ツアーコンダクター / 渡部早紀さん – ベトナム就職者談

今回のベトナム就職者談は、大手旅行代理店のベトナム ハノイ支店でツアーコンダクターとして働く渡部早紀さんに話を伺いました。渡部さんは、東京の大学を卒業後、新卒でベトナムで働くことを選んだ方です。そんな彼女にベトナムで就職した理由について聞いてみました。渡部早紀さん

 ベトナムでやっている仕事は?

−普段はどのような仕事をされているんですか?

旅行代理店でツアーコンダクターをしています!日本からベトナムへと旅行されるお客様の御要望に沿ったツアーの段取りを組んでいく仕事です。

私自身東南アジアを廻るバックパッカーだったので、その経験と私自身のベトナム体験を交えて色々とマニアックな要素を盛り込んだ提案をしていきたい!・・・とは思いつつ、入社して間もない身なので、日本からの注文に対して、まずはお客様に確実に満足して頂くことを意識して仕事に取り組んでいます。

 

 ベトナムで就職した理由は?

−どういった経緯でベトナムで働くことに?

実は就職活動初期は、物流業界に集中していました。英語を使う職場で働きたい、船や港を見るのが好きというところからスタートして、業界を知るにつれ、日本が輸入大国であることを改めて知り、社会的意義がある仕事なんだなと。とりあえず大手から中小まで片っ端から受けたのは良い思い出です(笑)。そんな中で結果は良かったり悪かったりしたんですが、就職活動中盤に差し掛かってくる中で、自分の経歴・歩みたいキャリアをもう一度見直してみたんですね。

そうすると、大学で専攻していた観光関連も視野に入れていいんじゃないかなって思うようになったんです。「自分のサービスによって、世界を結ぶ」って意味では、物流=モノ、旅行=ヒト、という対象が違うだけで共通点はあるなって。だったら旅行業もいいな、よし、じゃあ海外で働くことでもっと自分を高めてみよう。そう考えて今の会社の門を叩きました。

ベトナムで働く、というのは特別意識したわけではなく、バックパッキングで実際に行ってみてよかった国で、いくつかある選択肢の中の一つだった、というのが正直なところですね。

 

−将来の目標は?

結果的に物流業界からは離れましたけど、世界の交流に関わっていきたいという気持ちを考えると、5年~10年先の未来では、そっちの業界に関わっていくのもありかもしれません。もちろん今の仕事を続ける可能性もありますし、ボランティア系の職につくのも面白いなと思ってます。

日本には特に帰る予定もないので、気づいたら東南アジアも通り越して、南米やアフリカや中東で働いているかもしれません。興味がある分野が沢山あって、まだまだ自分の将来、と考えると固めきれてないですね。

 

 ハノイのおすすめは?

−最後に、ハノイの「ココはおすすめ」というところは?

やっぱりツアーコンダクターとしては、古都ハノイをお奨めします!2010年には建都1,000年のお祝いがあったくらい歴史のある街です。古い街並みが残っていて、新しいビルが他の国ほど乱立していないので、昔ながらの雰囲気を味わうことができます。

色んなところを歩き回って楽しむ観光もとてもいいものですが、数多くある喫茶店でベトナムコーヒーを飲みながら歴史を楽しむ、そういうローカルな楽しみ方もお奨めします!日本の皆さん、古都ハノイへ是非遊びに来てください!

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。