海外就職に向いている人の特徴を解説!あたなは海外就職に向いているかも?

周りの皆と同じように日本で働くのとは違い、踏み出すのに勇気がいる海外就職
自分は本当に海外就職に向いているのだろうか?と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外就職に向いている人の特徴をご紹介します。これに合致していれば、あなたは海外就職に向いています!

 

 海外就職に向いている人の特徴は?

成功した人

1.海外就職に向いている人→自立している人

日本に比べ、情報が限られる海外では自分で情報収集する力は不可欠です。買い物をするにも、何かの手続きをするにも、自分で調べる・自分から誰かに聞くことが必要になります。誰かがやってくれる、誰かが教えてくれるのを待つ訳にはいきません。

海外就職の場合、日系企業の海外支社であっても職場に日本人は少ないことがほとんどです。そのため、先輩が細かく丁寧に教えてくれるのを待つのではなく、自分で考え行動することが必要になります。

また、まだメジャーとはいえない海外就職という選択。
周囲に反対されたり、何かを我慢しなければいけなかったりするとき、強い意志が必要になります。家族や友人がこう言ったから、周りがこうしているからと他責で物事を考える人は必ずどこかで迷いが出ます。そのような人は渡航前に断念したり、早々に退職・帰国してしまったりする可能性が高いでしょう。

逆に、周囲が反対したとしても、自分の強い意志で海外就職を決めることができる人は、海外就職に向いている人と言えます。

 

2.海外就職に向いている人→他者を受容できる人

異文化を理解する、と口で言うのは簡単ですが、海外では日本では考えられない不条理なことに遭遇することがしばしばあります。

納得のいかないことも仕事や生活のためとある程度割り切って受け入れたり、相手の感情や論理を理解しようと努めたりすることのできる人は海外就職、海外で働くのに向いているといえます。

 

3.海外就職に向いている人→語学+αの目的がある人

英語を使って外国人と一緒に仕事をするカッコイイ自分!
に憧れを持つ人も多いかと思います。しかし、いざ海外で働けば、数週間経つとそんな状況は当たり前に。それだけを海外就職のモチベーションにするのは難しくなってきます。

こんなスキルを身に付けたい、こんな事業をやりたい、あるいは趣味のことでもかまいません。英語が上手くなりたい/英語を使って働きたい、+αの目的を持っている人の方が、充実した海外生活を送れる可能性が高く、海外就職に向いていると言えます。

 

 海外就職に向いていない人は?

つまらない仕事

海外就職に向いている人の特徴の反対、ということになります。

1.自立していない人/受け身・他責で考える人

2.他者を受容できない人

このような人はそもそも海外就職で内定がもらえないか、内定はもらえても渡航取り止めや早期退職の可能性が高いといえるでしょう。

最後に、「え、こんな人は大丈夫なの?」と思われそうな特徴をいくつかご紹介します。

 

 海外就職に必要な海外経験、語学力、資格は?

海外留学

1.海外経験がない人は海外就職に向いている?

留学、海外インターン、ワーキングホリデー、バックパック旅行などの海外経験が少ない/ない人でも海外就職は可能です

もちろん、そのような経験があればアピール材料になりますが、なかったとしても、海外勤務を希望する動機・理由をしっかり説明できれば大丈夫です。実際に、海外経験がなくても海外就職を成功させている方々が何人もいます。海外就職に向いているか向いていないかに、海外経験は特に影響がありません。

 

2.英語力に自信がない人は海外就職に向いている?

勤務する国にもよりますが、ベトナムについては日常会話レベルの英語で入社可能な求人が多数あります。

ほとんどの場合、現地スタッフとのやり取りは通訳なしで英語で行われますが、現地スタッフの使う英語もそこまでハイレベルではないことが多いです。

現時点では、ベトナム就職においては英語が流暢であることより、

・なんとか伝えようとする努力や工夫ができること
・入社後も勉強する熱意があること

の方が重要、と考える企業も多くあります。

 

3.これといった資格やスキルがない人も海外就職できる?

日本語教師・美容師・看護師などの資格や、ITエンジニアやデザイナーといったスキルがなくても、海外就職は可能です。

未経験歓迎の営業・接客・事務・IT関連などの仕事があり、むしろ海外でスキルを身に付けることも可能になってきています。

 

※この記事を読んで「自分は海外就職に向いていないのでは…」と思われた方も、あきらめずにまずはご相談ください!

記事一覧