海外で働く魅力①~今後の日本経済の予測~

日本で求められる人材になるために”今”海外で働く魅力とは①

海外進出企業の数は例年増加していく中で、今海外で働く魅力とは何か。

この事を今後の日本の経済予測、そこからグローバル化が日本にもたらす影響を通して「今後日本で求められる人材はどのような経験・能力を持つ人なのか」という観点で3回にわたりJellyfishHR代表の中園がお伝えしていきます。


今後の日本の経済予測

今後日本で求められる人材を考える上で、まずは今後の日本経済を予測してみます。

まず、日本は戦後「先進国」としては類を見ないほどの高度経済成長を果たしました。
(日本は、戦前も世界第6位のGDPを誇る先進国でした。戦後に先進国になった訳ではありません。)

この経済成長を遂げる事ができた要因は多々あると思いますが、主要因としては人口激増が挙げられると思います。
戦後60年間で日本の人口は、約7,500万人から約5,000万人も増加しました。
移民をほとんど受け入れていない中で、先進国としてはすさまじい数の人口増加です。

日本の高度経済成長を支えたのは、この人口激増が主要因だったと言えます。
この人口激増の反動が、今から日本を直撃します。

人口激増期に生まれた世代(団塊の世代)の方々が一気に高齢化し、このことが人口の急減少を引き起こします。
日本の人口は、2026年(約10年後)には1億2000万人を切り、2049年(34年後)には1億人を切ります。

日本の経済成長を支えた主要因が人口増加だったとするのであれば、人口減少は日本経済のマイナス成長の主要因になることは明白です。

すでに様々な記事や書籍で、今後日本の人口が減少し経済成長が停滞する事が挙げられていますが、今後のキャリアを考えるうえで大前提として今一度認識する必要があると思います。

東京 夜景

マイナス成長を止めるには・・・

では、日本のマイナス成長を止めるためにどうすれば良いのか。

様々な対策が挙げられると思いますが、その一つに女性の社会進出を促進することにより就業者数を維持するという方法がよく挙げられています。

日本人女性の15歳から64歳までの就業率は、先進国平均の68%を下回る65%です。
日本人男性の就業率の85%と比較するとかなり低い水準です。

これだけを見ると、日本人女性の就業率はテコ入れをしやすい印象を受けます。

ただ、女性の就業率をあげる上で大きな課題がいくつもあります。

その一つは、現在の日本人女性の4人に一人は高齢者(65歳以上)であるということです。

2035年には、3人に一人が高齢者になります。そして、女性の平均年齢が50歳を超えると言われています。

つまり、女性の人口の多くが高齢者、または50歳以上になるため、女性の高齢者の就業率を上げなければ、日本経済のマイナス成長を止めるほどのインパクトを期待することは難しいと言わざるおえません。

また、仮に女性の就業率が上がった場合、男性の就業率が低下すると言われています。

さらに、今の日本社会では様々な問題があり、女性の就業率増加が出生率の更なる低下を招くことも懸念されています。

これらの理由で、女性の社会進出を促進することが、日本のマイナス成長を止める根本の解決になりにくいことが分かると思います。

working woman

それでは、日本のマイナス成長を止めるために今後どのような対策が考えられるのか。
これについてはグローバル化が日本にもたらす影響と共に、次回の記事でお伝えしたいと思います。

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る