ベトナムらしさを味わえるベンタイン市場!ナイトマーケットも開催!

ホーチミンの観光/買い物スポットとして有名なベンタイン市場(Chợ Bến Thành/チョー ベンタイン)。様々なものが売っているので、日本に持ち帰るおみやげを購入する場所として便利です。また、何も買わないとしてもベトナムらしさを感じられる観光スポットとして人気があります。

今回は、ホーチミンの観光では外せないベンタイン市場についてご紹介していきます。ベンタイン市場で売っているもの、値切る方法、ナイトマーケットなどについても解説します!

 ベンタイン市場ってどんなところ?

ホーチミン市内で一番大きな市場が「ベンタイン市場」です。「ベンタイン」とは、お城に入れる船付き場という意味で、昔はベンタイン市場の近くに川が流れていたようですが、現在は埋め立てられています。

ベトナム語では、Cho Ben Thanh(チョー ベンタイン)と言います。英語だと、Ben Thanh Marketです。

あとで詳しく記載しますが、買い物をする場所としてベンタイン市場は良い場所では決して言えないかもしれません。毎回高い金額をふっかけてきて値段交渉がめんどうですし、市場内が暑いので快適な買い物環境だとは言えません。買い物だけが目的なのであれば、ホーチミン1区のベンタイン市場の近くにあるサイゴンスクエアやラッキープラザで買い物した方が快適だと思います。

ただ、ベンタイン市場の魅力は何と言ってもそのベトナムらしさです。観光地の一つとして、エンターテイメントの一つとして考えていただいた方がいいと思います。値切り交渉をして、想像よりもかなり安い金額で購入ができた時などは爽快感を感じるでしょう。

 

 ベンタイン市場の場所

ベンタイン市場は、ホーチミン1区の中心部にあり、周りにはホテル街がたくさんあります。長らく地下鉄工事中となっているLe Loi(レ ロイ)通りとLe Thanh Ton(レタントン)通りの間にあります。住所ではなく、タクシードライバーにChợ Bến Thành(チョー ベンタイン)と伝えましょう。伝わらない場合は、「Chợ Bến Thành」をタクシードライバーに見せてください。

 

 ベンタイン市場の営業時間

お花屋や生鮮食品のお店は6:00頃の早朝から空いていますが、他の多くのお店は8:00ごろから空き始めます。9時ごろが涼しく、中も空いていて一番良い時間帯かもしれません。

閉店は、17:00~18:00頃と早いのでお気をつけください。ベンタイン市場が閉まったぐらいの19時ぐらいから、ベンタイン市場の両脇でナイトマーケットがスタートします。後ほど解説します。

 

 ベンタイン市場の場内マップ

下記がベンタイン市場の場内マップです。(左右のお店ははナイトマーケット時のものです。)

実際に入ってみるとわかりますが、通路は狭い上に多くの人で賑わっていますので、中に入るとどこに何があるのかを探すのに苦労します。是非、参考にしてください!

 

 ベンタイン市場の特徴

ベンタイン市場の特徴はいろいろありますが、その中で以下の3つをお伝えします。

 

日本語を話せる店員が多い!

ベンタイン市場では、店員のベトナム人が流暢な日本語で話し掛けてきます。あまりにも自然過ぎて、ついつい笑ってしまうでほど。おそらく仕事を通じて日本語を身に付けているのだと思います。

 

狭くて蒸し暑い

ベンタイン市場の建物自体は大きいのですが、ドンキホーテの如く商品が陳列してあり、お客も非常に多い市場です。そのため、足の踏み場がないほどに混雑しており、狭くて蒸し暑いです。長時間いると体力的にしんどくなるので、短期決戦で望むか、朝早くの涼しい時間帯で行くことをおすすめします。

 

本物そっくりな偽物ブランド商品が多い

ロレックスのような腕時計に、スターバックスのロゴに「Vietnamese Coffee」と記載されたTシャツなど、偽物ブランド商品が多い。例えば、ベンタイン市場で偽物のレイバンのサングラスは、値切って100,000VND(約500円)で買えます。本物のレイバンと本当にそっくりなので、気にならない方にとってはお得な買い物と言えるでしょう。

ベンタン市場 Tシャツ売り場

 

 ベンタイン市場で買うべきオススメのお土産ランキング!

ベンタイン市場には多くのものが売られているため、事前に何を買いたいかある程度調べていった方がいいかもしれません。

 

10位 サンダル

ベンタイン市場では、サンダルコーナーにあるお店でサンダルをセミオーダーすることができます。靴底、帯を選べるのですが、価格も140,000VND(約700円)、所要時間も10分弱とお手軽に購入が可能です。

ベトナム旅行の思い出にぴったりのお土産になるのではないでしょうか。

 

9位 かごバッグ

ベンタイン市場には、ユニークで南国らしいデザインのかごバッグが数多く売られています。かわいらしいデザインも多く、特に女性へのお土産に喜ばれるのではないでしょうか。

 

8位 ナッツ類、ドライフルーツ

日本のスーパーなどではなかなか見かけることができないほど、豊富な種類のナッツやドライフルーツが売られています。ベトナムならではの味をたくさん試すことができます。

 

7位 ベトナム雑貨

ベンタイン市場には人形やちょっとした置物、箸などが販売されています。かなりの量が陳列されているため、見比べて一番気に入ったものをじっくり選ぶことができます。

 

6位 ベトナム貝細工

旅の思い出に、美しいベトナムの貝細工はいかがでしょうか。インテリアとして友人や家族にお土産としてプレゼントにするときっと喜んでもらえるでしょう。

 

5位 ノンラー(傘)

ノンラー(Nón lá)という名前を聞いたことはなくても、この笠を見たことがある人はきっと多いのではないでしょうか。Nónは笠、 láは葉を意味し、街のあちこちでノンラーをかぶって歩いているベトナム人や韓国客を見かけることができます。

ノンラーはデザインも豊富で、自分の好みのものを選ぶことができます。

 

4位 アオザイ

ベトナムと言えば、民族衣装のアオザイが有名ですね。ベンタイン市場では、大人用はもちろん子供用のアオザイも販売されています。他と差がつくお土産をお探しであれば、アオザイはいかがでしょうか。

自分の体にフィットしたアオザイを買いたい場合は、ベンタイン市場ではないアオザイ専門店でオーダーされることを期待しています。

 

3位 Tシャツ

ベンタイン市場では、パロディTシャツから偽物ブランドTシャツ、そしてベトナムの国旗Tシャツまで、様々なTシャツが販売されています。見ているだけでも楽しい品ぞろえですが、実用性の高いTシャツお土産にもってこいです。

 

2位 果物

ベトナムには、日本人が見慣れない、名前も分からない果物がたくさんあります。ベンタイン市場では、定番のドリアンはもちろん、様々な種類の果物が販売されています。食あたりなどへの注意は必要ですが、南国ならではの味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

1位 ベトナムコーヒー

独特の風味を持つベトナムコーヒーですが、もはやベトナム旅行の定番のお土産と言ってもいいのではないのでしょうか。有名なブランドのTrung Nguyen(チュン グエン)コーヒーはもちろんのこと、ベンタイン市場内のあちこちで多くの種類のコーヒーを見つけることができます。

お手軽かつベトナムならではのベトナムコーヒー、お土産として買ってみてはいかがでしょうか。

 

 ベンタイン市場のぼったくりの実態と値切り方について

前述のとおり、ベンタイン市場ではぼったくりが当たり前になっています。今回は、ぼったくりの実態を具体的な金額で説明します。またぼったくられないように値切り方についても解説します。

 

 ベンタイン市場でのぼったくりの実態は?

ベンタイン市場で色んなものを買ってみて、最初に提示された価格と最終的に購入した価格の差を調べてみました。

  • ポロのロゴが入ったワイシャツ3枚:1,200,000VND(6,000円)⇒ 400,000VND(2,000円)約3分の1
  • ポロのロゴが入ったポロシャツ1枚:300,000VND(1,500円)⇒ 130,000VND(650円)  約2分の1
  • トミーのロゴが入ったTシャツ1枚:200,000VND(1,000円)⇒ 70,000VND (350円) 約3分の1
  • NBのロゴの入ったスニーカー1足:600,000VND(3,000円)⇒ 300,000VND(1,500円)約2分の1
  • オーダーメイドのスーツパンツ2枚:1,000,000VND(5,000円)⇒ 600,000VND(3,000円)約2分の1
  • 無地のハーフパンツ1枚:200,000VND (1,000円)⇒ 100,000VND(500円)  約2分の1

 

上記の購入商品の価格比較したところ、ベンタイン市場では殆どの商品は2〜3倍は高く吹っかけているということが判明しました。買ったあとにぼったくられたことが分かっても、そこから交渉してお金を返してもらうということは絶対にできないので、購入時の交渉をしっかりと行いましょう。

 

 ベンタイン市場での値段交渉の方法は?

ベンタイン市場での値下げ交渉は簡単にできるので是非チャレンジしてください。本当に簡単です!

ベンタイン市場では交渉することが当たり前になっているので、「失礼なのでは?」とは思わずに、必ず交渉しましょう。

 

1. Mac qua(マッ クア〜):高いととりあえず言う

日本の感覚で買い物をすると、ベンタイン市場では何もかも安く感じると思います。しかし、ベンタイン市場では必ず初期の金額はふっかけてきたぼったくり金額なので、交渉すれば必ず値段が落ち安くなります。遠慮することなく高いと交渉しましょう。

 

2. 希望での購入価格を提示

上記の値段比較を参考に、提示された価格の3分の1でしか買えない、と言ってみましょう。その時に「ふざけるな!」みたいな反応をしたとしても、店員さんはあなたに買ってもらいたいと思っている可能性があります。ベンタイン市場では、無理だと思うほど安い希望価格を伝えることがとても大切です。

 

3. 一度交渉を止めて別の店に行こうとする

例えば、あと50,000VND(250円)安くなれば希望価格に近づくという状況だったとして、その時に交渉を諦めて他の店に行こうとする姿勢をみせましょう。店を5メートルぐらい離れるとOKOK!その価格で売ってあげるよ!という言葉が聞こえてきます。原価がかなり安いのだと思うので、買わずに帰られるより、提示金額が少し安くても相手に売ろうと考えているのだと思います。

この方法は本当に効果的なので、ベンタイン市場での買い物の際は、是非試してみてください。

 

 ベンタイン市場のナイトマーケットは?

(画像元:Hanoi Tourism

ホーチミン市内で唯一、ベンタイン市場の両脇の道路で夜ナイトマーケットが開始されます。19時ぐらいにはテントの店が揃いナイトマーケットがスタートします。夜の23時ぐらいからどんどん閉まり始めます。

 

 ナイトマーケットの場所/時間

ベンタイン市場のナイトマーケットは、大体18:00ごろから開始されます。場所はベンタイン市場の両脇の道で行われます。

 

 ナイトマーケットならではの楽しみ方

ベンタイン市場のナイトマーケットでは、雑貨、衣類、くつ、おもちゃなどが売ってあり、お土産を買う場所としても最適です。また、レストランも併設されるので、そこでビールを飲みながらベトナム料理を食べてゆっくりしても良いかもしれません。海鮮料理がおいしいレストランです。

 

 まとめ

ベンタイン市場がどういうところか、どう値段交渉すれば良いかをお分かりいただけましたでしょうか?

ベンタイン市場は疲れますし、ちょっとめんどくさい市場ではありますが、3分の1ぐらいの価格で購入できた際はなんとも言えない達成感と爽快感を味合うことができます。ベトナムならでは、ホーチミンならではの買い物スポットなので、ホーチミンにお越しの際は、観光地として是非ベンタイン市場に足を運んでみてください!

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************

▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。