ベトナム人が最も使うコミュニケーションツールとは?

ベトナム人が最も使うコミュニケーションツールとは?

 

日本で無料メッセージングアプリと言えば、皆さんご存知のLINE”ですよね。

LINEの日本国内のユーザー数は約40%になります。
今年の10月に行われた事業説明会では登録ユーザー数が世界で5億6000万にを突破したと発表されました。

Q.じゃあ、ベトナムでもLINEが流行っているの?

答えはNOです。

では現在ベトナムで最もHOTなメッセージングアプリを紹介します。

■Zalo

ベトナム国内市場では”Zaloが圧倒的だと思われているが、実は日本のある会社が買収しているアプリが互角の戦いを見せているようです……

■VIber

  • イスラエル発のアプリで無料通話やリアルタイムチャットの機能があり、現在日本も含めた27カ国語に対応しています。
  • 2014年2月に9億ドルで日本の楽天に買収されたました。
  • 現在アクティブユーザー(MAU)は2億5000万人に到達しています。
  • フレンドリーなUIで人気を集め、利用する友人が多いという理由で徐々に拡大した様です。
    ちなみにPCでは”Skype”を頻繁に利用するみたいです。
今後も目を離せそうにないメッセージングアプリの激しい戦いはアジアを中心に更に活発になりそうですね!
日本発のメッセージングアプリが未だに現れないのは少し寂しい気もしますが、
市場が盛り上がるにつれてサービスの質も徐々に盛上がる事を期待しています。

~この記事を読んだ方にオススメ~

ベトナム大学生のインターネット事情

必見!ベトナムeコマース市場Q&A

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る