新興国ベトナムで働くインターン生日記(Vol.03/仕事編)

弊社のインターンシップ生はどんなお仕事をしているのでしょう?

こんにちは(Xin Chao)!インターン生日記Vol.3です!

前回までは、“来越編(Vol.1)”“驚き編(Vol.2)”を書かせて頂きました。

今回は「インターンでお仕事をするってどんな感じ?」というテーマで
日々のお仕事について書きたいと思います。

ゆずさん

まず、私はJellyfishHRで、
このようなブログやFacebook投稿等のウェブ系のお仕事のほかに、
電話での営業や営業同行、メルマガの編集、
求人データのリサーチと入力や候補者様の日本語チェック等を行っています。

それぞれの仕事内容と学んだことをまとめてみます。

1.ウェブ系のお仕事やメルマガ

この作業では、自分の名前ではなく「企業」として、閲覧している方々に情報を発信するという
ほとんど初めての経験をさせていただいています。

その際大事になるのは、情報の正確性や、人々の興味に沿うテーマを選ぶこと、
そしてよりわかりやすい文章にすること等々。
自分の名前でFacebookやTwitterの投稿をするのとは全く心構えが違います。

また、働く人ニュースという、
ベトナムで働く日本人へのインタビュー記事も書かせて頂いているのですが、
インタビュー記事は当然題材となる人がいて
その人の気持ちを伝えなければいけないので、自分の好きなようには書けません。

しかしながら、海外就職をしている人たちの多様で個性的な考えに触れられるのが刺激的だし、
その人が自分の記事を読んで「ありがとう!」と喜んでくださると、とても嬉しいです。
海外就職者のマインドや経験から学べることが多く、やりがいもあるので、
学生のうちにこのお仕事をさせていただけてとてもありがたいです。

●働く人ニュースは“こちら”

仕事

2.営業関係

営業系の仕事としては、テレアポをさせていただいています。
私はまず社会人と話すことに慣れるというところからのスタートでした。(笑)
面と向かってではなく電話で、そして学生ではなく社会人の方と話すというだけで
なぜかガチガチに緊張してしまい、最初は本当にテレアポが嫌でした。
一件一件、お電話をかけるまですごく時間がかかってしまっていました。

しかし数をこなすごとに段々とその緊張も緩和されてきたと感じるので、
これからは一件一件お電話の内容に関してレベルを上げていきたいと思っています。

3.様々な仕事をこなす中で大切になってくる「スケジューリング」

まずスケジュールを立てることは、
自分がいくつかの仕事を限られた時間でこなすのに役立ちます。
朝一でこれだけ仕事をやろう!と決めた方が、色々うまくいきます。

さらに、そのスケジュールは社員のみなさんと共有しているのですが、
スケジュールを共有していることで、
今自分が忙しいのか忙しくないのかを把握してもらえる、
その結果、仕事を振られすぎて自分の首を絞めるという状況を防げるのです。

私はそんなことを全く考えておらず、
よくスケジュールを空白にしていて怒られましたし、仕事もこなせませんでした。
仕事の間は、自分が今何をしているのか、
これから何をするのかを相手に共有すべきで、
そのほうが自分だけでなくみんなが仕事しやすいのだということを学びました。

スケジューリング

4.メンタル面

仕事を体験していて、学生生活をしていても感じないようなストレスを感じたり、
怒られてへこむような時がたびたびあります。
そんな落ち込んだ気分の時でも「よし!頑張ろう!」と切り替えられるように、
自分で自分のマインドをコントロールする(セルフコントロール)が、とても大切だと思います。

私の経験的に、嫌なことはずっとは続きません。
(良いこともずっと続かないのと同じく)
だから、そのときはなんとか我慢して、継続して頑張ることが
一番自分のためにもなるんだと感じています。

5.インターンシップが終わった後の生活

このように、少しずつ色んな事を学ばせて頂いていますが、
日本に帰ってからもその意識を忘れないようにしたいと考えています。

私はこれまで「バイトしかしたことないから」とか「学生だから」と、
日々の経験を軽んじていましたが、
たぶん学生時代の日々の経験でも学び取れることはたくさんあって、
日々そういう意識で過ごせば、
学生生活やバイトの間でもどんどん成長できると思います。

もちろん、社会に出ないとわからないこともあるのかもしれませんが、
このインターンをさせていただくことで、
これからの学生生活やアルバイトでの意識は確実に変わる、
むしろ変えなければ意味がないと感じています。

ベトナム生活

長くなってしまいましたが、
インターンをしていてこんなことを感じることができました。
おそらく、インターンをしなかったら
今頃私はこのような考えを持つことができなかったと思います。

最後に、こんなことを自分が感じているというのも、
この文章を書いていて気付けたので、
たまに文章にしたりして自分の感じたことを整理するのも、
とても大事だなと思いました。

以上、今回はとっても真面目な話になってしまいましたが、
読んでくださってありがとうございました!

これまでのインターン生日記は以下リンクよりご覧ください♪
●第1弾・・・“来越編(Vol.1)”
●第2弾・・・“驚き編(Vol.2)”

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る