【ベトナム就職者談Vol.23】Sauさん/JellyfishHR勤務

ベトナム就職者談:Sauさん/JellyfishHR勤務

saoさん今回インタビューした人は弊社ITエンジニアのSauさんです!
弊社のベトナム人スタッフの中で唯一の男性で、毎日プログラミングやウェブマーケティングを担当しています。
実はベトナム人男性は怠け者というレッテルを貼られがちではありますが、彼は朝早くから出勤し、真面目に仕事をしています!
そんなSauさんの裏側に迫ってみます!

 

-まずは自己紹介をお願いします!

はい、私の名前はSauと申します。私は現在JellyfishHRでITエンジニアとして働いています。
元々ホーチミンのIT系の大学を卒業しました。
そして以前他の会社でPHP開発者として働いていたので、その経験を生かして現在JellyfishHRの発展に貢献できるように働いています。
また日本人のことがとても好きなので、自ら日系企業を選んでいます。

 

-ベトナムと日本の違いって何だと思いますか?

そうですね。まずベトナム人はとてもフレンドリーで陽気ですね。
私たちはいつも自分たちを成長するために仕事に尽力しています。
一方、日本人はつねに一生懸命で、仕事に対して非常にシリアスという印象を受けますね。
でも、日本人のその性格が爆発的な経済発展を生み出したのかもしれませんよね。

 

ー日系企業で働く上での良し悪しは何でしょうか?

良いポイントとしては、働く環境が非常にプロフェッショナルな事です。
ベトナム人にとっては給与が高く、待遇もよく整っているので、働くメリットはたくさんありますね。
環境面と給与面、待遇面を抜きにしても、自分たちをもっと成長させる機会も提供されるのも良いところだと思います!

一方、よく言われているかと思いますが、日系企業はやはり柔軟性がないというか、ベトナム人からすると堅いですね。
しかし、この環境で鍛えられたら自信に繋がりそうです。

 

ー仕事で面白い!と感じるときはどんな時ですか?

ITエンジニアという職業ですので、やはり多機能付きの高性能なシステムを構築した時ですね。
そのようなシステムを構築完成するためであれば、私は遅くまで会社に残って仕事をしますよ。
自分が作り上げたシステムを使って会社に貢献できることも大事ですが、それを利用する人たちの役に立てることも喜びに繋がります。
私はいつもオフィスで仕事をすることが多く、企業様にも求職者にも直接お会いすることはありませんが、間接的に人のためになっているのであれば私は仕事って面白いって感じます。

 

ーベトナムで一番好きなところは何ですか?

Nghe An省というところです。
ここは私のホームタウンであり、とても綺麗な風景がたくさんあるので、オススメです!
ちなみに、革命の父ホー・チ・ミンとフランス軍から独立を目指そうとしたファン・ボイ・チャウもこの地で生まれています。
夏は暑くて、冬は寒くて過ごしにくい地域ですが、私はとても好きです。

 

ー最後に日本人に向けてメッセージをください!

I love Japan!!
私だけではなく、多数のベトナム人は日本のこと、そして日本人のことを好きです。
だからいつでもウェルカムです!
一人でも多くの日本人がベトナムにお越しいただけることをお待ちしております!

 

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る