ハノイのディープな歩き方 旧市街36番通り

ハノイ36番通りを散策してみた

ベトナムのバックパッカー街といえば「ブイビエン」や「ファングーラオ」と商業都市ホーチミンばかりに注目が集まる。

でもホーチミンと同様にその文化や情景を感じることができ、若者や旅行客で賑わい、常に熱気につつまれている場所が首都ハノイにもあるんです。

その場所は「ハノイ旧市街(別名:ハノイ36番通り)」。
観光スポットとしても有名な36番通りを一日中歩いて、ハノイらしいディープな魅力をお伝えします。

湖のほとりにある憩いの場

 

そもそもハノイ旧市街とは、同地域の観光地としてもっとも有名なホアンキエム湖の北側に位置する一角を指します。

湖畔の静けさと、旧市街特有の雑踏感があいまった不思議な場所であり、昼夜問わず賑わいのある場所です。

ハノイで働くビジネスマンや、世界を旅するバックパッカー達、とにかく外国人が集まる場所です!

アクセス:タクシーにホアンキエム湖というと大抵は広場前まで連れて行ってくれます。

ハノイ旧市街

  旧市街地広場:噴水があり、右側には湖、左側には露店外が広がっている。

 

ホアンキエム湖

広場右手のホアンキエム湖:ホアンキエムとは、還劍(剣を返す)というベトナム語で、

その昔、黎朝の皇帝であった黎利が、湖に住む亀から授かった剣をもって明との戦に勝利し、

湖に浮かぶ小島に剣を奉ったことから名付けられたそう。なんとも歴史深い。。。。

ホアンキエム湖 湖畔

湖を囲む歩道。外国人の姿も目立つ。

111

なぜか筋トレ器具。。。。。。

とにかく何でも売っている

道は迷路のように何本も伸びており、建物の多くは何らかの商売をしている。

服、装飾品、お土産、酒、食べ物、とにかく探せば何でもあります。

初めてだとほぼ確実に迷いますが、そこがまた36番通り散策の醍醐味。

38番通り

通りの外観:見た目はどの道もごちゃごちゃした雰囲気。

ハノイ38通り

そこらじゅうに見受けられるTシャツの数々、「これぞ東南アジア!」って感じです(笑)

ハノイ38番通り3

有名ブランドのカバンやジャケット、シューズも売ってる。もちろん偽物。

この店はノースフェイスのブランド。。。。。。

露店品物3

こちらはベトナムでよく見るお土産。

露店品物4

個人的に一番気に入ったアイテムは「飛び出し絵本」です。

お腹が空いてもよりどりみどり

通りのうちのいくつかはレストラン&飲み屋通りであり、

ベトナム料理に限らずいろいろな食べ物を楽しめます。

 

道端のあちこちにストール(出店)があるので、食べ歩きもできます。おまけに格安。

この日は目に入ったものを片っ端からたべることに(笑)

旧市街 屋台

焼き鳥とウインナー。 パンで挟んでバインミー(ベトナム版サンドイッチ)にもできる。 

露店フード1

トルネードポテト。このような食べ物は他にもたくさんあります。

 その他変わった食べ物

露店フード5

ケバブは人気がある。チリソースとパクチーを挟むのがベトナムスタイル。

露店フード2

おばちゃんそりゃ何の果物だい?

 

行くなら夜もおすすめ

夜のナイトマーケットこそ旧市街のきも。

夜の街を楽しみながらお酒を楽しむことも。

ハノイ38番通り、広場1

会社帰りに飲みに来る人たちなのか、8時ごろから一段とごったがえしてきた。

眺めが良さそうなので、正面の建物に上ってみる。。。。。。

ハノイ旧市街2

屋上レストランから湖と広場が一望できました。 レストラン客のほとんどが西洋系の外国人。

 

ハノイ旧市街1

通りの店の二階はだいたいベランダのレストランバーがあり、雰囲気もよくその日の疲れを癒せます。

 

きれいなホテルもあり、宿泊施設も問題なし

外国人のよく利用するホテルも立ち並び、市街で飲みすぎたなんてことがあっても安心です。

旧市街ホテル

こういった綺麗なホテルがいくつも立ち並ぶ。エントランスに居るのは、やはり外国人が多い。

散策を終えて

それよりも足が疲れました。丸一日歩きましたが、ぼったくりにもあわず、よくスリには気をつけろと言われていただけに思ったよりも安全な所だというのが正直な感想でしたので、ちょっと気が抜けてしまいますね。

ただし、バイクや車の混雑が激しく、よそ見なんてしていたらすぐに事故にあってしまいます。
(
正面からバイクにぶつかりました(笑)

くわえてひったくりの被害もないわけではないので、行かれるときはご注意を!!

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る