月現在21袋入り54,700VND(約274円)で販売されています。

(出典:nestle

 

NESCAFE「CAFÉ VIET」

日本でもおなじみのNESCAFEですが、ベトナムではベトナム人の趣向に合わせた「CAFÉ VIET」という商品を販売しています。こちらも様々な種類がありますが、一番よく目にするのがCA PHE DEN DA(ベトナム式ブラックコーヒー)です。

こちらはとにかく濃く甘いコーヒーで、小さなコンビニや商店でも売っている、人気のある商品です。スーパーでは15袋入り51,500VND(約258円)で販売されています。

(出典:nestle

 

ヴィナカフェ ビエンホア社「Vinacafe」

1968年に誕生したこちらのVinacafeはベトナムインスタントコーヒーの中ではもっとも古くからあるコーヒーです。Vinacafeもブラックから3in1まで様々な種類がありますが、中でもブラックは酸味と苦みが絶妙で、こちらに練乳を加えて飲むと、ベトナムのカフェで飲むような本格的なベトナムコーヒーを楽しめます。

スーパーでは20袋入り49,500 VND(約248円)で売られています。

(出典:vinacafebienhoa

 

 まとめ

ベトナムコーヒーについての様々な情報をお届けしましたが、お役に立ちましたでしょうか。

ベトナムコーヒーはとても特徴的なコーヒーで、日本人の中でもベトナムコーヒーにハマる方もいらっしゃいます。ベトナムにお越しになられたのであれば、この機会に是非ベトナムコーヒーをお楽しみください。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。

ベトナム求人検索
はこちら!

アクセスランキング