242 Views

採用ニーズが急増中!ベトナムでの日本語教師の求人特集!

ベトナムは親日の国だ、と言われるように、ハノイやホーチミンの街を歩くと日本語で話しかけてくれるベトナム人が多くいます。また日本においても、居酒屋やコンビニに行くとベトナム人が働いているケースが増えました。

それもそのはず。ここ数年、ベトナムでは日本語はとても注目されており、日本語教育を受けているベトナム人の数も増え続けています。それに伴い、ベトナムにおける日本語教師の求人も増えており、日本語教師として働きたい方にとってベトナムはチャンス溢れる国になってきました。

今回の特集では、ベトナムで日本語教育熱が高い理由や、どのような種類の日本語教師の求人があるのかをご説明します。

 ベトナムと日本語教育の関係性

ベトナムにおいては、日本語教育熱は高まるばかりです。日本人が意外と知らない、ベトナムの日本語教育にまつわる情報をチェックしていきましょう。

 

 日本に在留するベトナム人が急増中

日本に在留する外国人を国・地域別で見ると、ベトナムは中国、韓国、フィリピンに次いで、なんと4位!2017年末の法務省の統計によると、中国人が90.1万人、韓国人が54.8万人、そしてベトナム人は26.7万人で、前年比で3割近く増えています。

日本に新しく在留する人が増加しているということは、日本語教育を受けている人数も増加していることになるので、それだけベトナムにおいて日本語教師への需要が増え、日本語教師の求人が増えています。

 

 日本語能力試験受験者、東南アジアNo.1

日本語能力試験(通称JLPT)は、日本語を母語としない人の日本語能力を測るために創設された試験です。ベトナムは、東南アジアの中で、最も受験者数が多いとされています(日本での受験者数は含みません)。

日本語能力試験を受ける方は、当然日本語を勉強したうえで試験を受けているため、その分ベトナムにおいて日本語教師の需要が高いと言えます。

 

 小学校で日本語が第一外国語に

一部のベトナムの小学校において、公式な授業として日本語教育が導入されています。実は既に2003年からベトナムの中学校では日本語教育が導入されていました。しかし、小学校での日本語教育の導入は、東南アジア初の試みで、今後ますますベトナムでの日本語教育の需要は高まり、ベトナムにおける日本語教師の活躍の場は広がるでしょう。

 

 ベトナムにおける日本語教師の求人種別

日本語教師と一口に言っても、その対象者やどういう形態の組織で働くかにより、求人の求められるレベルや就業時間帯などは様々です。ここでは代表的な日本語教師の求人の事例をご紹介します。

 

 ベトナム現地の日本語学校での日本語教師

日本留学を目指す学生や、ベトナム国内で日系企業に就職/転職したい人向けに、ベトナム現地の日本語学校で日本語を教える求人です。日本語学校によっては、日本語教師を企業に派遣をしているところもあり、日本語教師が企業に出向いてアフター5などに日本語を教えることもあります。

ベトナム現地の日本語学校では、初級をベトナム人の日本語教師が担当し、中級〜上級レベルの方に対して日本人の日本語教師が教えるケースが一般的です。

 

 実習生送出機関での日本語教師

実習生の送出機関で日本語を教える求人です。送出機関はベトナム系企業のみ事業ライセンスの取得が認められているため、必然的に雇用元はベトナム資本の企業になります。(資本はベトナム系でも、実際は日本人がオーナーシップを持っているケースもあります)

実習生送出機関では、6ヶ月間などの一定期間で、日本語レベル初級のベトナム人に対して日本語教育を集中しておこなう必要があります。日本人の日本語教師は、ベトナム人の日本語教師と協力して授業にあたるケースがほとんどです。文法はベトナム人の日本語教師が担当し、日本語の発音や日本での生活マナーは日本人の日本語教師が教えるケースが多くなります。

 

 企業内での日本語教師

こちらは上記の2つに比べ少し稀な求人ですが、事業会社で日本語教師として雇用され、自社社員に対して日本語教育を行うケースです。つまり教える相手は同僚になるため、授業はフラットな環境で進めやすいことが多いです。

その他、数は少ないものの、大学での日本語教師や、初等教育での日本語教師、ベトナム人小学生向けの学習塾での日本語教師のニーズも出てきています。

 

 ベトナムで日本語教師として働くには?

ベトナムで日本語教師として働くには、基本的に資格を保有していることが重要です。ちなみに、資格とは「日本語教師養成講座420時間修了」「日本語教育能力検定試験合格」「大学の日本語教育関連課程修了」のいずれかに該当することを言います。

日本語教師としての資格だけでなく、日本語教師としての実務経験が求められる求人もあります。そのため、日本語教師の資格があり実務経験がある方は、多くの日本語教師の求人に応募可能です。

また、稀に日本語教師の資格すら必要がない求人があります。とても稀なので、日本語教師としての資格・経験がない中でチャレンジしたい方は、この求人のチャンスを逃すことなくご応募ください。

 

 ベトナムにおける日本語教師の求人情報

では、実際のベトナムにおける日本語教師の求人を見てみましょう。

 

 大手学習塾での日本語教師

  仕事内容ベトナム人学生、社会人への日本語教育
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・日本語教師養成講座420時間修了 又は 日本語教育能力検定試験合格
  ※日本語教育の実務経験者優遇。
  勤務地 ベトナム(ハノイ)
  月給1,100~1,200USD(約12〜13万円)
  求人番号N900

※詳しくはこちら

 

 実習生送り出し機関での日本語教師

  仕事内容実習生送出機関での日本語教育
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・日本語教師養成講座420時間修了 又は 日本語教育能力検定試験合格
  ※日本語教育の実務経験者優遇。
  勤務地ベトナム(ハノイ)
  月給1,000~1,300USD(約11〜14万円)+社員寮無料提供
  求人番号N660

※詳しくはこちら

 

 ハノイの一流大学での日本語教師

  仕事内容ハノイの一流大学での日本語教育
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・以下のいずれかに該当している方
  1)日本語教師養成講座420時間修了
  2)日本語教育能力検定試験合格
  3)大学で主専攻或いは副専攻の日本語教育科目を履修し卒業していること
   ※日本語教育の実務経験者優遇
  勤務地ベトナム(ハノイ)
  月給1,500~3,000USD(約17〜33万円)
  求人番号N4309

※詳しくはこちら

 

 資格・経験不要の日本語教師

  仕事内容実習生の送出機関での日本語教育
  応募資格【必須】
 ・教育への熱いパッション
 ※25~55歳の方を募集中
  勤務地ベトナム(ハノイ)
  月給1,000~1,700USD(約11〜18万円) ※経験者でMAX1,700USD
  求人番号N4691

※詳しくはこちら

 

 実務経験不要の日本語教師

  仕事内容子供から大人まで幅広い層への日本語教育
  応募資格【必須】
 ・短大以上
 ・下記いずれかを満たしていること。
  1日本語教師養成講座 420 時間コース 
  2日本語教育能力検定試験
  3大学日本語教育課程
 ※23~55歳の方を募集中
  勤務地ベトナム(ホーチミン)
  月給1,200~1,800USD(約13〜19万円) 
  求人番号N911

※詳しくはこちら

 

 介護実習生への日本語教育

  仕事内容介護実習生への日本語教育
  応募資格【必須】
 ・大卒以上
 ・下記いずれかを満たしていること。
   1日本語教師養成講座 420 時間コース 
   2日本語教育能力検定試験
   3大学日本語教育課程
 ・日本語教育の指導経験
 ※25~40歳の方を募集中
  勤務地ベトナム(ハノイ)
  月給1,000~1,600USD(約11〜17万円) 
  求人番号N771

※詳しくはこちら

 

 ベトナムで実際に働く日本語教師にインタビュー

日本語教師として、実際にベトナムで働いている方々にインタビューをしています。こちらの記事をお読みいただくことで、ベトナムで日本語教師として働くイメージをお持ちいただきやすいと思います。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽アジア就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。