旅行会社勤務 / 田倉 優子さん – ベトナム就職者談

今回のベトナム就職者談は、日本の旅行業界最大手であるJTBのベトナム法人、JTB-TNTで勤務をされている田倉 優子さんにお話を伺いました。

大学卒業後、日本の旅行会社に入社し、4年間勤務後に退職。その後、紆余曲折を経て、2年前にベトナム就職をされました!
日本での就職活動から、ベトナム就職を決意するまでの経緯や心境、ベトナムでのお仕事についてざっくばらんにお話頂きました!

 新卒で旅行会社に入社し、4年間の勤務の末に退職を決意

– 田倉さん、早速ですが、読者向けに簡単な自己紹介からお願いします!

はい!2011年に大学を卒業して、旅行会社へ就職しました。4年間働き、紆余曲折を経て、現在はベトナムのJTB-TNTで勤務しています。

 

-旅行業界一筋のキャリアですね!新卒の就活の時から、旅行業界の軸はブレていないんですか?

そうですね。ただ当時は、はっきりと仕事に対する軸が決められていませんでした。自分が何がしたいのか、理解できていませんでした。1つはっきりとしていたことは、自分が好きじゃないことには、とことん興味が持てないタイプということだったので、今、自分が好きなことに関係する仕事に就こうと思いました。

当時はバックパックで、海外を旅することが好きだったことと、高校・大学でバンドサークルに入っていて、音楽も好きだったので、2つの業界に絞りました。音楽業界はエントリーシートの時点からダメで、結果的に、縁のあった旅行会社に就職し、カウンターセールスに配属になりました。

 

-好きを仕事にするって、誰もがそうしたいと思っているけれど、現実はそうはいかないことが多いですよね。新卒で旅行会社に就職してみてギャップはなかったですか?

自分で選んだ仕事とはいえ、ギャップはありました。旅行業はサービス業のため、残業も多かったです。自分が良いと思ったものを勧めたいという気持ちから、旅行会社に入ったのに、まとまったお休みを取りにくく、想像していたよりも海外旅行には行けていませんでした。仕事も事務作業と接客で、一日中ずっとオフィスにいる仕事内容も自分の性に合わないと感じるようになっていました。

 

-入社後のギャップと、労働時間の長さで、もがいてらっしゃった時期ですね。

はい。仕事を続けて行くなかで、「ここで辞めたら負けだ」「お世話になっている人もいるし、続けることが正解」と考える自分と、「苦しい」と言っている自分が心の中にいました。私は、いわゆる仕事のできる成績優秀な社員ではなくて、入社当初こそもがいたのですが、周りの人に助けてもらい、3年4年経った頃には、仕事にも慣れてきて、教える立場にもなりました。苦手なことも、なんとか平均点には達したかなと思い、26歳の誕生日を迎えた直後に退職をしました。

 

 退職からベトナム就職までの心境

-後者の気持ちを聞いてあげて、周りと折り合いがつきそうなタイミングで退職されたんですね。その後はどうされたんですか?

自分がどうしたいのか、まずは自分の気持ちを最優先させました。会社を辞めた直後は、時間の融通が効く、派遣社員の仕事を1年弱やって、契約更新の時期に、「ここまできたら、経歴なんか関係ない!」と更新はせず、思い切って、その時に自分がやりたいことをやることにしました。それからは、4つの異なる仕事を掛け持ちしました。古本屋・イベント事務所・旅行のWEBライター・居酒屋と、アルバイトでしたが、自分の興味の赴くままに仕事をすることを心掛けました。

 

-いわゆる自分探し的な意味もありましたか?

はい。20代後半で、恥ずかしいのですが笑。自分探しという言葉は好きではないんですが、まずは興味のある人たちの近くで働いてみて、自分が何がしたいか、改めてヒントを得たいと思いました。結果、この1年半で、本当に濃密な時間を過ごすことができました。この期間に出会った人たちは、地位やお金以上に、自分のスタイルを貫くこと、エネルギーを100%出し切ることを大事にしていて、そういう人たちと関わっていく中で、自分の今までの価値観崩れて、考え方がフラットになったんですよね。

 

-これまでは作られたレールの上を歩いてきたけど、それって自分の(真に希望する)道だったのかな、という気づきですかね?

そうですね。自分の信じた道を行けばいい!というのを、その方たちに、背中で見せてもらった感じでした。こうやって動き続けている人たちはツキにも見放されない。動き続ければ、自分もやっていけるんじゃないかと思うようになりました。

 

-背中で見せてもらった感じ、とのことでしたが、当時言われて印象に残っている言葉はありますか?

-あります!古本屋の店長から言われた「できるのにサボったらダメだよ」という言葉です。偶然アルバイトを始める前までの私の履歴書を、店長が見て、「そこそこ知られた大学を出て、職歴もあるのに、何故ここにいるんだ」と。笑

 

 ベトナム就職のきっかけとなった、バイト先の店長からのある言葉

-「サボったらダメだよ」ですか。自分で自分の限界を決めるなよ、みたいな意味だったんですかね?

そうだと思います。正直、その頃は自信がなくて、アルバイトで責任もほとんどなく、優しい人たち囲まれた環境がずっと続けばいいと思っていました。だけどその反面、自分が完全燃焼していないことも分かっていました。だから、店長のその言葉で「もうちょっとできるかもしれないな」と、スイッチが入りました。

それから求職に対してアンテナを張っていたところ、偶然、前職でお世話になった先輩が、Jellyfishさんの「ベトナム就職者談」という、インタビュー記事を受けているのを発見したんです!

 

-何という偶然。笑

旅行業界に就職するきっかけとなったのが、20歳のときの東南アジアのバックパッカーの経験だったので、海外生活、ベトナムでの生活・仕事は「やりたいことの1つ」でした。そこからJellyfishさんに連絡を取り、今の職場への就職に繋がりました。このときに、戦っていけるフィールドは何か、人生で初めて、自分自身の棚卸しをしました笑。そこでJellyfishさんには、本当にお世話になりました!オフィスでのカウンセリングや、スカイプ面接の模擬をしてもらったり、本当にきめ細かなサポートをしてもらい、沢山助けていただきました。

 

-とんでもないです!私は後ろから少しサポートしただけ、全ては田倉さん自身の気づきとお力です!田倉さんがされたように、やっぱり人生の節目かな?と思ったタイミングで、これまでのことを整理していくのは大切ですよね。でも正直辛くて辞めた部分もあったのに、よく旅行業界に戻ろうと思われましたね?

確かにそうなんですけど、自分のなりに様々な経験を経たあのときだからこそ、以前とは全く違う気持ちで仕事ができると、感じられるようになっていました。あのときに、私はやっと自分の軸ができたんだと思います。何よりも、旅に関わる仕事を、これからもしていきたいという気持ちは、引き続きありました。

現在の仕事は、日本でしていた仕事と内容が違い、お客様対応で病院や空港、ホテルへ行ったり、スパやレストランのインスペクションなど、外に出ている時間が多くて、忙しい時期は、就業時間の3〜4割しか、オフィスにいないときもあります。

日本のJTBとJTBベトナムとのパイプ役となったりしますし、業務は多岐に渡ります。今やっている仕事は、ホスピタリティー精神やマネジメント、スケジュール管理、クレーム対応も含め、自分の能力が最大限に活かせているなと感じています。何というか「総力戦」みたいな。今までの経験を、全て結集させてやる仕事なので、バランスよく自分の良いところも、出せているように感じます。

 

-「総力戦」ですか。じゃあ今の環境は旅行業界の中でも、仕事の中でも田倉さんに合っていた?やっていて大変なことはなかったですか?

そうですね。大変だった仕事はトラブル対応ですかね。お陰で臨機応変さはかなり磨かれたなぁと思っています笑。ビジネス携帯にはいつも電話が掛かってきて、その場ですぐ解決しないといけないんです。これが最初はキツかったです。今日は絶対に掛かってこないでほしいときにこそ、掛かってくる笑。今思うと結構力んでいたんですね。ちょっとコンビニに行くときも、携帯と資料の束を必ず持ってました笑。でも、良い意味で力を抜きはじめた頃から、次第に電話が掛かってこなくなりました。これは自分でも不思議なんですけど。

 

 ベトナムでの2年の勤務末、与えられた新たな仕事

-辛い時期を乗り越えられたわけですね。特に最初の頃って、真面目で責任感の強い人ほど、力んじゃうところがあると思うんですけど、程よく力を抜けるようになったのは、田倉さんの中で、何かきっかけとなる変化がありましたか?

これまた古本屋の店長からの、魔法の一言で笑。日本に一時帰国していたときに、顔を出して、ベトナムでの仕事の話をしたら「じゃあもう英語はペラペラなのか」と言われ、「ううん・・ペラペラという訳では・・」と答えると、「なんだ日本人とばっかりいるのか」と言われたんです。

海外の友達もいたのですが、交友関係は広くなく、会社と家の往復がメインになっていたことに気がつきました。それでは、海外生活の意味がないと思って、そこからはプライベートの時間を大切に、国籍関係なく、自分からオープンになって、気の合う仲間を作っていくように心がけました。すると、自分の世界が広がっていって、仕事の割合が小さくなったというか、そこから上手く気持ちのバランスが取れるようになってきたんだと思います。

 

-世界が広がったことで、全体に対する仕事の割合が、相対的に小さくなったみたいな感じですかね。

その通りです!ダナンでの仕事も2年が経つ頃、今後どうしたいのか、また自分で考えようと思っていたときに、先日異動の内示がありました。今度はホーチミンで、ツアーの企画の仕事に携われることになったんです。

 

-それはご栄転ですね!おめでとうございます!

スポットを発掘して、ツアーを作って、価格を決めて利益を出して、という感じの仕事ですが、実はこれ、新卒の就職活動のときにやりたかった仕事だったんですよ!その時はエントリーシートの時点で通らなかったんですが笑。

 

-本当ですか!すごい巡り合わせですね!8年越しのリベンジ!

新しい環境が向こうからやってきた、与えられた次の課題なのかなって。ちょど昨年30歳になり、30代のスタートとして最適だと思っています!

 

-目の前の仕事をしっかり一生懸命やっていると、次に繋がるってことなんでしょうね!周りのアドバイスにも素直に耳を傾け、何でもポジティブに捉えてこられた田倉さんだからこそ、新卒のときにやりたかった仕事仕事が巡り巡ってきたんでしょうね!

本当に不思議だなと思うんですが、プロが言うならそうだと信じます!とにかく今はワクワクしています。30歳に良いステージに立てたな!と思っています!

 

-日本のJTBさんの店舗に、田倉さんの作られたツアーが出てくることを楽しみしています!出たときは一番に教えてくださいね!本日はありがとうございました!

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。

ベトナム求人検索
はこちら!