初めての一人海外生活 〜インターンシップを決めた理由編〜

ベトナムインターンシップを決意した理由

こんにちは!!

Jellyfish HRでインターンシップをしている久木田愛奈です。
ホーチミン生活もあっという間に一ヶ月が経とうとしています。

前回の記事ではベトナム生活で自分が気づいたことを書きましたが、
今回の記事では私が休学してここベトナムのJellyfish HRで
インターンシップをする理由を紹介します。

休学をしたきっかけは?

 

東南アジアを自分自身で感じたかったから

高校生の時から国際関係に興味があり、大学に入ってから特に東アジア地域に興味がわくようになったんです。イメージしやすい単語で言うと、例えばASEANやASEAN+3、自由貿易協定(FTA) などが挙げられます。
東アジア地域の経済問題、政治問題を学べば学ぶほど、今注目されているこの地域を自分で行って感じてみたいと思っていました。

成長して戻ってくる姿にとても惹かれたから

これはあくまで体感ですが、APUは他の大学に比べて休学する人が多いように感じます。

その休学理由は様々で、語学留学、ワーホリ、海外インターンシップ、世界一周などなど。。。
アフリカでの服飾関連のビジネスで行く強者もいます。

その中でも私は語学留学に行く人をよく目にしていました。
だから私もここだけの話ですが、、、海外で特にしたいこともないのに「留学が格好いい」、「自分も1年アメリカやカナダに行ったら英語を話せるようになるかも」などという理由で休学しようとしていました(笑)

それでも3年間の学生生活でいろいろな人と関わって話を聞いていくにつれて、考え方が変わってきたんです!
その人たちの体験談を聞くと、休学中の過ごし方には様々なケースがありました。行く目的を持って、それをやり遂げて帰ってくる人たちを見て、休学するならもっと自分のしたいことを明確にしてからにしようと考え直しました。

でも思いつきで休学したとしても、それが思わぬ方向に進み、結果として納得のいく休学生活になる人もいます。
だから、その人の行動力とかによっても状況は大きく変わると思うので、明確な目的がなくとも自分自身でその都度考えを改めれば、自分の納得のいく結果につながるんじゃないでしょうか。

大学生活は小中高時代とは違い、自分で選択できる機会が多くあります。
繰り返しになりますが、自分次第で充実した学生生活を築き上げる事ができると思いました!
授業もサークルも楽しいけれど、学校の外にでて挑戦している人たちは本当に輝いていて今でも影響されています。

久木田さん 大学時代

 

外国人留学生の現状に疑問を感じたから

私の感じた疑問とは、外国人の友達は日本人より勉強をしているのに(日本語の勉強以外にも自分の授業の勉強など)日本で就活をしている外国人大学生がなかなか思い通りに就職できない。また、ベトナムを始め他国から留学するくらいの能力は十分あるのに留学に来たくても金銭的な問題、不十分な情報によって日本にくることができない状況があることです。

APUは世界中から集まる外国人大学生が全体の約半分を占め、教員も約半数が外国籍という多文化環境のある稀有な学校です。学校でも外国人大学生と会って、彼らが懸命に勉強する姿を見ていました。さらに私は3年間寮に住んで彼らと共同生活をしていたので、学校外での彼らの生活とも接点がありました。

異国の地からはるばるやってきて、勉強も人一倍頑張っている彼らを見ていると、
このような人たちの努力が報われるようなアプローチができたらいいなと考えるようになりました。

このような3つの理由があり、もやもやした気持ちを残したまま就職活動をしたくない!
今動かないともうチャンスはない!と思い休学しようと決意しました!

 

APU

なぜ人材紹介会社でのインターンシップに?

 

自分のスケジュール、自分が果たしたい目的、生活費など全て含めて考えた結果、この場所なら達成できると直感したから、タイには行ったことがあるし、次に興味のあったベトナムにしようと思ったからです。
(周りにベトナムに行ったことがある人が多かったのと、シェアメイトがベトナム人だったから興味がありました)

久木田さんwithルームシェアメイト

 

こんな感じで私は今ここJellyfish HRでインターンシップをしているわけですが、
最後にどうしても伝えたい事があるので言わせてください!

「チャンスがあるならそれは絶対にするべき」

「自分を変えることは自分しかできない」

大学を休学することはリスクがあると良く聞きました。
しかし今こうやって自分で自分の人生を考えて目的を達成しようとすることは
プラスになるだけであって決してマイナスにはならないと確信しています!

もしためらっている人がいるのであれば心配せずに、可能な限り大学生のうちに挑戦したいことに挑戦するべきだと思います。そしてできれば目的、目標を持ってから休学することです。きっとそれを達成したときの自分に出会えたら嬉しいと思います!

休学中の目標をすでに半分は達成できた自分が今は嬉しくてそれがやる気になってます!

そしてもう1つの「自分を変えることは自分しかできない」というのは、
実は同じ会社で働いている社員さんが言ってたことなんです(笑)

今までよく耳にした言葉ですが、海外に一人できてこの言葉を改めて聞くとしっくりきます。
本当にそうだと思いました。
逃げたくなったときにどうするかは自分、帰りたくなったときにどうするかも自分、なにかに挑戦したくて一歩踏み出すのも自分、全部自分で決めることなんです。
そうすると、自分次第で見る世界が変わってくると信じています!

久木田さんwith JellyfishHR社員

私のインターンシップ生活はまだまだ続きますが、もっともっと精進したいと思っています!

それではまた会いましょう!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


~この記事を読んだ方にオススメ~

初めての海外生活 〜気づき編〜

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る