損害保険会社勤務 / 平田 健祐さん – ベトナム就職者談

今回のベトナム就職者談は、大手損害保険会社のベトナム法人にて現地採用として勤務をされている平田 健祐さんにお話をお聞きしました!

大学卒業後、日本で地方銀行に入行し、約6年間勤務後に退職。今から1年半ほど前に海外勤務を果たし、現在ベトナムで勤務をされています。
日本での仕事内容、海外勤務を志したきっかけ、ベトナムでの仕事内容やベトナム人との関わり方などについてお話いただきました。

 海外就職のきっかけ

– インタビュー、よろしくお願いします。
いきなりですけど、新卒でも金融系に就職されたんでしたよね?



はい、新卒では地銀に就職をして、6年半期間、営業として働きました。働いていた地銀では法人営業と個人営業のどちらも担当をし、企業融資から住宅ローン、クレジットカードの営業など幅広い金融商品の営業として勤務をしました。

 

–  新卒の頃から海外で働くことには興味があったんですか?

海外勤務にはもともと強い興味がありました。貿易関係の仕事をしているおかんの影響が大きかったんだと思います。
新卒の就職の時期にも銀行の他には、商社や海運のような海外で働くチャンスを得やすいような業種も受けていましたね。

 

–  地銀というと海外勤務のチャンスはそれほどなさそうに感じるのですが、実際はどうなんでしょうか?

新卒の就活時はいろんな条件を加味して、地銀への就職を決めましたが、実際イメージ通り地銀に就職してから海外勤務ができる可能性は低いです。3,500名くらいの行員がいる銀行だったのですが、海外拠点は3つほどで、実際に海外で勤務をしている行員は10名程度でした。

 

– それはかなり少ないですね、、、

ただ、その中でも若手をトレーニーなどの形で海外に出していこうという方向性で、仕事内容自体はとても魅力的に感じていたので、その銀行を辞めずに海外勤務をできる可能性を探っていました。
実際に社内公募という形で、海外勤務希望者を募った面接には数回参加をし、その度に結構しっかりと準備をしていました。

3回ほど社内公募による面接を受けましたが、倍率もそれなりに高くなかなかいい結果を得ることはできませんでした。銀行での仕事は好きでしたが、海外で働きたいという想いを実現するために確実に海外で働ける方法を探す中で、現地採用として働くことを決めました。

 

 海外就職でベトナムを選んだ理由とは?

– そうなんですね。「辞めて、海外で就職するぞ!」と決めた時にベトナムは元から有力候補だったんですか?



いえ、実をいうと全くそんなことなかったです笑。当時はベトナムにきたこともなく、東南アジアでは旅行でフィリピンとインドネシアに行ったことがあるという程度でした。

 

– 結果的にベトナムで働くことになったのはどうしてだったんですか?

職種で選んだらベトナムになりました。特に国は絞って探していなかったのですが、金融系の仕事を続けたいという希望はありました。

元々は地銀をやめることを考えていなかったのは、仕事内容としては充実感を持ってやれていたからです。特に銀行の営業マンとして企業融資の仕事はとても面白いと感じていました。結局は融資できるかできないかは銀行として判断をするんですが、融資できるかギリギリの先に対して企業分析をし、説得材料を集め、融資を実行することで企業の助けになるという仕事は社会的意義と自分のスキル向上の両面から大きなやりがいを感じていました。

自分が転職活動をしている際にたまたま現職の損保の営業のポジションを募集していたので、応募して就職することになりました。

 

– なるほど、ベトナムについて特にこだわっていなかったとのことですが、実際に住んでみてどう感じていますか。

思っていたよりも全然いいです!


たまに日本にいる方からベトナムというと典型的な発展途上国で、高いビル1つないという想像をする人がいますが、ホーチミン市内はそんなことないです。日本食屋さんもたくさんありますし、日本人にとっても生活しやすいところだと思います。

仕事の面でも、国自体のGDP成長率や、日系企業が盛んにベトナムに進出をしていることからも大きな可能性のある国だと感じることが多いです。

 

– ベトナムで就職された時は28歳でしたよね? そのくらいの年齢だと結婚や昇進などライフスタイルの変化がありますよね。また、現地採用となると年収が下がるケースも多いと思いんですが、その辺りはどうでしたか?

そうですね。個人的には28歳での海外就職は少し遅かったかなと思っています。もう少し早くきても良かったと思います。

待遇の面について、正直給与はだいぶ下がりましたが、それよりも海外で働きたい思いが強かったです。ただ、年金や保険などは自分でなんとかしないといけないので、そこは心配になり自分で色々調べましたね。

まぁいろんな不安があるのは当たり前のことですけど、「それでもいく!」という勢いが大事だと思います。僕の場合は当時の彼女に振られたこともありましたが笑

 

 ベトナム人で就職してみての実感

– 今のお仕事内容を簡単に教えていただけますか?


損害保険の営業として勤務をしています。在ベトナムの日系企業様に対して、火災保険を中心とした損害保険の営業をしています。ホーチミン市およびその近郊、ダナン市の日系企業を100社以上担当しています。

日本本社と連携をして、新たに進出をしてこられる企業様へ営業をしたり、近々契約期間が満了となる企業様を訪問して継続していただけるように営業をしたりしています。ただ単に契約の延長だけをしていると保険料が下がることから、売上も確実に下がってしまいます。ですので、内容のアップグレードや現在加入をいただいている以外の商品提案をすることで売り上げの拡大を目指しています。

もともと地銀で働いていた時の経験は今の仕事でも確実に生きていると感じていて、売る商品や営業の方法こそ少し違いますが、どちらも「リスク」という言葉が常に出てきます。銀行での融資と同様に、損害保険もイケイケドンドンで売っていると後で大きな問題になります。その部分についての意識があるのは地銀で働いていたおかげだと思います。

 

– ベトナム人スタッフとの働きやすさだったり、日本人との違いについてはどう思いますか?

今の仕事では事務方と営業アシスタントのベトナム人スタッフと常にやり取りをしながら業務をしています。例えば、ある特定の顧客への調査をしてもらったり、時には提案資料を作ってもらったりすることもあります。

基本的にうちのベトナム人スタッフは優秀なんですが、日本人と比べると自信家の人が多いような印象がありますね。「これでいけます!」という報告に対して、詳しく突っ込んで聞いていくともっとしっかりと調べる必要があったり、根拠が曖昧だったりします。そこの部分は常にアンテナを張ってチェックをしているつもりです。

ただ、軽い言い合いになることはあっても、対立するというほどではないです。実際にスタッフとは結構仲が良くて、今度ファンティエットに旅行に行くことになっています!ちなみに僕はベトナム人スタッフにモテてます笑

 

– スタッフと一緒に旅行はかなり仲良いですね!ベトナムにきて平田さん自身が変わったところはありますか?

いい意味で、言いたいことを言うようになりましたね。基本的に日本人に比べると、自己主張は強い人が多いので、自分もそれにあわせて変わったんだと思います。

また、いい意味でプレッシャーを感じながら働けていると思います。ベトナムで働いてはいますが、日系企業なのでやはり日本人が中心となって引っ張っていかなくてはいけません。ベトナム人スタッフよりも高い給与をもらって働いているということはそれなりの責任を伴うことだと思います。それにベトナム人スタッフは「日本人=賢い」と思ってくれていることが多いです。それに応えるためにも、頑張らなければなという思いは常に持っています。

 

 ベトナムでのキャリアプラン

– ベトナムではいつまで働かれるご予定ですか?

今の仕事が充実していることもあり、特にいつまでとは決めていません。ただ、ベトナムでとてもお世話になっている方に「健祐、32歳までには人生決めろよ」と言われたことはとても胸に響いています。

あと1年半で32歳になるので、その時までには明確な方向性を持たなければなと思ってます。個人的には「ベトナムのことならなんでも聞いてください」と胸を張って言えるまではここにいるつもりなんですが、それが具体的にはどういう状態なのかはまだ模索中という状態ですね。

 

– 海外就職を考えてる人に一言ください!

来てから考えましょう!

僕も来てから考えていることの方が多いですし、来てからしか考えられないことも多いです。海外就職を考えている時点で興味があるということなので、来て後悔はないと思います。来てから本当に、どうしても辛い場合は帰るという選択肢だってあります。そこで人生が終わるわけでもないです。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

ベトナム求人検索
はこちら!

アクセスランキング