ベトナムの気候|ハノイ・ホーチミン・ダナンの気候を比較!

ベトナムへの就職・転職を検討する際にベトナムの気候については誰もが気になるところかと思います。中には、「南国の気候で働きたい」「ずっと暑い土地では働きたくない」などの希望もあるでしょう。

ベトナムは日本と似て南北に細長い形をしています。ハノイ・ホーチミン間の距離は約1,800kmで日本の青森県・鹿児島県間と同じくらいの距離があります。従って、日本と同様に同じ時期でも地域によって気候は大きく異なります。今回の記事では、ハノイ(北部)、ホーチミン(南部)、ダナン(中部)に分けてベトナムの気候を解説致します。

 ベトナム・ハノイの気候

ベトナムの首都、ハノイの気候について説明をします。ベトナムと聞くと、南国っぽい気候のイメージがありますが、ハノイの気候はそうではないんです。

 ハノイの気候 | ハノイには四季がある?!

ベトナムと聞くと常夏のイメージがありますが、ハノイには四季があります。3-4月が春、5-10月が夏、11月が秋、12-2月が冬となります。

「ハノイの年間気温」(データ提供元:データ提供元: NOAA

ハノイは年間の気温差が大きく、11月~4月の朝晩は寒く、1月~2月は10℃前後まで気温が下がります。この時期は発熱肌着、セーター、ダウンジャケットが必要になります。5月~9月が雨季にあたり雨量も増えます。7月~8月が最も気温が上がり、南部のホーチミンよりも暑くなります。11月~12月は降雨量も少なく、日本の秋の様な気候で1年で最も過ごしやすい季節になります。

 

 ハノイには冬がある!?

「ベトナムの気候」と聞いてほとんどの方が真っ先に「暑い」と連想をすると思いますが、意外なことにハノイには冬があります。ベトナム北部ハノイでは11月~4月の最低気温が10℃前後となり、東南アジアで珍しい冬を体験することが出来ます。10℃前後と聞くと東京の真冬に比べると比較的気温が高いように感じるかと思います。しかし、多くの在住者にとってハノイの冬はとても気温以上に寒く感じるようです。

 

ハノイには暖房が少ない!?

ここ5年以内に設置された新しいエアコンには冷房に加え暖房もありますが、古いエアコンには暖房が無かったり、格安エアコンは冷房のみだったりします。

そこで、自宅のエアコンに暖房が付いていない方は電気ヒーターを購入し暖をとっているようです。性能にもよりますがスーパー、家電量販店でおよそ150,000~300,000 VND(750円~1500円)にて購入することが出来ます。

 

防寒性のない建物

ベトナムでは地震がほとんどないので、一般的に木よりも耐久性のある鉄筋コンクリート、レンガでの建築が主流です。
コンクリートや煉瓦は熱伝導率が高い=木造より暑くて、寒い建物になります。また、日本ほど建物が様々な面で精密に建てられているわけではありませんので、隙間風なども多く、寒く感じることが多くなります。

 

 ベトナム・ホーチミンの気候

ベトナムの商業の中心地と言われる、ホーチミンの気候について説明をします。ホーチミンの気候は「ベトナムの気候」として多くの日本人がイメージをするものに近い気候と言えるかもしれません。

 ホーチミンの気候 | 常夏の南国らしい気候

ホーチミンを中心とするベトナム南部は国土の南部に位置し、1年中暑い熱帯モンスーン気候に属していて、季節は大きく雨季と乾季に分かれています。

「ホーチミンの年間気温と年間降水量」(画像元:名鉄観光

年間の平均気温は約26℃。1年を通して気温差はあまりなく、25℃~30℃で推移しています。1年を通して大きく気温が変わるわけではありませんが、12-1月は気温も低く、湿度も低めなので比較的過ごしやすいかと思います。

乾季は11月~4月頃まで、雨季は5月~10月頃となります。雨季といっても、一日中雨が降っている日は稀で、昼から夕方にかけてあげしい雨が1時間前後降る日が多い印象です。朝と夜の通勤時間帯には雨が降ることが少ないのは、ホーチミンで在住者にとってはありがたいことです。

4月~5月は年間でも気温が一番高く最高気温35℃を超える日も多々あり、日差し、湿度も高くじっとりとした暑さを感じます。ただ、東京の真夏ほどは暑くなく、真夏に東京からベトナムにくる際にはまだ少し過ごしやすいと感じる方が多いようです。

 

 常夏の気候ホーチミンでの注意事項

ホーチミンは基本的に常夏の気候で、過ごしやすいと感じることが多いですが、いくつか注意点もありますので紹介します。

店の中は寒いことも多い

カフェ、レストラン、ショッピングセンター、タクシーといった商業施設等では、冷房がかなり強めに効いています。東南アジアではキンキンに冷やすことが「おもてなし」であり、湿度対策も兼ねていることと、古いエアコンは「オンとオフ」のスイッチしかなく、細かな温度設定が出来ないという背景があるようです。カフェで長時間仕事をする際などはシャツだけでなく、上に羽織れるジャケット・カーディガンを用意しておいた方がいいでしょう。

 

スコールに注意

5月頃から雨季が始まり10月頃まで続きます。日本の梅雨のように1日中雨が降りっぱなしという事はなく、1日に1~2回スコール(通り雨)が来ます。多くが昼過ぎから夕方で1時間程で雨は上がります。雨季はスコールに備え本革の鞄や靴は避ける方が無難です。また、スコールに伴ってタクシーが捕まりにくくなる、渋滞が発生するなどの不便が発生するため、重要な用事に関しては可能であれば雨が降る可能性の低い時間で設定をした方がいいです。

 

デング熱(蚊)に注意

ベトナムでは1年を通して、デング熱感染報告がなされてる身近な病気です。デング熱とはデング熱ウイルスを保有している蚊に刺されることによって感染し、2~14日(通常2~7日)の潜伏期を経て、38~40度の発熱を伴い、激しい頭痛、関節痛、発疹が現れます。また、発熱中や解熱後に、足、膝、手の平に皮下出血が現れることもあります。
通常、死に至ることはないですが、重症化した場合は死亡することも稀にあります。
蚊に刺されないよう対策することが一番大切です。


  • 肌をなるべく露出しない

  • 汗をかくと出る二酸化炭素にも蚊が引き寄せられるので汗をかいたら拭き取る

  • 虫除けスプレーを使用する

  • 寝る際は蚊取り線香を使用する

 

 ベトナム・ダナンの気候

日本からの直行便も就航するなど特にリゾート地として大きな注目を集めているダナン。ダナンの気候はどうなのでしょうか。

 ダナンの気候 | 今、大注目のダナンの気候は!?

ベトナム ダナンは、熱帯モンスーン地帯にあり、雨季と乾季に分かれます。3月~8月頃までが乾季、9月~2月頃までが雨季となります。

「ダナンの年間気温」(データ提供元:データ提供元: NOAA

ダナンの年間平均気温は26℃で、年中日差しが強く、特に6月~8月は最も暑い時期で、平均最高気温は33~34℃。日によっては40℃を超える日も有ります。年間を通して高温多湿で、雨季はモンスーンの影響で湿った大気が吹き込みスコールが頻発します。特に雨季の中でも10月~11月頃は台風シーズンとなり、降雨量が非常に多くなり、とても蒸し暑くなります。

南国とは言え、ダナンの11月〜3月は朝晩はそれなりに涼しくなります。特に、1月、2月はパーカーぐらいを着ないと寒い日もあるのでお気をつけください。

 

 ダナンの気候の特徴 | 雨と日差しに要注意 !

ホーチミンやハノイにはない、ダナンならではの特徴があります。ダナンに観光に行かれた際などはご注意ください。

雨が多い

ハノイの雨季:5月~9月頃 5か月間

ホーチミンの雨季:5月~10月頃 6か月間

ダナンの雨季:9月~2月頃 6か月間

こうして雨季の期間だけで比較をするとホーチミン、ダナン共に6か月で同じ長さです。しかし、10月~1月の期間の降水量がとても多く、年によってはホーチミンやハノイの3倍ほども雨が降ることもあります。

 

強い日差し

ダナンの乾季でも特に5月~9月頃は日照時間も長くとても日差しが強いです。
熱中症対策としてこまめな水分補給、日焼け対策が必要になります。

 

 まとめ

如何でしたか、南北に長いベトナムのハノイ(北部)、ホーチミン(南部)、ダナン(中部)に分けてベトナムの気候についてご紹介致しました。同じベトナムでも大きく気候が異なることをご理解いただけたのではないでしょうか。是非、ベトナム転職・就職時の勤務地を選ぶ際の参考にして下さい。

★ベトナム移住についてざっくり把握したいなら★

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。