ベトナムの気候と最適な服装|ハノイ・ホーチミン・ダナンを比較!

ベトナムは南北に細長い国土をもっており、ハノイとホーチミン間の距離は約1,800kmで日本の青森県・鹿児島県間と同じくらいの距離があります。そして、縦に長いベトナムは、日本と同様に同じ時期でも地域によって気候が大きく異なります。

今回の記事では、ハノイ(北部)、ホーチミン(南部)、ダナン(中部)それぞれの地域の気候と最適な服装を解説します!

 ハノイの気候と最適な服装

ベトナムの首都ハノイの気候と最適な服装について説明をします。ベトナムと聞くと、南国っぽい気候のイメージがありますが、ハノイの気候はそうではないんです。

 

 ハノイの気候|ハノイには四季がある?

ベトナムと聞くと常夏の気候というイメージがありますが、ハノイには四季があります。4月が春、5-10月が夏、11月が秋、12-3月が冬となります。

「ハノイの年間気温」(データ提供元:データ提供元: NOAA

ハノイは年間の気温差が大きく、11月~4月の朝晩は寒く、1月~2月は10℃前後まで気温が下がります。5月~9月が雨季にあたり雨量も増えます。7月~8月が最も気温が上がり、南部のホーチミンよりも暑くなります。11月~12月は降雨量も少なく、日本の秋の様な気候で1年で最も過ごしやすい季節になります。

 

 ハノイには冬がある?

「ベトナムの気候」と聞いてほとんどの方が真っ先に「暑い」と連想をすると思いますが、意外なことにハノイの気候には冬があります。ベトナム北部ハノイでは11月~4月の最低気温が10℃前後となり、東南アジアで珍しい冬を体験することが出来ます。

10℃前後と聞くと東京の真冬に比べると比較的気温が高い気候のように感じるかと思います。しかし、多くの在住者にとってハノイの冬は、以下の理由から気温以上に寒く感じるようです。

 

ハノイには暖房が少ない

ここ5年以内に設置された新しいエアコンには冷房に加え暖房もありますが、古いエアコンには暖房が無かったり、格安エアコンは冷房のみだったりします。

そこで、自宅のエアコンに暖房が付いていない方は電気ヒーターを購入し暖をとっているようです。性能にもよりますがスーパー、家電量販店でおよそ150,000~300,000 VND(750円~1500円)にて購入することが出来ます。

 

防寒性のない建物が多い

ベトナムでは地震がほとんどないので、一般的に木よりも耐久性のある鉄筋コンクリート、レンガでの建築が主流です。
コンクリートや煉瓦は熱伝導率が高い=木造より暑くて、寒い建物になります。

また、日本ほど建物が様々な面で精密に建てられているわけではありませんので、隙間風なども多く、寒く感じることが多くなります。ハノイの冬は、日本同様に厳しい寒さを感じるのではないでしょうか。

 

 ハノイの季節ごとの最適な服装

お伝えしたようにハノイの気候には四季があり、日本同様季節ごとに最適な服装が異なります。

 

ハノイの冬(12月〜3月)の服装

ハノイの冬の気温は10〜15度ぐらいですが、その寒さをなめてはいけません。ハノイは日本とは真逆の湿度が高い冬なので、お風呂上がりに寒いところを行った感覚に似て、体の底から冷えます。そのため気温が10度だったとしても、ヒートテックなどの発熱下着を着て、ダウンジャケットやセーターを着るぐらいでちょうど良いと思います。

一方、日本の冬ほど寒い時期は長く、寒い期間は12月〜3月ぐらいです。この期間にハノイに行く方は、日本同様防寒対策をしっかりしましょう。

 

ハノイの春秋(11月、4月)の服装

ハノイの春秋はとても短く、それぞれ一ヶ月ずつぐらいしかありません。この時期は天気が良いことが多く、ハノイの観光のベストシーズンだと思います。この時期のハノイは、長袖シャツや少し寒い日でパーカー程度の服装で快適だと思います。

ハノイは冬は寒く、夏は暑い厳しい気候なので、そんな中で一瞬だけ訪れる春と冬をご堪能ください。

 

ハノイの夏(5月〜10月)の服装

ハノイの夏は長く、かつとても暑いです。日差しはそこまで強くありませんが、とにかく湿度が高く蒸し暑いです。日本と変わらず、半袖のTシャツ等が最適な服装だと思います。

 

 ホーチミンの気候と最適な服装

ベトナムの商業の中心地と言われるホーチミンの気候について説明をします。ホーチミンの気候は、「ベトナムの気候」として多くの日本人がイメージをするものに近い気候と言えるかもしれません。

 

 ホーチミンの気候|常夏の南国らしい気候

ホーチミンを中心とするベトナム南部は国土の南部に位置し、1年中暑い熱帯モンスーン気候に属していて、季節は大きく雨季と乾季に分かれています。

「ホーチミンの年間気温と年間降水量」(画像元:名鉄観光

ホーチミンの年間の平均気温は約26℃。1年を通して気温差はあまりなく、25℃~30℃で推移しています。1年を通して大きく気温が変わるわけではありませんが、12-1月は気温も低く、湿度も低めなので比較的過ごしやすいかと思います。

乾季は11月~4月頃まで、雨季は5月~10月頃となります。雨季といっても、一日中雨が降っている日は稀で、昼から夕方にかけてあげしい雨が1時間前後降る日が多い印象です。朝と夜の通勤時間帯には雨が降ることが少ないのは、ホーチミンで在住者にとってはありがたいことです。

4月~5月は年間でも気温が一番高く最高気温35℃を超える日も多々あり、日差し、湿度も高くじっとりとした暑さを感じます。ただ、東京の真夏ほどは暑くなく、真夏に東京からホーチミンにくる方には「涼しくて過ごしやすい気候」だと感じる方が多いようです。

 

 常夏の気候ホーチミンでの注意事項

ホーチミンは基本的に常夏の気候で、過ごしやすいと感じることが多いですが、いくつか注意点もありますので紹介します。

 

店の中は寒いことも多い

ホーチミンのカフェ、レストラン、ショッピングセンター、タクシーといった商業施設等では、冷房がかなり強めに効いています。東南アジアではキンキンに冷やすことが「おもてなし」であり、湿度対策も兼ねていることと、古いエアコンは「オンとオフ」のスイッチしかなく、細かな温度設定が出来ないという背景があるようです。

カフェで長時間仕事をする際などは、シャツだけでなく、上に羽織れるジャケット・カーディガンを用意しておいた方がいいでしょう。

 

スコールに注意

ホーチミンの気候は、5月頃から雨季が始まり10月頃まで続きます。日本の梅雨のように1日中雨が降りっぱなしという事はなく、1日に1~2回スコール(通り雨)が来ます。多くが昼過ぎから夕方で1時間程で雨は上がります。雨季は、スコールに備え本革の鞄や靴は避ける方が無難です。

また、ホーチミン市内ではスコールに伴ってタクシーが捕まりにくくなる、渋滞が発生するなどの不便が発生するため、重要な用事に関しては可能であれば雨が降る可能性の低い時間で設定をした方がいいです。

 

デング熱(蚊)に注意

ベトナムでは1年を通して、デング熱感染報告がなされてる身近な病気です。

デング熱とはデング熱ウイルスを保有している蚊に刺されることによって感染し、2~14日(通常2~7日)の潜伏期を経て、38~40度の発熱を伴い、激しい頭痛、関節痛、発疹が現れます。また、発熱中や解熱後に、足、膝、手の平に皮下出血が現れることもあります。
通常、死に至ることはないですが、重症化した場合は死亡することも稀にあります。蚊に刺されないよう対策することが一番大切です。


  • 肌をなるべく露出しない

  • 汗をかくと出る二酸化炭素にも蚊が引き寄せられるので汗をかいたら拭き取る

  • 虫除けスプレーを使用する

  • 寝る際は蚊取り線香を使用する

 

 ホーチミンの季節ごとの最適な服装

ホーチミンの気候は年中暑い常夏のため、1年中ずっと半袖のTシャツ等が最適だと思います。

ビジネスの方も、ワイシャツのみ、もしくはポロシャツなどのクールビズでホーチミンにお越しになると良いと思います。たまに、ジャケットを着てホーチミンに出張に来られる方がいらっしゃいますが、本当に暑いのでジャケットを着ていると逆に違和感があり浮いてしまうと思います。

一方、前述したとおり室内はエアコンで寒いことがあるので、上に羽織れるものを持っておくと便利だと思います。

 

 ベトナム・ダナンの気候

日本からの直行便も就航するなど特にリゾート地として大きな注目を集めているダナン。ダナンの気候はどうなのでしょうか。

 

 ダナンの気候|今、大注目のダナンの気候は!?

ベトナム ダナンは、熱帯モンスーン気候にあたり、1年間が雨季と乾季の気候に分かれます。3月~8月頃までが乾季、9月~2月頃までが雨季となります。

「ダナンの年間気温」(データ提供元:データ提供元: NOAA

ダナンの年間平均気温は26℃で、年中日差しが強く、特に6月~8月は最も暑い時期で、平均最高気温は33~34℃。日によっては40℃を超える日も有ります。

ダナンは年間を通して高温多湿で、雨季はモンスーンの影響で湿った大気が吹き込みスコールが頻発します。特に雨季の中でも10月~11月頃は台風シーズンとなり、降雨量が非常に多くなり、とても蒸し暑くなります。

南国とは言え、ダナンの11月〜3月は、朝晩はそれなりに涼しい気候になります。特にダナンの1月、2月は、パーカーぐらいを着ないと寒い日もあるぐらい冬の気候になるのでお気をつけください。

 

 ダナンの気候の特徴|雨と日差しに要注意!

ホーチミンやハノイにはない、ダナンならではの気候の特徴があります。ダナンに観光に行かれた際などは、以下のダナンの気候にご注意ください。

 

雨が多い

  • ハノイの雨季:5月~9月頃 5か月間

  • ホーチミンの雨季:5月~10月頃 6か月間

  • ダナンの雨季:9月~2月頃 6か月間

こうして雨季の期間だけで比較をするとホーチミン、ダナン共に6か月で同じ長さです。しかし、10月~1月の期間の降水量がとても多く、年によってはホーチミンやハノイの3倍ほども雨が降ることもあります。

 

強い日差し

ダナンの乾季でも特に5月~9月頃は日照時間も長く、とても日差しが強いです。
熱中症対策としてこまめな水分補給、日焼け対策が必要になります。

 

 ダナンの季節ごとの最適な服装

ダナンの気候もハノイほどではないものの冬があり、冬場は冷え込みます。ベトナムは常夏のイメージをお持ちの方が多いと思うので、冬場にダナンに行って失敗することが無いように最適な服装をチェックしてください。

 

ダナンの冬(12月〜3月)の服装

ダナンの冬の気温は20度前後ぐらいですが、湿度が高いためかハノイ同様、体感ではとても寒く感じます。1月、2月ぐらいの年間で一番寒い時期は厚手のパーカーぐらいでちょうど良いです。12月、3月ぐらいでも薄手のパーカーか長袖シャツを着るとちょうど良いと思います。

 

ダナンの夏(4月〜11月)の服装

夏場のダナンは、他の地域同様、真夏の薄手の服装でちょうど良いと思います。ただ、ダナンは雨が多く降る気候なので、着替えの服は多めにお持ちになられた方が良いと思います。

 

 ベトナムの気候区分は?

ドイツのケッペンが気候や植生から世界の気候を区分し、寒帯気候から熱帯気候までを分類しています。このケッペンの気候区分によると、ベトナムは北部(ハノイ):温帯夏雨気候、南部(ホーチミン):熱帯サバナ気候、中部(ダナン):熱帯モンスーン気候、と3つもの気候区分に分けられます。

 

北部(ハノイ)の気候区分

温帯夏雨気候の特徴は、夏の降水量が多いことで高温湿潤になる点です。蒸し蒸しした日本と同様の暑さになります。また、ハノイは他の温帯夏雨気候の地域と異なり、冬も乾燥せず湿潤になります。これは、ハノイの都市が盆地にある影響を受けていると言われています。

 

南部(ホーチミン)の気候区分

熱帯サバナ気候の特徴は、雨季(夏)と乾季(冬)に季節がはっきりと分かれることです。ホーチミンでは、12月から4月までの半年間はほとんど雨が降りません。かつ赤道近くといこともあり冬でも温暖な気候です。観光には最も良いシーズンだと言えます。

 

中部(ダナン)の気候区分

熱帯モンスーン気候の特徴は、その名の通り季節風のモンスーンの影響を強く受けることです。気候自体は、南部の熱帯サバナ気候とあまり変わりませんが、より大雨や台風の影響を受けやすい地域と言えます。

 

東南アジアの気候区分マップ

こちらが東南アジア全域の気候区分マップです。タイ、カンボジア、ラオスあたりと同様、ベトナム南部のホーチミン周辺の水色が熱帯サバナ気候です。

また、タイ南部、ベトナム中部のダナン付近など青と水色の間ぐらいの薄い青色の部分が熱帯モンスーン気候です。

そして最後に、中国山間部、香港などと同様、ベトナム北部のハノイ近辺の薄い緑色が温帯夏雨気候になります。

こうやってみると、マレーシア、インドネシア、シンガポール、フィリピンなどがほぼ一つの気候区分なのに対して、ベトナムは3種類の気候区分が入り混じっていることがお分かりいただけると思います。

 

 まとめ

南北に長いベトナムのハノイ(北部)、ホーチミン(南部)、ダナン(中部)に分けて、ベトナムの気候についてご紹介致しました。同じベトナムでも、地域によって大きく気候が異なることをご理解いただけたのではないでしょうか。是非、ベトナム転職・就職時の勤務地を選ぶ際に、各地の気候の情報を参考にしていただければと思います。

 

★ベトナム移住についてざっくり把握したいなら★

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。