ベトナムインターンの費用はどのぐらいかかるのか?

  インターンシップ費用@ベトナム

インターン

 

海外インターンシップって不透明な部分が多いんです。「一部の大学生しか経験できないこと」だと思われていてもおかしくないほど情報が少ないのが現状なんですよね。なので今回は実際にベトナムでインターンシップをされている大学生に、渡航から帰国までどのぐらい費用がかかるか聞いてみました。

 

1. 渡航費(往復運賃) : 約4万5000円(4月~)

ベトナム行きの飛行機は約4万円代〜5万円台が相場になっています。もちろん購入する時期によって金額はマチマチですが、キャンペーン便等を狙って購入すれば比較的費用を抑える事ができます。
また最近では、渡航費を負担してくれている企業も増えてきているので免除される可能性もあります。
サマーインターンシップと呼ばれる時期に合わせて多くの大学生や観光客がベトナムに来る事になるので、少し時期をズラしてインターンシップに参加する事をオススメいたします。

2. ビザ : 約1万円

ビザ

日本人がベトナムに15日以上滞在するためにはビザを取る必要が有ります。他にもビジネスビザやツーリストビザなどがありますが、それぞれ期間とシングルorマルチなどにより値段が異なります。パスポートの有効期限にも決まりがあるので気をつけてくださいね!ちなみに大学生にオススメなのはマルチビザです。
シングルはベトナムから出た場合に戻ってこれなくなりますが、マルチビザは自由に出戻り可能です。
しかも、ベトナムの周辺国へは約1万円もあれば訪問することができます海外旅行にも便利なビザなんです。
一部のインターンシップ受け入れ企業ではビザの支給から発行まで代わりにしてくれるところもあります。

<3ヶ月マルチビザに必要なもの>
・パスポート
・90ドル (※大使館だと18000円くらいかかります。)
・申請書
・証明写真

3. 海外保険

大学生のほとんどがクレジットカードに付いている海外保険を利用されているようですが、日本の各損害保険会社でも様々な方に向けたプランがあります。また長期滞在であればベトナム現地の海外保険に加入する事もできます。一つだけ注意点をあげるとすれば日系の病院に行くとかなり高額な料金を請求される事になります。公式な料金ですが、日本の数倍の費用がかかってしまいます。一方ベトナムローカルの病院であれば半額以上でサービスを利用する事ができます。なので事前に調べておいて損はないでしょう。

4.  生活費 :3ヶ月×5万円= 15万円

ベトナムフード
1番気になるのが生活費ですね。ただご心配なくベトナムの物価は驚くほどに安いです。ローカルに限りますが、日本の1/4くらいで食事ができたり買い物ができたりします。大学生なら、1ヶ月約5万円もあれば生活することは容易だと思います。中には1ヶ月3万円程度で生活している大学生もいますよ!
3ヶ月生活しても約15万円程度なので、日本の夏休みやアルバイトなので十分に稼ぐ事ができると思います。

5. 宿泊費:3ヶ月×2万5000円=7万5000円

ベトナム 家

こちらの答えは明確ですが、ホテル暮らしは避け、受け入れ先の企業に用意して貰うのがベストです。
ちなみに不動産を見つけて住む事も出来ますが、相場だと1ヶ月の家賃が2万5000円~3万円です。
またAirbnd(家の貸し借り)等のサービスも普及しているので、貸し手との交渉次第では安くてハイクオリティな場所に3ヶ月の間泊まることも可能かもしれませんね。筆者ならベトナムでインターンシップを予定している他の大学生と事前に繋がり、一緒に部屋を借りたりするのも良いかと思っています。

6. 最後に

海外で働くことやインターンシップをすることは少なくとも費用が発生するのは事実としてありますが、アメリカやニュージーランドと比べると東南アジアでのインターンシップだと遥かにコストを抑える事ができるのも事実なんです。約1/3の費用で同等の経験ができるのであれば、一度検討してみてはどうでしょうか


~この記事を読んだ方にオススメ~

海外インターンシップに参加するメリットとは?

インターンシップといういう新たな風潮

海外インターンシップ多様化へ

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る