アオザイを美人に着こなす方法は?レンタル方法、作り方、男性用もご紹介

民族衣装の中で圧倒的な人気を誇るアオザイ。アオザイを着た女性はとても美しく、レンタルで着るだけではなく、自分用、友達用などオーダーメイドで作る方も増えてきています。

しかし、アオザイ美人に見える着こなしについてあまり知られていません。また、アオザイは女性が着る民族衣装として知られているため男性用アオザイがある事もあまり知られていません。

そこで今回は、アオザイ美人の着こなしや男性用のアオザイを写真付きでご紹介します!

また、アオザイの現地ベトナムでの作り方、レンタルの方法についてや、今流行りのカジュアルアオザイについてもご紹介していきます!

 

 アオザイ美人に見えるおすすめの着こなし!

普段アオザイを目にしている方も少ないと思うので、何色と何色の組み合わせがアオザイ美人に見えるのかご存知でない方が多いと思います。そこで、今回はアオザイ美人に見えるおすすめの着こなしをご紹介します。アオザイに合わせるべき靴についてもお伝えします。

 

 アオザイのおすすめの着こなしランキング!

アオザイのおすすめの着こなしをランキング形式でご紹介します。アオザイを、オーダーをする際やレンタルする際に参考にしてください。

 

1位:白×黒のアオザイ

黒のパンツだからこそアオザイの上着の白さが映え、着る人の美しさが際立つような組み合わせだと思います。

 

2位:青×白のアオザイ

(画像元:Wikipedia

アオザイらしい、アオザイの美しさが際立つ組み合わせと言えるでしょう。

 

3位:白×白のアオザイ

(画像元:bestfunnypick.com

まっしろなアオザイの組み合わせは、ベトナム人学生が着るだけでなく、美しいアオザイの組み合わせとして若い女性を中心に人気のスタイルです。

 

4位:黄色×黒のアオザイ

(画像元:VOV

幅広い年齢層に人気のスタイルで、派手すぎず日本人女性の方でも抵抗感はあまりないのではないでしょうか。

 

5位:ピンク×黒のアオザイ

アオザイだからこそピンクが派手な印象になりすぎず、美しさを際立たせる色合いだと思います。

 

 アオザイを着るときに靴は何を合わせるべき?

アオザイを着るときは、ハイヒールを履くベトナム人女性が多いです。アオザイの色合いにもよりますが、黒のハイヒールがどんなアオザイのデザインにも合わせやすいと思います。

またアオザイとサンダルはとても合うので、ベトナム人女性も好んでサンダルを履いてアオザイを着ています。サンダルは楽だから嬉しいですよね!ビーチサンダル等ではなく、ビーズ付きのサンダルや革のサンダルが合うと思います。

アオザイを着るときに履くべきではないNGの靴はスニーカーです。スニーカーとアオザイは合わないので、レンタル等でアオザイを着るときは注意をしてください。

 

 FF14で登場したアオザイの着こなしランキング

日本で圧倒的な人気を誇るロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー(FF)14」にアオザイが登場しました。FF14で登場したアオザイのオススメの着こなしをランキング形式でご紹介します。

ゲームに興味がない方も着こなしの参考としてご覧ください。

 

1位:青×白のアオザイ

(画像元:MAGETARU

 

2位:赤×白のアオザイ

(画像元:MIRAPRI

 

3位:黒×白のアオザイ

(画像元:Ameblo

 

 アオザイの基礎情報!

今でも定期的にアオザイを着るというベトナム女性が多いです。アオザイは、ベトナム人にとってどのような存在なのでしょうか?アオザイの基礎情報をお伝えします。

 

 英語やベトナム語でアオザイは何て言うの?

英語やベトナム語でAo Dai(アオザイ)と言い、アオ(Ao)は上着、ザイ(Dai)は長いを意味し、Ao Daiで長い上着という意味になります。Daiを「ザイ」と発音するのはベトナム北部と中部で、ホーチミン含めたベトナム南部ではDaiを「ヤイ」と発音します。そのためホーチミンでは、アオザイの正式な発音は「アオヤイ」なんです!ただ、アオザイでももちろん通じます。

 

 アオザイの歴史は?

ベトナムの伝統衣装アオザイですが、ベトナムでアオザイはどのような歴史があるのでしょうか。

アオザイの起源は、なんと紀元前にベトナム北部で広まったドンソン(Dong Son)文化まで遡ります。この頃のアオザイは、今のアオザイのデザインとはかけ離れていますが、前垂れがついている点など現在のアオザイに通じるものがあります。

その後数千年経ち、ベトナム中部から南部にかけて建国された広南国(こうなんこく)の第8代国王Nguyen Phuc Khoat(グエン フック クアット)が、現在のアオザイの原型を作りました。

彼は新しく支配することになった地域にベトナムの文化が定着するように、服装を統制するための法令を出しました。その中で、男性と女性両方のアオザイの大枠が決められており、現在のアオザイに繋がるデザインが定義づけられました。このアオザイをベースとして、改良が加えれたり、派生したりしながら現在のアオザイに続いています。

 

 ベトナム人はどんな機会にアオザイを着るの?

現在、アオザイを普段着としては着ないベトナム人がほとんどです。

しかし、学校の制服がアオザイであったり、レストランの店員やホテルの受付がアオザイを着ていたり、結婚式などのパーティーでアオザイを着ていたりとアオザイ姿のベトナム人を見る機会は多くあります。

仮に、多くの人がアオザイを着ている姿をみたいという人は、ベトナムの旧正月(テト)の時期にベトナムを訪れましょう。伝統衣装アオザイに身を包んだベトナム人を多く見かける時期です。

ちなみに、レンタルや購入したアオザイを着て、ホーチミンやハノイの市街地を歩いていてもそんなにおかしくありません。京都で着物を着て歩いているといった感じでしょうか。本当に頻繁に目にすることができるのが、ベトナム現地のアオザイ姿です。

 

 アオザイはどんな種類があるの?

アオザイには、カラー、デザイン、生地などで様々な種類があります。

 

アオザイのカラー

アオザイのカラーですが、一般的には白のアオザイは学生が着ることが多く、明るい原色系のアオザイは若い人向け、歳をとるにつれて暖色系のアオザイに移っていきます。

 

アオザイのデザイン

後ほど、アオザイオーダーの項目で詳細に説明しますが、アオザイには襟の有無、袖の有無、刺繍の有無などカラー以外にもたくさんのデザインがあります。伝統的なアオザイは襟あり、袖ありものですが、現在は好みのアオザイを着ても全く問題ありません。

後ほど紹介しますが、近年モダンアオザイ(カジュアルアオザイ)が流行っており、前垂れが極端に短いものなど、様々なデザインのアオザイが登場しています。

 

アオザイに使われている生地は?

シルク、レース、綿、コットンなどアオザイには様々な種類の生地が使われています。シルクやレースは高級感がありシワになりにくいでしょう。一方、綿やコットンは普段使いに最適で洗濯も容易です。生地によって、アオザイを着た時の印象が異なるので、どの記事にするのか生地選びの時にお店の人に相談しながら考えてみましょう。

 

 手軽にアオザイを着て撮れる!アオザイレンタル

アオザイは、身体にフィットしていればいるほどキレイに着れる衣装ですが、レンタルとなると完全にフィットするアオザイを見つけることはとても難しいです。そのため、多少ブカブカだったとしても、好みのカラーやデザインのレンタルアオザイを選ぶことを優先しましょう。移動が大変になるので、タイトすぎるアオザイをレンタルすることはおすすめしません。

アオザイの1日レンタル価格は、女性:200,000-400,000VND(約1,000~2,000円)、男性:200,000-300,000VND(約1,000~1,500円)あたりなので、安くアオザイレンタル可能です。街中にアオザイレンタルができるショップは溢れていますが、その中でも日本語対応可能な安心おすすめレンタルスポットをご紹介します。

 

 ホーチミンのアオザイレンタルの有名店!COCO

COCO(ココ)は、ホーチミンのアオザイレンタルの有名店で、ホーチミン1区中心部のドンコイ通り周辺にあります。一階が雑貨屋になっており、2階でアオザイをレンタルすることができます(オーダーメイドも可能です)。

レンタル料は1日100,000VND(約500円)から!日本語が堪能なベトナム人スタッフが働いているので、どんなアオザイが流行っているのかなど色々と聞いて選ぶことが可能です。

住所:47 Mac Thi Buoi Street Dist 1,HCMC

 

 ベトナム各地でお手軽レンタル!HIS運営のSKYhub

ベトナムの主要都市ハノイ、ダナン、ホーチミンには、HISが運営する「SKYhubグローバルツアーラウンジ」があり、ここで9:00から17:30までアオザイレンタルを行なっています。また、ラウンジ内に撮影スポットも準備されており、涼しい環境でアオザイを着て撮影が可能です。

1,000円〜1,500円でアオザイをレンタルして、外出して撮影することが可能です。200着以上の豊富なアオザイから選べるので、お気に入りのアオザイを見つけることができるかもしれません。

住所:

 

 オーダーメイドでのアオザイの作り方は?

なんどもお伝えしていますが、アオザイは「サイズ感命」の衣装です。体にフィットしたアオザイこそ美しく、アオザイらしいと言えるでしょう。フィットしたアオザイを着るには、体のサイズを細かく測って作るオーダーメイドがおすすめです。ここでは、オーダーメイドでのアオザイの作り方をご紹介します。

 

 アオザイのオーダーメイドの手順

アオザイをオーダーメイドで作る場合、以下のような手順になります。

 

1. 生地選び

アオザイで使われる生地は、シルク、レース、綿、シフォン、コットンなど様々ですし、使われる色も千差万別です。「生地選びに2時間かかってしまった!」という人がいるぐらい、アオザイの生地選びはこだわるべきポイントが多いのが特徴です。

生地だけ市場などで購入し、仕立ては別のお店にお願いするということも可能です。できるだけ豊富な生地の中から、お気に入りの一つを選びましょう。仮に、上着とズボンを別の色で作る場合は、生地を2種類購入する必要があります。

 

2. デザイン決め・採寸

アオザイには、襟の有無、袖の有無、前垂れの長さなど複数のデザインがあります。あまり伝統のアオザイデザインに縛られることはないと思うので、好みで選んでいきましょう。また、これでもか!ってぐらい身体の隅々を10箇所以上採寸します。さすが、シルエットが重要なアオザイだけあります。

 

3. 仕立て

最後に仕立てです。完成までに1〜2日かかるケースがほとんどなので、旅行でいらっしゃっている方は旅行の初めの方でアオザイをオーダーしておきましょう。

 

4. 受け取り・試着

1〜2日待つといよいよあなただけのオーダーメイドアオザイが完成です!受け取り時には必ずその場で試着し、手直しが必要ないかどうか確認しましょう。細かなことでも手直しにはすぐに応じてくれます。例えば、「袖を短くする」程度であれば1時間程度で対応してくれる場合がほとんどです。

 

 アオザイのオーダーメイドの価格は?

オーダーメイドといっても、高いもので20,000円、安いもので4,000円程度から作ることができます。お手軽価格なので、ベトナム旅行の思い出にアオザイをオーダーメイドで作ってみてはいかがでしょうか?

 

 ホーチミンのおすすめアオザイオーダーメイド店!

こちらでは、ホーチミンのおすすめアオザイオーダーメイド店をご紹介します。

 

日本語可能な嬉しいお店!Usagi(うさぎ)

(画像元:Tripadvisor

日本人向けのアオザイのオーダーメイド店です。アオザイのレンタルも可能です。ホーチミン市中心部のドンコイ通り周辺にあるので、ドンコイ(Dong Khoi)通りやトン ドゥック タン(Ton Duc Thang)通りのホテルにお泊まりの方には、便利な場所にあります。

オーナーのベトナム人も日本語が堪能で、その他のベトナム人も流暢な日本語を話せるので安心です。ここの嬉しいところは、仮に帰国日時までに作るのが間に合わない場合は、後日に日本まで郵送対応してくれることです。帰国当日になってアオザイを作りたくなってきたみたいなこともあると思うので安心ですね。

アオザイをオーダーメイドする場合、生地にもよりますが5,000円からです。ちなみに、ワンピースやスーツなどのオーダーメイド可能で、ワンピースであれば3,500円からオーダー可能です。お手頃ですね!

住所:17 Phan Văn Đạt, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

 

日本人オーナーのハイセンスなお店!Flame Tree By Zakka(フレームツリー バイ ザッカ)

(画像元:Tripadvisor

オーナーが日本人で、日本人の感性で選ばれたセンスある生地がたくさんおいてある、ホーチミン在住の日本人からも人気のオーダーメイド店です。REX Hotel(レックスホテル)というNguyen Hue沿いにある5つ星ホテルに入っているスターバックスの正面にあります。

スタッフは日本語を流暢に話せますし、日本人のオーナーの方がお店にいらっしゃる場合もあり安心してオーダーが可能です。シルク、コットンなど複数のセンスある生地を置いており、好みの生地に合わせてアオザイのオーダーメイドが可能です。

値段は、生地含めた場合3,000,000VND(15,000円)〜です。この後ご紹介するタンディン市場などで生地を選んできて仕立てだけお願いすることも可能です。仕上がりの質の高さとスピードに定評があり、少し値段が張ってもしっかりした良いものを作りたい方におすすめです。うさぎ同様、ワンピースやシャツ、そしてなんとバッグ/小物入れをオーダメイドで作ることも可能です。

住所: 73 Pasteur, Bến Nghé, Quận 1, Bến Nghé

 

ホーチミン有数の布市場!Cho Tan Dinh(タンディン市場)

(画像元:Kenh 14

タンディン市場は、ホーチミン市内でも有数の布市場で、ホーチミン市中心部1区から車で10分程度の便利な場所にあります。なんと、ピンクの教会として有名なタンディン教会の目の前にあります。タンディン市場には無数の布が売られているため、アオザイの生地となる布を調達しやすい場所です。

タンディン市場の生地の相場は、縦に1mあたり60,000~200,000VND(約300〜10,000円)です。店員さんに「Ao Dai(アオザイ/アオヤイ)」と伝えましょう。するとアオザイ作りに必要な分量を理解してくれます。

アオザイ1着には400,000~1,500,000VND分の生地(布)を買わないといけないと言われているので、ある程度の相場を理解しておきましょう。安い布はシンプルなデザインのものが多く、高い布ほど独自性がある刺繍に凝ったデザインが多いです。

タンディン市場でアオザイの仕立てを頼むことができますが、質やスピードが前にあげた2店舗と比べると落ちる可能性が高いと思います。タンディン市場では布だけを買い、仕立ては前に紹介した2店舗のようなテーラーにお願いすることも可能です。布だけ買う場合、採寸しようとしてきたら、ジェスチャーで持って帰るという仕草をすれば伝わります。

 

 ハノイのおすすめアオザイオーダーメイド店!

「Mỹ Vinh(マイ ビン)」(画像元:Facebook

ハノイは、日本語対応可能な便利なオーダーメイド店はホーチミンほどありません。Mỹ Vinh(マイ ビン)は、英語も通じないベトナムローカル店舗ですが、アオザイ専門店なので言葉が通じなくても、ジェスチャー等だけでしっかりとしたアオザイを作れるお店です。

店内には豊富なアオザイ用の生地が置いてあり、400,000~1,500,000VNDの間で生地を選び、それにプラスして仕立て料がかかります。

アオザイレンタルも1,000円前後でできるので、近くにお泊まりの場合はいってみてください。

住所: 59 Cầu Gỗ, Hàng Bạc, Hoàn Kiếm, Hà Nội

 

 ダナン/ホイアンのおすすめアオザイオーダーメイド店!

ダナンには生地を多く置いているハン市場などがありますが、外国人向けの専門のアオザイオーダーのお店は多くありません。そのため、少し足を伸ばしてホイアンで作られることをお勧めします。

そんなホイアンでおすすめなのが、生地が豊富なホイアンの名店BEBE Tailor(ビービー テラー)です。

(画像元:BEBE Tailor

BEBE Tailor(ビービー テラー)、はホイアンに3店舗を展開する高級店です。高級な良い生地がたくさん置いてあり、仕立ての質も高く、満足度が高い良いアオザイを作りたい方には最適なお店だと思います。ワンピース、スーツ、シャツなど様々な服をオーダーすることもでき、どれを作っても質が高く満足ができる仕上がりになるでしょう。

ただし、値段はアオザイで3,000,000~6,000,000VND(15,000~30,000円)ぐらいで他の周りの店舗と比べると少し割高でしょう。安心と便利を買うみたいなところかもしれませんが、少し値段がはっても良い方はご利用ください。

 まとめ

アオザイを作るのも、アオザイをレンタルするのも難しくありませんし、そこまで高額ではありません。

ベトナムに旅行でいらっしゃった際は、アオザイを着てベトナムの街を歩いてみましょう。アオザイ姿は映えるので素敵な写真を撮れますし、とても良い思い出になると思います。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。