ベトナムの労働法について気になるポイントを徹底解説!

ベトナム就職・転職を果たしベトナムで働くとなると、ベトナムでのお休みや残業などの労働環境は気になるところ。ベトナムでは、休日・有給はどのくらいあるのか、ベトナムでは残業はどのくらいあるのか、ベトナムでは残業した場合には残業代は支払われるのか、など気になるポイントはたくさんあると思います。そこで、今回はベトナムの労働法について解説していきます。

 ベトナム労働法における休日について

ベトナムでの休日については、ベトナムの労働法でどのように定めてあるのでしょうか。ここでは普段の休日、祝日、有給に分けて解説をしていきます。

 

 ベトナムの休日は週休1日?2日?

休日については最低でも、週1日(24時間)の休憩を与えなければいけないとベトナムの労働法に規定されています。

サービス業や建設業などでのシフト勤務等により固定の週休が取得出来ない特別な場合でも、月平均で少なくとも4日の休息の取得が労働法で保証されます。ベトナムの労働法には定めはありませんが、ベトナム政府は週休2日を推奨しており、市内の多くの企業で週休2日を取り入れ始めています。ベトナムで求人を探すときは、週休1日なのか週休2日なのかは注意深く確認した方が良いと思います。

 

 ベトナム祝日はどのくらいあるの?

ベトナムでの祝日の年間日数は日本と比べると、とても少ないです。ベトナムの祝日は合計で年11日程度です。(旧正月の休みは毎年若干変動があります。)

日本では年間17日もの祝日があるのと比較するとどれだけ少ないかがわかると思います。また、日本ではお盆時期や年末年始は祝日ではありませんが休暇を与えられるケースがほとんどですので、祝日の日数の差以上にベトナムはお休みは少ないことになります。

 

1月1日新年
2月中旬(5日前後)旧正月(テト休暇)
4月25日雄王記念日
4月30日南部ベトナム解放記念日
5月1日メーデー
9月2日建国記念日

日本だと土曜日が祝日と重なっても振替休日はありませんが、ベトナムの場合、土曜日を週休に設定している企業では日曜だけでなく、土曜と祝日が重なった場合でも振替休日が発生します。ベトナムでは政府が毎年、翌年の祝日・休日日程を発表します。それまで祝日がいつになるのか確定していません。

 

 ベトナムでは有給休暇はどのくらいあるの?

ベトナムでは、労働法で有給休暇は年に12日と定められています。12 ヶ月勤務したのち年12日。5年毎に1日増加するとベトナム労働法上定められていますが、多くの企業では初年度から正規雇用1ヶ月毎に1日の有給休暇を付与しています。

日本では正規雇用から6年6ヶ月経過をすると有給休暇が年間20日与えられる規定となっているため、日数を比較するとベトナムの方が少ないことになります。ただし、日本は有給休暇取得率が世界でワーストクラスと言われるほど低い状況にあります。一方、ベトナム人は基本的に与えられた有給休暇は全て使うことが前提に考えています。日本のように有給休暇取得を躊躇するような風潮もないため、実際に消化している有給休暇日数ではベトナムの方が多いかもしれません。

 

 

 ベトナム労働法における労働時間について

休日に続いて、ベトナムの労働時間を解説していきます。世界的に見て、日本人の労働時間は長いと言われていますが、ベトナムはどうなのでしょうか。ベトナムの労働法をみてみましょう。

 

 ベトナムの労働時間(勤務時間)

労働時間(勤務時間)はベトナムの労働法上で、1日あたり8時間、1週あたり48時間と定められています。ただし、週間労働時間を48時間越えない場合は、1日10時間まで労働時間を設定することが出来ます。

労働時間については各企業ごとに定めていますが、8:00始業 / 17:00終業というケースが一般的です。工場でのお仕事の場合は土曜日も含めた週6日勤務が一般的で、工場によっては隔週でお休みがあったり、土曜日は午前中のみの勤務だったりします。

 

 ベトナムでは残業(時間外労働)はどのくらいするの?

ベトナムでは、残業(時間外労働)は1日の通常勤務時間の50%を超えてはならず、1日8時間契約なら4時間を超える時間外労働はベトナムの労働法上で認められません。

実際もその時間を超えて残業(時間外労働)をしているケースは稀です。一般的にベトナム人は日本人と比較をすると、残業を好まない傾向にあります。就業時間にほぼ全スタッフが帰社をする会社も珍しくなく、19 – 20時まで残業をするケースは稀です。日本では残業が多い会社のベトナム法人でさえも、残業は1日1-2時間ということもあります。ベトナムでは、残業に関する労働法はきちんと守られているように感じます。

 

 ベトナムでの休憩時間は?

8時間、又は6時間連続で勤務する被雇用者は、労働時間(勤務時間)として計算される、少なくとも30分の休憩を取ることができるとベトナムの労働法に規定されています。

深夜労働の場合、被雇用者は勤務時間として計算される、少なくとも45分の休憩を取ることができます。一般的に、お昼休憩として1時間の休憩を取り入れています。日本であれば、昼食を取ってすぐに仕事を戻るということも多いと思いますが、ベトナムでは休憩時間はしっかりと休むのが一般的です。お昼休憩に仮眠を取る人も多く、オフィスに毛布や枕を常備しているのも珍しくありません。

 

 

ベトナム労働法における残業代・深夜労働の割増率は?

残業が比較的少ないことは解説しましたが、ベトナム労働法における残業代についてはどのなのでしょうか。

 

 ベトナムでの残業(時間外労働)

通常勤務日の残業(時間外労働)の場合は、最低でも150%の賃金を受け取ることが出来ます。ベトナムの労働法に規定があります。平日・休日・祝日または有給休暇日でも割増率は異なり、下記の通りとなっています。

 ベトナムの深夜労働

ベトナムでは、「深夜」とは22 時から翌日の6時と規定されています。深夜労働をした場合、最低でも130%の賃金を受け取ることが出来ると労働法に規定されています。

 

 ベトナムの時間外労働(深夜時22~6時の間)

深夜に時間外労働をした場合、最低でも200%の賃金を受け取ることが出来ると労働法に規定されています。こちらも平日・休日・祝日または有給休暇日で割増率は異なり、下記の通りとなっています。

 

いかがでしたでしょうか。

労働法だけをみると日本の方が労働者に優しい面が多いと思いますが、実際に遵守されているかどうかという点で日本はベトナムに遅れをとっているように思います。

ベトナム就職・転職をお考えの方、またはすでにベトナムで働いている方は、ベトナムの労働法に関しての情報を集めてみると新たな発見があり良いかもしれません。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************

▽ベトナム就職・転職に関する相談はこちら▽
ベトナム就職相談

Jellyfish Agentではベトナム就職・転職サポートを無料で行なっております。
ベトナムの求人・仕事に興味をお持ちの方はお気軽にお申し込みください。

記事一覧