ベトナム語が話せたら有利になることばかり!ベトナム語が話せるメリットとは一体?

ベトナム語が話せたら有利になることばかり!

ベトナム語が話せるメリットとは一体?

たまに経営者層の方々から

「ベトナム語の勉強をどこかのタイミングでやっておけばよかった」
という悩みを聞きます。
それほどまでに、英語や日本語で現地人と話すよりも、
”現地語で会話する”というのは、現地人との距離を縮める行為なのでしょう。

一体、現地語を話せるとどんなメリットがあるのでしょうか?

考える人

 

ベトナム就職には圧倒的有利

日本人がベトナムで働くと、現地人のマネジメントを任されることが多々有ります。
その時ベトナム語を話せる日本人がいるだけでマネジメントの難易度は比較的軽減されます。

それは、冒頭で記載したように現地人との距離を縮める行為であり、
やはり相手からすると嬉しいのだと思います。

逆に、日本にきている外国人が日本語で一生懸命話をしてくれたら、
少々下手でも嬉しくなるのと同じです。

 

飛び込み営業がより簡単に

ベトナムではセキュリティーで日本語を使える人は少数です。
英語だとお互い緊張感を持った状態で、気持ちをうまく伝えられない時があります。
だからこそ、ベトナム語で軽く挨拶プラスαのことを言えるようにすると、
飛び込み営業で会社の中に入れる確率が高くなります

しかし、日本の大手企業となると、セキュリティーはかなり厳しくなりますので、ご注意を。

 

営業

 

友達作りに最適

ベトナム語を話す姿勢を見せるとベトナム人はあなたに興味を持ってくれます。
興味を持たれた暁には、大勢の集まる食事会に誘われたり、いろんな人を紹介してもらったりと、
どんどん友達が増えます。

もちろん日本語しか話せない場合、日本語を勉強したいベトナム人が友達になろうとしてくれます。
ベトナム人は語学に関してかなり熱心なので、日本人も負けてられませんね(横道それました)。

 

楽々ディスカウント

現地語を話せることで得することはあっても、損することはありません。
買い物の時にも値切りやすくなります、本当に。

基本的に高い値段を提示されがちですが、
ベトナム語で「高いよ!」とか「もっと安くして!」
と言えるようになれば、値引き交渉可能です。

買い物でディスカウント

現地語を話せるとバラ色の世界です。
あなたの周りには現地人が集まり、人気者なること間違い無しですね!
高いモチベーションで勉強をしてみてはどうでしょうか?

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る