公証・認証手続きを徹底解説|ベトナムで労働許可証を取るために

ベトナムで働くことが決まった場合は、日本人含めた外国人は労働許可証を取得する必要があります。そして、労働許可証を取得するために必要ないくつかの書類は、公証・認証手続きをしなければいけません。

この記事では、ベトナムで労働許可証を取るために必要な公証・認証手続きについて詳しく説明していきます。

 公証・認証手続きとは?

ここでは、公証・認証手続きとは何なのかについて説明します。公文書や私文書の違いについて進め方が異なるので、ここでは公文書と私文書の違いについても説明しています。

 

 公証手続きとは?

公証手続きとは、日本国内で作成された私文書を、公的機関である公証人に「正しい公的な書類である」と認めてもらうための手続きになります。「私」が発行した資料を公が認証する手続きです。

私文書とは、個人や企業など公的機関(官公署)以外が発行する書類(文書)のことです。例えば、企業が発行する在職証明書や、病院が発行する健康診断書などがこれにあたります。

 

 認証手続きとは?

認証手続きとは、ここでは以下の2つの意味で使っています。

1、日本国内で公的機関(官公署)が作成した公文書に対し、日本の外務省が認証する手続き。

2、公文書に対し、他国の公的機関が「日本の公的機関が発行した正規の文書であること」を証明する手続き。

ちなみに公文書とは、公的機関が作成する書類のことです。例えば、警察が発行する無犯罪証明書や、大学が発行する大学卒業証明書が公文書にあたります。

大学卒業証明書は一般的には私文書とされますが、ベトナムでは特別に公文書とみなされます。

 

 労働許可証を取得するために必要な公証・認証手続きは?

ベトナムで労働許可証(ワークパーミット)を取得するために必要な公証・認証手続きについて説明します。

 

 労働許可証取得に必要な書類は?

労働許可証取得に必要な書類は以下の4つです。

①大学の卒業証明書(英文):公文書(ベトナムは特別)

②在職証明書(英文):私文書

③無犯罪証明書:公文書

④健康診断書:私文書

 

 日本での公証・認証手続きの詳細

日本で公証・認証手続きを終わらせる場合、それぞれの公証・認証手続きと費用は以下です。

 

①大学の卒業証明書(公文書)→ 認証手続き

日本の外務省の認証 無料 ⇒ 在日ベトナム大使館領事認証 5、000円

 

②在職証明書(私文書)→ 公証手続き+認証手続き

公証役場の公証5,500円 ⇒ 地方法務局で公証人押印証明 ⇒

日本の外務省の認証無料 ⇒ 在日ベトナム大使館領事認証 5,000円

 

③無犯罪証明書(公文書)→ 認証手続き

日本の外務省の認証 無料 ⇒ 在日ベトナム大使館領事認証 5,000円

 

④健康診断書(私文書)→ 公証手続き+認証手続き

公証役場の公証 5,500円⇒ 地方法務局で公証人押印証明 ⇒

日本の外務省の認証無料 ⇒在日ベトナム大使館領事認証 5,000円

 

最初に私文書である在職証明書や健康診断書の公証手続きを完了させてから、4つすべての認証手続きを進めていくことをおすすめします。

 

ワンストップサービスとは?

東京都、神奈川県、大阪府の公証役場でのみ、上記の「公証役場での公証手続き」「地方法務局で公証人押印証明」「日本の外務省での認証手続き」を一気に進めることができるワンストップサービスがあります。

非常に便利なサービスなので、駐日ベトナム大使館や在大阪ベトナム総領事館で領事認証を取る一環として、東京、大阪でワンストップサービスを使い、手続きを進められることをおすすめします。

 

駐日ベトナム大使館と在大阪ベトナム総領事館について

領事認証手続きを進めるためには、東京の駐日ベトナム大使館に行くか、在大阪ベトナム総領事館にいかなければいけません。以下が住所です。

■駐日ベトナム大使館

  • 住所;東京郡渋谷区元代々木町50-11
  • 営業時間;9時半~12時、14時~17時
  • URL:http://www.vnembassy-jp.org/ja
  • 東京メトロ千代田線の「代々木公園駅」か小田急線の「代々木八幡駅」から徒歩5分〜10分

 

■在大阪ベトナム総領事館

  • 住所;大阪府堺市堺区市之町東4-2-15
  • 営業時間;9時~12時、14時~17時
  • URL:ありません。
  • 南海電車「堺駅」より徒歩15分

 

 ベトナムでの公証・認証手続きの詳細

ベトナムで公証・認証手続きを進める場合でも、在職証明書と健康診断書などの私文書の公証手続きは日本で完了させる必要があります。

 

①大学の卒業証明書(公文書)

未開封のままベトナムに持ち込む ⇒

在ベトナム日本大使館での認証 ⇒ ベトナム公証役場

 

②在職証明書(私文書)

日本の公証役場で公証 ⇒ 日本の地方法務局で公証人押印証明 ⇒

在ベトナム日本大使館での認証 ⇒ ベトナム公証役場

 

③無犯罪証明書(公文書)

そのままベトナムに持ち込む ⇒

在ベトナム日本大使館での認証 ⇒ ベトナム公証役場

 

④健康診断書(私文書)

日本の公証役場で公証 ⇒ 日本の地方法務局で公証人押印証明 ⇒

在ベトナム日本大使館での認証 ⇒ ベトナム公証役場

 

ベトナムで公証手続きを進める場合は、ベトナム人スタッフのサポートが必須になるので、会社のベトナム人スタッフ等に助けてもらいベトナムでの公証手続きを進めましょう。

ベトナム転職/就職で労働許可証を取るために公証手続きを進める場合は、入社予定の会社に日本とベトナムのどちらで公証手続きを進める必要があるのか確認しましょう。一般的には、日本で公証手続きをやらなければなりません。

 

 まとめ

読んでもやってみないと分かりにくいですよね・・・。

ほとんどの方が、公証・認証手続きをやるのは人生初めてという方だと思うので、戸惑いも多いと思います。不明点があれば、直接公証役場等に電話し詳細を確認されることをおすすめします。

 

 

****************************************************************************************

▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。