ベトナムでのGrab(グラブ)の設定・配車方法を完全ガイド!

2018年4月にアメリカ発の配車サービス大手UBERがベトナムから撤退。ベトナムで使える配車サービスは、マレーシア発(本社シンガポール)のGrab(グラブ)一強となりました。今回は、ベトナム生活に欠かせなくなったGrabの配車アプリの使い方をご紹介します。

 Grab(グラブ)の配車アプリとは

Grab配車アプリはスマートフォンアプリで、ユーザー(車やバイクに乗せてもらいたい人)とドライバーをマッチングさせるサービス。利用後にユーザーが、ドライバーを☆の数で評価する仕組みがあるため、ドライバーのこれまでの評価を乗車前に確認でき、ある程度質の高いサービスを保つ仕組みがあります。

 

 Grab(グラブ)の特徴

Grabの特徴として、以下のような点があげられます。

 

使う時々で値段が変わる

その時々で値段が変わる「ダイナミック プライシング(Dynamic Pricing)」を採用しており、使うときの利用ユーザー数に応じて運賃が変わります。朝夕の通勤、通学時は利用ユーザー数が多く、運賃が高くなります。逆に、昼間や深夜は利用ユーザー数が少なく安い金額で利用が可能です。また、運賃が高いときでも一般のタクシーと同額か下回る金額で利用が可能です。

 

すぐ近くまで車を呼べる

当たり前といえば当たり前ですが、Grab配車アプリは家や会社などの目の前まで車を呼ぶことができます。配車が確定した車が今どこを走っているのかが分かり、到着のタイミングが分かるため無駄に待つ必要がありません。今までタクシーを捕まえていた人からすると、とても便利なことだと思います。

 

支払う手間が省ける

アプリ上でクレジットカードを登録しておくと、都度支払い対応をしなくても、クレジットカードで自動的に決済が完了しています。毎回財布を出さなくて良いのは本当に便利です。

 

目的地を伝える必要がない

あとで入力方法については記載をしますが、Grabアプリ上で現在地を選択肢し、目的地を入力もしくは地図から選択しておけば、乗車ごとに目的地を伝える必要がありません。ベトナムではタクシーで言葉が通じないため、ベトナムならでは苦労があります。Grabアプリを使うことで、この伝わらないストレスから解放されるのは大きな魅力です。ちなみに、履歴の機能があるため自宅や会社などよく行く場所を選択するのは簡単になります。

 

 Grab(グラブ)アプリをダウンロード、登録

ベトナムでも他国のGrabとアプリのダウンロード方法は変わりません。Google PlayかApple StoreでGrabアプリをダウンロードしましょう。

Grab1

「Grab」でアプリを検索し、ダウンロードします。

Grab2

FacebookまたはGoogleアカウントで登録するか、電話番号で登録します。いずれもSMS認証が必要になりますので、ベトナムでSMSが使える状況で登録してください。(SMSで4ケタの番号が送られてきます。)

ベトナムで携帯電話番号をSimカードなどで入手する予定のない方は、事前に日本でダウンロードと登録を済ましておく必要があります。

 

 ベトナム語の設定が変更できない時は?

Grabアプリは日本語に対応していないため、日本語設定に変更することはできません。しかし、Grabアプリでの表示言語を英語に変更することは可能です。

しかし、ベトナム語から英語にすら変更できずにお困りの方もいらっしゃると思います。ベトナム語が分からないため設定ができないというだけでなく、ベトナム語がわかる人にお願いしたとしても、Grabアプリ自体に言語設定がないため途方に暮れてしまっているのではないでしょうか。

実は、Grabアプリ上の言語は、スマホ自体の言語設定に依存しています。つまり、スマホ自体の言語設定を変更すれば解決できます。ベトナムでスマホを購入された方は、お店で言語設定を日本語に変更してもらっていると思います。その際に、スマホの優先順位が「日本語→ベトナム語→英語」となってしまっているため、英語よりもベトナム語が優先されてしまうのです。スマホの設定で簡単に優先順位を変更できるので、「日本語→英語→ベトナム語」の順に変更しなおしましょう。

 

 Grab(グラブ)の支払い方法の設定

Grabの支払い方法は以下のものがあります。

現金(Cash)
クレジットカードまたはデビッドカード(Credit / debit card)
プリペイド(Top-up)

現金で支払う場合は特に設定が要りませんが、クレジットカードやプリペイドを設定しておくとキャッシュレスで利用できて便利です。

 

 クレジットカードまたはデビットカードの設定

Grabでのクレジットカードまたはデビットカードの設定方法は、以下のとおりです。

Grab3

メニューから「GrabPay」を選択。

Grab4

右上のカードのマークを選択。

Grab5

「ADD PAYMENT METHOD」を選択。

Grab6

「Credit / debit card」を選択し、カードを登録します。

 

 プリペイド(Top-up)の設定・チャージ方法

Grabでプリペイド(Top-up)の設定・チャージ方法をご紹介します。

Grab3

メニューから「GrabPay」を選択。

Grab4

右上のカードマークを選択。

Grab7

「TOP-UP CREDITS」を選択。

Grab8

カードまたは銀行引き落としのどちらかを選択し、支払いをします。

 

 Grab(グラブ)を使って乗車してみよう!

それでは、Grabアプリを使って乗車してみましょう!配車の種類は以下のものがあります。

  • GrabCar 4 chỗ:車・4人乗り
  • GrabCar 7 chỗ:車・7人乗り
  • GrabCar Plus:高級車
  • GrabBike:バイク
  • GrabShare:車・相乗り
  • GrabTaxi:タクシー会社の車
  • Grab Tỉnh 2 chiều – 4 chỗ:車・往復・4人乗り

 

 Grabの乗車方法を詳細に解説!

Grabの乗車方法を、順に解説していきます。

Grab9

乗車地降車地を入力します。住所を直接入力して候補を検索するか、マップから地点を選択します。

Grab10

アカウント支払い方法を選択します。

Grab11

配車の種類を選択します。

Grabの料金は、ダイナミック・プライシングと言って、その時の需要量などによって決定されます。Grabの乗車前に料金がわかるので安心です。

Grab12

配車を予約します。

ドライバーが予約を承諾すると、車のナンバーと車種がアプリ上に表示されます。Grabのアプリ上のマップで予約した車の現在地を確認できますので、到着したらナンバーを確認し乗車します。

現金で支払う場合は、降車時に支払いをします。領収書(E-Receipt)は降車後にメールで届きます。また、降車後にドライバーのレビューをすることができます。☆の数とコメントでドライバーを評価します。

 

 Grab乗車時の注意点

Grabで配車を予約した後、ドライバーからベトナム語で電話がかかってくることがあります。ベトナム語がわからない方も焦らずに、乗車地の住所を言いましょう。住所の言い方がわからない場合は日本語か英語で何か言って「ベトナム語わかりません」アピールをして、電話を切りましょう。Grabのドライバーも、ベトナム語がわからない乗客に慣れているので問題ありません。

ドライバーとのチャット機能があるので、乗車地の住所をチャットで送ると良いです。大体「OK」と返事が来ます。

 

 Grabの予約をキャンセルしたい時は?

Grabの予約をキャンセルする際は「CANCEL BOOKING」を選択すれば良いだけです。キャンセルは無料です。

Grab13

 

 ベトナムでGrab(グラブ)が利用できる地域は?

ベトナムでは、ホーチミン、ハノイ、ダナンなどの都市部の他、ハロン湾周辺、ダラット、ニャチャンなどの観光地でもGrab利用が可能です。Grabを利用できる地域はどんどん広がっており、近い将来ベトナム中で利用できるようになるでしょう。

また、ベトナムでGrabアプリをダウンロードしておけば、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、ミャンマー、カンボジアなどの他の東南アジア知識でも利用が可能です。他国に旅行に行った際に、空港でタクシーを待つ必要がない、悪徳タクシーに騙されないなど非常に便利なので使ってみてください。

 

 まとめ

ベトナムの都市部で暮らす人には欠かせない存在になったアプリによる配車サービス。ベトナム就職・転職を果たした日本人にも必要不可欠なサービスです。ぜひベトナムでGrabアプリを使いこなして、快適なベトナム生活を送ってください!

 

★ベトナム移住についてざっくり把握したいなら★

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。