ベトナムの営業求人特集|ベトナムでの営業の魅力とは?

ベトナム勤務求人で最も多いのが営業の求人。その理由は、お客様が日本人なので、日本人が営業するのが適しているから。
「営業って難しそう…ノルマが厳しそう…」そんなイメージをお持ちの方も多いようですが、ベトナムでの営業は、日本で営業するより断然やりやすくて初心者でもチャンレンジ可能です。
本記事ではベトナムでの営業のイメージが持てるよう、魅力と注意点をお伝えし、具体的な求人をご紹介します!

ベトナムでの営業として働く魅力

ベトナムで営業として働くことは、日本で働くことと比較をして、どのような魅力があるのでしょうか?ベトナムで営業の魅力は下記のようなものがあります。

 重役と面会できる

ベトナムで法人営業をする場合、アプローチする対象は、現地法人の社長や副社長レベルの経営層がほとんどです。日本での営業は、各事業部の担当者であることが多いですよね。ベトナムにおいては、ダイレクトに経営層の人とビジネスの話ができる点が大きな魅力です。まだ、法人設立から間もない企業も多くあるため、場合によっては今後のベトナム法人の経営に関わるような仕事ができることもあります。

 裁量が大きい

大手企業のベトナム現地法人であっても、通常数名の営業で組織を回しています。自身のパフォーマンスが、ベトナム法人の売上を左右する環境に身を置くことになるため、日本の大規模組織で歯車の1つとして働くのではなく、「自分が会社の一員!」であることを感じながら働くことができます。また、組織がコンパクトな分、システマチックな部分が少なく、自由度高く働ける傾向にあります。プロセスに対する自由度が高いので、自分の考えを反映させながら、独自のやり方で働けることが多いのが特徴です。

 新興国ならではのダイナミックさを実感できる

目下経済発展中のため、ベトナムにはあらゆる業界に大きなビジネスチャンスがあります。日本ではなんとか前年の売り上げをキープするのが精一杯の業界であっても、ベトナムでは大きく成長をしている企業も珍しくありません。また、モノやサービスの売り方や売り先自体も変わってくる場合もありますので、市場の大きな変化にいかに対応をしていく能力を身に付けることができます。

 

ベトナムの営業求人、応募時の要チェックポイント

営業求人は数多くあり、どこに着目して応募求人を選ぶべきなのでしょうか。大きく以下の4点に着目し、求人の特徴や違いを整理してみましょう。

 扱う商材のベトナムでの将来性

外国から様々なモノが入ってきて、ベトナムでの生活は随分便利になりました。しかし、コンシューマー製品においては、生活必需品ではないものの、「消費者があったらいいなと思う製品」がまだまだベトナムでは入手しにくい状況です。そういった「生活にあったらいいな」という+@的な製品・サービスを扱う場合、ベトナムは非常に魅力的なマーケットと言えそうです。
また、ベトナムは製造業が盛んな国と言われる一方で、裾野産業が未熟と言われており、製造する部品や素材などを近隣諸国からの輸入に依存しています。その観点で言えば物流や商社なども面白みがあるでしょう。そして、ベトナムでは「日本」がモノでもサービスにおいても、1つのブランドとして確立されています。「日本的」なモノやサービスを取り扱う企業も将来性がありそうです。

 営業先は誰か、語学能力はどのくらい必要か

営業先はどういう業種なのか、法人なのか個人なのか、チェックしておきましょう。ある程度営業先の業態が分かれば、どういうタイプの人を相手に営業するのかがイメージできます。また、法人営業であれば週末に対応することは少なめですが、個人向けの営業職であれば、週末に対応することもあります。そして、外資系担当なのか日系担当なのか、海外営業なのか国内営業なのかによって、求められる語学力は異なりますし、時差を意識しないといけないのかなども変わってきます。営業先がどういう相手なのかを知ることで、どういうところに気をつけて働く必要があるのかが見えてきます。

 新規、既存顧客の割合はどのくらいか

新規開拓営業か、ルート営業か、営業としてのメインミッションが何になるか、確認しましょう。実際は新規開拓も、ルート営業の両方を行うことが多いですが、会社がどちらに重点を置いているのかはチェックしておきましょう。

 入社した後のトレーニングについて

入社後のトレーニングは、基本どこの会社もOJT(On the Job Training)になります。OJTとは実際の職場で実務を通じて行われるトレーニングのことです。日本の新入社員向け集合研修のように、座学で何かを教わることはほぼありません。そのため、OJTの指導役になる人とはかなり密に関わります。応募前或いは選考を通じて、誰がOJTの指導役になるのか、チェックしておくと良いでしょう。

 

ベトナムの営業求人情報

 企業研修・育成制度の営業

  仕事内容企業研修・育成制度の営業
  応募資格【必須】
 ・大卒
 ・英語力:社内コミュニケーションレベル
 ・無形商材の営業経験
  ※男性優遇!
  勤務地ベトナム(ホーチミン)
  月給1,500~2,000USD
  求人番号N4706

※求人を詳しく見る

 日系物流企業での法人営業

  仕事内容差別化ポイントを有する日系物流企業での法人営業
  応募資格【必須】
 ・大卒
 ・英語力:コミュニケーションレベル
 ・体力に自信のある方(日帰り出張も多いため)
  勤務地ベトナム北部
  月給1,500~2,000USD
  求人番号N4698 

※求人を詳しく見る

 外資系商社での営業

  仕事内容外資系商社での営業
  応募資格【必須】
 ・大卒
 ・英語力:コミュニケーションレベル
 ・最低でも5年はベトナムでキャリアを積む予定がある方
 ・28~35歳の方は営業経験必須
  ※27歳以下は営業経験不問
  勤務地 ベトナム(ホーチミン)
  月給2,000~2,500USD
  求人番号  N814

※求人を詳しく見る

 商社での法人営業

  仕事内容商社のエアコン販売チームでの法人営業
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・ベトナム語を学習する意欲
 ※40歳以下の方を募集中。
  勤務地 ベトナム(ハノイ)
  月給1,500~3,000USD(約16〜33万円)
  求人番号  N4708

※求人を詳しく見る

 新規開拓なしのルート営業(将来の幹部候補!)

  仕事内容ルート営業+人事管理
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・英語力:日常会話レベル
 ・社会人経験
 ・ものづくりへの興味
  勤務地 ベトナム(ハノイ)
  月給1,500~2,000USD(約17〜22万円)
  求人番号  N4693

※求人を詳しく見る

 日系大手通信会社での法人営業

  仕事内容日系企業向け通信の営業
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・3年以上の社会人経験(業界不問)
 ・英語力:日常会話レベル以上
 ※IT業界の経験者優遇
  勤務地 ベトナム(ホーチミン)
  月給1,500~2,000USD (約17〜22万円)
  求人番号  N4640

※求人を詳しく見る

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽アジア就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。