ベトナム就職で英語は必要?通じる場所・通じない場所などを解説

ベトナムを含めた海外で就職をしようと考えたときに、英語についてはほとんどの方が気にされるのではないでしょうか。

英語が苦手な方であれば、仕事と生活に英語力がどのくらい必要なのかどうか、
英語が得意な方であれば、英語が現地でどのくらい通じるかは気になるところですね。

この記事ではベトナムでどのくらいの英語力が必要なのか、あるいは英語がどのくらい通じるのかについて解説をしていきます。

 ベトナムでの英語事情

そもそもベトナムでは英語はどのくらい普及をしているものなのでしょうか。
ベトナムの英語事情について解説をします。

 ベトナム人は日本人よりも英語が上手?

スイスに本部を置くグローバル教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF Education First)が2017年に発表した英語力ランキングによると、ベトナムは非英語圏の世界80か国・34位で、日本は世界37位でした。

このランキングは同機関のオンラインテストの結果をもとにランク付けをするものです。

もちろんこのランキングが完全に正しいものではないですが、合計100万人以上のデータをもとにしているものですので、ある程度の信頼性はあるかも知れません。

 ベトナムの大卒者は英語が話せる?

ベトナム人、特に大卒者は英語が話せる人が多いです。
というのも、ベトナム人の大卒者は日系企業も含めた外資系企業へ就職を目指す方が多い傾向にあります。

ベトナム企業と比較をして「給与が高い」「福利厚生が手厚い」「会社の経営が安定している」などの理由によるものです。同業種の同様のポジションでも、場合によっては給与に2倍もの差が出ます。

外資系企業で働く場合、ほとんどの求人で最低限の英語能力は必須となります。
日本では外資系企業であっても英語能力が問われないケースもたくさんありますが、ベトナムでは事情が異なります。

こういった事情もあり、ベトナム人の大卒者には英語を話せる人が日本よりも比較的多くいるという印象を受けます。

 ベトナム人が話す英語の発音

もちろん個人差はありますが、ベトナム人の英語の発音は外国人には聞き取りにくいことが多いと言われています。

具体的には、単語の語尾を読まないような発音をする方が多くいます。
例えば、数字の8を意味する「eight」を「エィ」などと発音する傾向にあります。

数ヶ月間、ベトナムで生活をすればこのような訛りにも対応をできるようになりますが、最初に聞く方からするとほとんど聞き取れないということもあり得ます。

 ベトナム就職に必要な英語力は? 英語を使う3パターン

当然ですが、働く会社・業界・ポジションによって必要な英語能力は異なります。

そこで英語をどの場面で使うかで3パターンに分類をしてみました。

 社内とは英語、社外とは日本語

必要な英語力:日常会話レベル

アジア就職で最も多いパターンがこちらです。日本人が必要とされるポジションの多くは「日本人顧客とローカルスタッフとのブリッジ役」です。

例:日系企業向け営業、日系企業をクライアントとするITプロジェクトマネージャー/ブリッジSE、日系企業をクライアントとするメーカーの生産管理 など

この場合、英語を使う場面は社内のローカルスタッフとのコミュニケーション(連絡、依頼、交渉など)。
以下2点が挙げられます。
・相手もネイティブではない(流暢でなかったり、訛りがきつかったりすることも)
・相手がお客様ではない(正確・フォーマルな表現でなくても、伝わればOK)

この場合、入社時に必要な英語力は日常会話レベルです。
英語スキルの高さよりも、伝える力(ボディランゲージ、絵で説明する、Google翻訳を駆使するなど)の方が重要になる場面もあります。

 社内とも社外とも英語

必要な英語力:ビジネス初級~上級レベル

下記のような職種では、正確・フォーマル・流暢な英語を使う力が求められます。 
・外資系顧客も担当する営業
・秘書、アシスタント(日本人以外とも社外との連絡や交渉が多く発生)

TOEIC 700点以上や、英語を使った業務経験などが応募条件になることがあります。
日系企業や日本語ができないベトナム人とも多くの場面で関わっていくという点で、自分の世界をどんどんと広げていくことができるお仕事ですね。

 社内も社外も日本語

必要な英語力:挨拶レベル

 このパターンは多くはありませんが、以下の場合は語学不問の仕事があります。
・メンバーがほとんど日本人の会社(日系のメディア企業など)
・日本語を話せるローカルスタッフを採用する会社(日系のコンサル企業、不動産企業など)
・日本語通訳が付く仕事(IT・建設・製造などの分野で希少価値の高いスキルを持っている方)

特に、近年日本語学習の人気が高まっているベトナムでは、社内のローカルスタッフの多くが日本語を話せる、という会社も見られます。

 ベトナムで英語が通じる場所

ベトナムでは日本以上に英語が通じる場所と通じない場所が明確に分かれています。
具体的にどのような場所で英語は通じるかについて解説します。

 外資系企業全般

ベトナム系以外の企業では、基本的に仕事では英語を使います。
入社時にも一定以上の英語能力を必須条件としているケースがほとんどです。(工場の労働者は除きます。)

特に都市部において、ベトナム系以外の企業とお仕事をする場合には英語が通じなくて困ることは少ないかと思います。

 市内中心部のレストラン・カフェ

外国人がよく来店をするような市内中心部のレストランやカフェであれば、飲食店でする程度の会話であれば問題なく英語が通じます。

メニューにも英語があるため、注文をするにも問題ないかと思います。
飲食店の場合、店員の方がアルバイトの大学生のことも多いですが、その場合でも問題なく英語が通じます。

 市内のホテル

市内のホテルでは観光客がメインのお客様になるため、英語は当たり前に通じます。
働いている方も毎日、英語を使うような環境であるため、英語力が鍛えられているのかと思います。

中級以上のホテルでなければ通じないかというと、実はそうでもありません。
バックパッカー街の安宿などでも宿泊者が英語話者のことが多いため、英語が通じるケースが多いです。

 ベトナムで英語が通じない場所

では、ベトナムのどこでは英語が通じないのでしょうか。全く会話ができないとなるとパニックになってしまうもの。

せめてどこで英語が通じないか、ということだけは知っておくといいかと思います。

 市外全般

一般的に市内と市外を比較すると英語が通じる場所は明らかに少なくなります。
例えば、同じファーストフードやカフェのチェーン店でも市内中心部と市外では店員の方の英語力は大きく異なります。

ベトナムで生活をするにしても、旅行をするにしても、市内にいる時間が大半になるかと思います。市外にいく際には英語は全く通じない、というくらいに考えた方がいいかもしれません。

 タクシー

これは意外かもしれませんが、基本的にタクシーの運転手は英語が全く通じません。
乗客には観光客を含めた外国人が多くいるはずですが、タクシーの運転手の英語力はとても低いのが現状です。

例えば、目的地までかかる時間を英語で聞いたとしても、理解をできる人はほとんどいないというレベルです。初めてベトナムに来て、空港からタクシーを乗ったものの英語が全く通じなく困ったという話はよく聞きます。

タクシーに乗った際にはできるだけ地図を出して、指をさしてコミュニケーションを取るなどの方法をとったほうがいいです。

 警察

ベトナムで交通事故、盗難にあった場合には警察とやり取りをする必要がありますが、残念ながらベトナムの警察官と英語が通じることは皆無だと思ったほうがいいです。

言葉が通じないため、コミュニケーションをとるのは非常に難しいですが、盗難届の作成などの単純な依頼をする場合にはGoogle翻訳などを使ってコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

ちなみに日本人のベトナム在住者が警察とやり取りをしなければならない場合は、英語か日本語がわかるベトナム人に通訳として入ってもらっているケースがほとんどだと思います。
通訳がいなければ全くコミュニケーションが成立しないくらい、英語は通じません。

 ローカル向けのレストラン・カフェ

明らかに現地の方が多いようなレストラン・カフェでは英語は通じません。
メニューに関しても英語表記がない場合がほとんどです。

さらにローカル向けのお店の場合、メニューは簡素なものが多く、写真が入っていないことが多いです。そのような場合にはベトナム語の単語を知らなければ、皆目見当もつかず、何を頼んでいいかわからない状態になります。

ローカル向けのお店に行く際には、最低限の単語は覚えておいたほうがいいですね。

ベトナムで英語力を高める方法4選

ベトナムに住んでいても、英語力に自信がなく、もっと伸ばしていきたいと考えている人も多いかと思います。

そこで今回はベトナムに住みながら英語を学習する方法を4つ厳選しました。

 Language Exchange

語学力を高めるためのイベントとしてLanguage Exchangeというイベントがあります。
ベトナムではいくつものLanguage Exchangeが毎週どこかのカフェなどで開催をされています。

検索エンジンで調べても見つかると思いますし、Facebookのグループを検索しても見つかるかと思います。

内容としては様々ですが、あるテーマについて英語でディスカッションをしたり、英語でゲームをしたりと楽しみながら英語能力を上げるような企画がなされているようです。

あまりにも英語力の低い状態ですと難しいかもしれませんが、語学力を伸ばそうとしている人が集まるイベントですので、間違いを恐れずに話すことができます。

費用としても、参加費は無料でカフェのドリンク代のみなので非常に割安です。

 英会話学校

ベトナムにも英会話学校はたくさん存在しています。
ただし、ベトナム人向けの英会話学校は基本的にはベトナム語で英語を教えることになりますので、ベトナム語のわからない人にはとても難しいです。

日本人向けの英会話学校もいくつかありますので、そちらをお勧めします。

ただし、日本人向けということもあり、費用としては日本で英会話学校に行くのと変わらないくらいの費用がかかってしまうケースもあるようです。

とはいえ、対面で英語教師が教えてくれるメリットは大きいという考え方もできますね。

 オンライン英会話

これは少し前から日本でも流行っていますが、ベトナムにいてもネット環境さえあれば問題なく受講ができます。

オンライン英会話のサービスが流行し始めたときから、各社ともに少し価格が上がったようですが、それでも毎日30分前後の授業を受けて月1万円前後という低価格ではあります。

自発的に受講をし続けられるかという点がネックにはなりますが、費用や時間的融通が利くという点でメリットは大きいですね。

 ネイティブスピーカーの友人作り

ブイビエン(Bui Vien)通りやファングーラオ(Pham Ngu Lao)通りなど、バックパッカー街と呼ばれるエリアには多くの西洋人がいます。バーが多く立ち並び、お酒を飲んでいる人がたくさんいます。比較的フレンドリーな人が多いので、話しかけてみるといいでしょう。

その場のみならず、日常的にやり取りをするような友人になれば、自然と英語力も上がって行くはずです。

“勉強”という形で英語を学ぶことが苦手、もしくは嫌いな方はこの方法が一番いいかもしれませんね。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽アジア就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

記事一覧