見るだけで博識に!ベトナム紹介番組を5本ご紹介

ベトナムの歴史・文化が理解できる番組知っていますか?

ここ数年注目の国となっているベトナム!しかしベトナムと聞くと思いつくのが、「ベトナム戦争」と「フォー」、そして「パクチー」くらいしか出てこないのではないでしょうか?
現在ベトナムにいらっしゃる日本人もベトナムに来る前は恐らく同じくらいの知識量しかなく、ベトナムがどのような歴史を抱え、現在どのような生活をしているのかあまりわかりませんでした。

ao dai woman with glasses

画像元:Flickr

しかし、ベトナムに来る前からやはりある程度の知識は頭に叩き込みたいと考える人もいると思います。
今回はそのような方に向けて、ベトナムのことがよくわかる動画を4つチョイスしてご紹介致します!


水曜どうでしょう

難易度★☆☆☆☆

実際名前を聞いたことある人も多数いらっしゃるのではないでしょうか?
首都ハノイから最大商業都市のホーチミンまでの1800キロを原付で縦断する番組です。主演は大泉洋さんで、雨にも負けず風にも負けず、ベトナムの道路を原付で運転しながら実況中継されています。
移動の途中、多数のベトナムの都市を巡るので、地理の勉強にもなりますね。

この番組の影響で、ホーチミンからハノイまで原付で移動した2名の日本人ともお会いしたことがありますが、充実感に満たされていたのを覚えています。冒険心と時間があれば彼らのように縦断してみたいものです。

 


世界の果てまでイッテQ! 珍獣ハンターイモトワールドツアーinベトナム

難易度★★☆☆☆

セーラー服にマジックで書いた極太眉毛のお笑い芸人のイモトが世界195ヶ国語を旅しながら収録する番組です。85カ国目としてイモトが実際にベトナムに出向いて現地人と交流しながらベトナムの生の情報を伝えています。
イッテQのメンバーの形に合わせた人形を使った水上人形劇や2匹の蛇を鼻に突っ込む男性との絡みはさすがコメディー番組ではありますが、その一方、世界一1人当たりのバイク量を誇るベトナムの中でバイクに乗ってみたり、昼寝しているベトナム人を邪魔(?)したり、ベトナム伝統武道のボビナムに挑戦してみたりとベトナムを多角的に理解することができます。

 


世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? ベトナム

難易度★★★☆☆

ベトナムの衣食住や観光地について幅広く紹介されているので、全くベトナムのことを知らない人にとっては閲覧しやすい内容です。特にベトナムの料理の特徴や民族衣装のアオザイについて描かれていたり、世界遺産のハロン湾に住む人々(水の上に住んでいます)が描写されていたりとベトナムの魅力を伝えてくれています。

しかし収録が3年ほど前のため、現在の物価と為替レートが異なります。金額面に関しては最新の情報を得るようにしてください!

 


未来世紀ジパング

難易度★★★★☆

今回紹介した中では一番新しい動画で、最近注目されているベトナムのことを個人や企業にフォーカスして紹介しております。
特にベトナム中部最大都市のダナンに出店されたパン屋さんの話や、ベトナム戦争終了時にアメリカに一度避難された越僑の話など、ベトナムのことを多面的に見ることができる番組です。

*越僑とは外国在住のベトナム人のことを意味します。特に、ベトナム戦争中から終結(1975年)までにアメリカを含む国外へ脱出した人々を表すことが多く、ベトナムへの海外送金の金額が世界一高いみたいです。


池上彰の現代史講義 第7回  ベトナム戦争と日本

難易度★★★★★

「そうだったのか○○」シリーズの書籍を出版したり、テレビ番組にも出演したりとかなりの人気の池上彰さん。彼は歩く図書館とも言えるくらい世界中の歴史について詳しく、彼の動画は非常に勉強になります。

彼の生まれ故郷の長野県にある信州大学で実施した講義を映像に残したものであり、学生との対話を設け、まるで自分にも質問されているのではないだろうか、という臨場感のある動画です。
ベトナム戦争がどうして引き起こされたのか、その時日本はどの立場でベトナム戦争に関わったのかがわかりやすく説明されています。

この番組のシリーズではベトナム戦争のみならず、他にも知っているようで知らない近現代史について詳しく解説されているので、時間があれば全て見てみるのも良いかもしれません。

 


全てを閲覧するのは時間が掛かると思うので、コメントを参考に、興味のありそうな番組を探してみてはいかがでしょうか?思ったら即行動!今すぐググってみましょう!

~この記事を読んだ方にオススメ~

現地コンサルタントが語る、ベトナム就職のリアル

基礎学習不要!簡単ベトナム語講座

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る