そもそも現地採用ってなに?ベトナムにおける現地採用と駐在員の違いとは

海外就職・転職を考えるにあたってまず押さえておきたいのが「海外駐在」と「現地採用」の違いについて。二つの雇用形態の違い、メリット/デメリットをしっかりと整理してから、海外転職に取り組みましょう!

 ベトナムにおける現地採用と駐在員の定義

海外で働く際、
雇用主が「日本国内にある法人/企業」であれば「海外駐在」、
「現地法人/現地企業」であれば「現地採用」となります。
※海外にある日系企業の子会社やグループ会社は「現地法人/現地企業」に含まれます。

加えて、違いとして挙げられるのが
【待遇】と【自身で選択できること】
です。

海外駐在現地採用
雇用主日本国内にある法人/企業雇用主海外にある現地法人/現地企業
※日系企業の子会社やグループ会社を含む
給 与日本と同じ水準
(+海外赴任手当が支給されることも)
給 与現地の水準
(現地人スタッフより高給与であることが多い)
福利厚生家賃・水道光熱費・海外旅行保険・一時帰国費用等、会社負担の場合がほとんど。
日本の社会保険(健康保険、雇用・労災保険、厚生年金)も継続して加入できることが多い(法律上の扱いによって異なる)。
※現地で医療を受ける際は海外旅行保険を使う。
福利厚生家賃・水道光熱費・海外旅行保険・一時帰国費用等の負担は、会社によって異なる。
日本の社会保険(健康保険、雇用・労災保険、厚生年金)は加入できない。
日本の国民健康保険、国民年金に任意で加入する(自己負担)。
※現地で医療を受ける際は海外旅行保険を使う。
勤務地会社の辞令により決定勤務地転職活動の際に国・都市を自身で選択
海外勤務の開始時期会社の辞令により決定海外勤務の開始時期転職活動の際に自身で選択
仕事内容会社の辞令により決定仕事内容転職活動の際に自身で選択
 その他多くの場合、日本で一定のキャリアを積んでから海外勤務になる。
マネージャー・統括のポジションになることが多い。
その他営業やカスタマーサポート、マネージャー、技術職等、幅広いポジションから選択できる。
業界未経験や経験の浅い若手でもチャレンジできる仕事がある。

 ベトナムで現地採用として働くことのメリット・デメリット

 メリット

 好きなタイミング・勤務地を選べる

駐在員は会社からの辞令を受けて、海外に赴任をしています。逆に言うと、その辞令を受けることができなければ海外で働くことができません。個人が望んだタイミングで辞令が来る可能性はとても低いでしょう。例えば、30歳から海外赴任を希望して、40歳になって海外赴任の辞令を受けた、というようなケースは珍しくないと思います。

それに対して、現地採用ではもちろん自分から応募するので、自分が望むタイミングで海外就職ができます。

また、勤務地を選べるとことも大きな魅力の1つでしょう。例えばニューヨークで働くことと、ホーチミンで働くことは同じ海外であっても全く異なる感覚だと思います。駐在員として赴任をする場合、どの国で働くかという天についてまで希望を聞いてくれる可能性は低いでしょう。

 若くして海外で働ける

若くして海外で働けることも現地採用の大きな魅力です。

多くの場合、駐在員は管理職としてベトナムに赴任をします。実際に一番多い年齢層は40代です。
40代で感じることと20代で感じることは大きく異なります。また、その経験を今後の人生に生かしていくと考えたとき、若い時に経験を積んでおくに越したことはないでしょう。

 任期がない

現地採用者には駐在員のような任期がありません。

本人が希望をすれば長く働くことができます。駐在員の場合、現地での仕事がうまく進んでいる状態ややっとこれから芽が出ていくという状態であっても本社帰任の辞令が出れば、それに従わざるを得ません。

現地採用の場合は自分の仕事に納得がいく、あるいは区切りがつくまで在籍することができます。他の企業に転職をする場合でも、自分の都合がいい時に離職をすることができます。

 デメリット

 待遇が駐在員と比較するとよくない

現地採用者の待遇面はどうしても駐在員と比較をするとよくないことがほとんどです。

駐在員は手厚い海外赴任手当や住居手当を受けていることが多く、倍以上の差が出ることも珍しくありません。しかしそれでもベトナムの物価を考えると生活に困ることは少ないかと思います。

 帰るべき会社が日本にない

様々な志向の方がいますが、現地採用として働いていても、いつかは日本に帰りたいと考える人も少なくないかと思います。

現地採用者が日本に帰る際に日本本社での採用に切り替えてくれることはあまりありません。考え方にもよりますが、日本に帰る際に帰るべき会社が日本にないという状況はストレスになる可能性があります。

ベトナムの現地採用のキャリアアップ

 現地採用としてその企業のトップを目指す

1社で長く働き、その企業のトップを目指すというものです。前述した通り、現地で働く日本人には駐在員と現地採用者がいます。多くの場合、駐在員の方が企業のトップの役職についています。

しかし、現地採用の方がベトナムで長く働き、高いパフォーマンスを発揮できるのであれば、大きな裁量を与えられるケースもあります。駐在員の方は3-5年で帰国をすることが多く、また大きなコストがかかるため、現地採用社に大きな裁量を与えるということもありえます。

 同じ国で転職し、ステップアップを目指す

ベトナム国内で転職をし、ステップアップをするというものです。

ベトナムの現地採用者の退職理由で最も多いのが、現地の生活に馴染めなかったというものです。
いくら発展してきているといえど日本とベトナムの生活面でのギャップはまだ深いため早期リタイアしてしまう人は少なくありません。採用側もその点を理解しています。

また既にベトナムで働いてきた方は独自のコネクションを持っているなど、現地理解度が高いため、日本から初めて来る人よりも優先的に選考に進める可能性が高いです。

日本本社採用を目指す

日本のマーケットが縮小している近年、海外に進出を試みるなどグローバル展開を進める企業が激増しています。

しかし少子高齢化の影響もあり、若手で海外勤務を希望する人材は非常に少なく、多くの企業のグローバル化が遅れている要因は人手不足であると言われています。

新卒をグローバル人材に育成するコストもかかるため、既に海外拠点で現地採用として勤務している人材を本社採用に切り替える会社が増えています。自由度は下がってしまいますが、待遇面の魅力から切り替えを希望する方が大半のようです。

日本で別の企業に転職する

海外勤務経験がある人材を必要としているのは本社のみではありません。
ベトナム支社との窓口、ベトナム人人材の採用・管理など、他企業でも経験を生かせる仕事があります。他の選択肢と比べると、年齢が高い方にはハードルが高いかもしれませんが、ベトナムとの繋がりが深い会社であればチャンスは多くあるでしょう。

 まとめ

一昔前までは日本を出て海外で働くことは駐在員としての一択でしたが、現地採用という新しい雇用の形が生まれ、海外勤務がより身近なものとなってきました。

確かに待遇面は駐在員より劣りますし、世間体が気になる、将来のキャリアパスが不安になど悩むと思います。

しかしいざ一歩踏み出してみれば「思っていたよりずっと良いかも?」と感じる方がほとんどだと思います。実際私の周りにも、数ヶ月で帰国をした人こそいますが、現地採用として働く決意をして行動をしたことに後悔をしている人には会った事がありません。

まだまだ就労ビザの申請が容易な東南アジアですが、今後経済の発展と共に日本人といえど欧米諸国並みに規制が厳しくなる可能性が十分に考えられます。

ただただベトナムが好き、将来的に欧米諸国でバリバリ働くためのステップアップ、東南アジアの熱気を感じてみたいなど、動機は人それぞれ何でも良いと思います。百聞は一見にしかず、行動あるのみですね。

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽アジア就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

記事一覧