射撃体験もできる!ベトナム戦争の激戦地クチトンネル

ベトナム戦争の激戦地クチで射撃体験

ベトナム戦争から40年。

ホーチミン市内の戦争博物館など、ベトナム戦争の悲惨さを伝える資料館とは一線を画し、ベトナム戦争におけるベトナム人の賢さと独立への強い信念を感じさせるのがクチトンネルです。

現在のホーチミン市北西に位置するクチは自然資源に恵まれた肥沃な土地でした。アメリカ軍は毒ガス、枯葉剤、クラスター爆弾などの最新兵器を使ってこの地を破壊し、サイゴン政権に穴をあけようとしましたが、クチの人々は全長200kmにも及ぶ巨大な地下ネットワーク(通称クチトンネル)を作り上げて生き続け、昔ながらの戦法でついにはアメリカ軍の侵略を許さなかったのです。

そんなベトナム人のクチトンネルを実際に訪れてきました!


ホーチミン市内より外国人向けのクチトンネルツアーが毎日開催されていますが、今回はベトナム人スタッフに連れられてバイクで2時間弱かけて行ってきました!

クチまでの道

ホーチミン市内から北西へとにかくまっすぐ進むとクチの中心地に入ります。(ここまで約1時間)

クチ

さらに進めば進むほどのどかな風景が広がっていき、どこまでも続く青空と、広大なクチの田園風景はここもホーチミン市内だということを忘れさせてくれます。

クチの農作物風景

クチの気候は年中を通して農作物に恵まれていて、中でも肥沃な土地の中で育った牛肉が特に有名です。

私たちも帰りにクチの牛肉に舌鼓をうったのですが、肉厚でしっかり火が通っているのにふわふわしていて絶品でした!

 

そんなクチの風景に癒されながらクチ県内を北に進むことさらに1時間弱。

ようやく入口が見えてきました!

入場料はベトナム人が2万ドン、外国人は9万ドン。(その差の意図はわからずじまい笑)

クチの入口

早速中に入り、まずはクチトンネルについての説明ビデオを聞きます。

クチトンネルビデオ

~以下ビデオより~

クチは水源にも恵まれ年間を通して緑が生い茂る穏やかな土地で、休みになるとベトナム南部の人々はキャンプや林間学校のためにクチにやってきて、思い思いの日々を過ごす、ベトナム南部の避暑地でもありました。

そんな平和な土地を破壊して穴をあけることで、アメリカ軍はサイゴン政権の範囲を広げようとしたのです。

アメリカ軍は12回の突撃で森林や河内を荒らし、最新の兵器を用いて爆撃し破壊しようとしましたが、クチのゲリラたちは落とし穴などの昔ながらの戦法で戦いながら、地下に巨大なトンネルシステムを築いていきました。

若い女の子からお年寄りまで、クチを守るために誰もが戦いました。すべての家屋が戦隊基地であり、すべての農民が兵士だったのです。

そして、どんな爆撃の中でもゲリラが十分に食べて打ち勝てるよう食料を作り続けました。

「ベトコンゲリラはどこにも見えないがどこにでも居る」

とアメリカ兵に言わしめ、アメリカ軍はどんな最新兵器を用いても精巧な地下システムを攻略することができず、ついには負けました。

クチトンネルスコップ

クチの人々はこのような簡素な道具で200kmにも及ぶトンネルシステムを作り上げたそうです。

ベトナム人の賢さと力強さにただただ感動しました。

クチトンネルの様子

さて、クチトンネルへの入口ですが、、、

トンネルへの隠し扉

落ち葉に隠れて全然わかりません!それどころか落ち葉をどけてもわからないほど。

この固い土の下に巨大地下システムが隠れているなんて、、、

クチトンネル体験

小柄なベトナム人でギリギリの入口。しっかりした体つきのアメリカ兵は入ることすらできなかったたそうです。

中はとにかく狭く、身長153cmの私が進むのがやっとなほど。(これでも観光用に穴を広げたんだとか)

クチトンネル救護室

トンネルを抜けるたびに会議室や救護室など様々な部屋が復元されており、地下でのクチの人々の生活が垣間見れます。

酸素が薄く、10m進むのもやっとなトンネルは、少し進んだだけで息も絶え絶えでした。

クラスター爆弾

その他にも、アメリカが使用していたクラスター爆弾や、

落とし穴

クチの人々が作った落とし穴を再現したものなどがあり、アメリカとベトナムで戦い方が全く違うことがよくわかります。

このような落とし穴は命までは奪わないものの、様々な罠をしかけてくる姿の見えない敵との闘いに、アメリカ兵は精神的肉体的苦痛でどんどん疲弊していったそうです。

そして最後に、クチトンネルの一番の目玉!射撃体験!

射撃

お値段は15万ドン(約800円)~とベトナムにしては少々お高めですが、一発一発の迫力をぜひご自身で体験してみてください!

この銃の先をまだ年端のいかない若い女の子たちが人に向けて戦っていたと思うと、改めて平和を願わずにはいられなくなりました。

 

今回私たちは、バイクで向かうという強行突破に出ましたが(笑)、ホーチミン市内から半日パックのクチトンネルツアーは毎日組まれています。

バス+ツアーガイド+入場料で15万ドン(約800円)程度なので、観光で訪れる際にはぜひこちらをオススメします!

水牛の散歩

帰りももちろんバイクでしたが、水牛の散歩に出くわしました(笑)

のどかな自然が広がるクチ、ホーチミンを訪れた際はぜひ行ってみてください!


~この記事を読んだ方にオススメ~

ベトナムの花金どこへ行く?ホーチミンの夜遊びプレイスポットをご紹介!
日中クチトンネルへ行った後は、ホーチミンの夜を楽しみましょう!

行かなきゃ損!ベトナム人なら誰もが知る『サパ』旅行記
ベトナム北部、少数民族が住まう高山地帯サパへも足をのばしてみては?




関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る