ベトナムのビザを目的別に徹底解説!(ベトナム観光、出張、働く、移住)

旅行、お仕事、移住など、ベトナムを訪れる日本人は年々増えており、ベトナムの知名度はここ数年で非常に高まってきています。そして、ベトナムを訪れる目的も、実に様々です。

本記事では、ベトナムのビザの種類・取得方法・取得費用などについて解説します!

 ベトナムでの観光にビザなしで入国できる?

ベトナムは日本人(正確には日本のパスポート所持者)が、ビザなしで入国できる国の1つです。
とは言え、いくつか条件や注意点がありますので、ご説明します。

 15日以内の観光はビザなしでOK!

日本国のパスポートを所持している人は、15日以内の滞在であれば、ビザなし(無査証)でベトナムに入国・滞在することが認められています。同じく、韓国やロシアのパスポート所持者も、ビザなしでの入国が認められています。

 ビザなしで入国できる条件

ビザなしで入国・滞在できる条件は、次の通りです。
全ての条件が満たされている場合にのみ認められるので、1つでも条件が欠けていると入国できません、ご注意ください。

  • ・日本国のパスポートを所有していること
  • ・パスポートの残存期間が6ヶ月以上あること
  • ・前回のビザなしの入国から30日以上経過していること
  • ・入国禁止対象者ではないこと
  • ・ベトナムから出国する際の航空券を所持していること(15日以内にベトナムから出国する予定であるかどうかを確認されます。)

 

もしもパスポートの期限が足りないことに直前に気づいたら・・・

パスポートの残存期間を確認せずに、フライトを予約してしまった…。ご心配なく。そんなときは、観光ビザを取得すれば、問題ありません。

観光ビザの申請・取得は、直接ベトナム大使館・領事館に足を運ぶか、遠方にお住まいの場合は、インターネットから申請し、郵送での取得も可能です。

 15日を超えて滞在する場合は観光ビザの取得が必要

15日以上、ビザなしで滞在すると、不法滞在になってしまいます。15日以上の滞在を予定している場合は、観光ビザ・商用ビザなど、何かしらビザを取得する必要があります。ここでは、観光ビザの取得方法をご紹介します。

観光ビザの取得方法。オンライン申請は可能?

まず、ベトナムの観光ビザは、1ヶ月と3ヶ月のものに分かれています。

さらに、滞在期間中出国ができないシングルビザと、入出国自由なマルチプルビザに分かれています。ベトナム滞在中に、第三国に出国し、またベトナムに戻る予定がある場合は、マルチプルビザを取得しましょう。

申請は、駐日ベトナム大使館・領事館の窓口で行うか、オンライン申請も可能です。
※オンライン申請の場合はこちら⇒Ministry of Foreign Affairs of Vietnam

それ以外には、各種旅行代理店などで、ビザの申請代行をしているところもあります。その場合はビザの申請費用以外に、数千円~1万円程度の手数料が発生しますので、予め確認しておきましょう。

観光ビザ取得にかかる費用

日本国内のベトナム大使館・領事館で観光ビザを申請する場合、費用は次の通りとなります。

  • ▽1ヶ月/シングル:6,500円
  • ▽1ヶ月/マルチプル:10,000円
  • ▽3ヶ月/シングル:7,500円
  • ▽3ヶ月/マルチプル:14,500円

※申請料については、随時変更になることがありますので、事前に大使館・領事館にご確認ください。

駐日ベトナム大使館・領事館について

日本には、東京にベトナム大使館が、大阪と福岡にベトナム領事館があります。
詳細は公式ホームページをご確認ください。

なお、大使館・領事館は、ベトナムの国の祝日は閉館しますので、ご注意ください。

▽ベトナム社会主義共和国大使館
  Embassy of the Socialist Republic of Vietnam in Japan
  〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町50-11

▽大阪ベトナム社会主義共和国総領事館
  Consulate General of the Socialist Republic of Viet Nam in Osaka
  〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東4-2-15

▽在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館
  Consulate General of the Socialist Republic of Viet Nam in Fukuoka
  〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多ビル4階

 ※開館時間:9時半~12時、14時~17時 (月曜日~金曜日まで)

 ベトナムから近隣国にビザなし入国可能?

島国の日本と違い、ベトナムに行くと、隣国へのアクセスが非常に容易になるため、ベトナムから第三国を訪れる方も多いと思います。各国への入国条件について簡単にお伝えします。

カンボジア

ベトナムの南半分と国境を接しているカンボジア。カンボジアはホーチミンからバスで訪れることも可能なため、ホーチミン在住の日本人の身近な旅先として人気の国です。

しかし、ベトナムと違い、カンボジアの場合は、どれだけ短期間の滞在であっても、ビザが必要になります。

ビザは、カンボジア大使館・領事館での窓口申請・郵送申請、旅行代理店を通しての申請、カンボジアの空港での申請が可能です。

ラオス

カンボジアの北側に位置し、ベトナムの中部~北半分と国境を接しているラオス。

ラオスの場合は、ベトナムと同じく、日本のパスポートを所持しており、15日以内の滞在であれば、ビザなしで入国・滞在が可能です。(パスポートの残存期間は6ヶ月以上必要)

その他東南アジア各国(タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール)

タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールも、日本のパスポートを所持していれば、滞在可能日数や必要なパスポートの残存期間などに違いはありますが、ビザなしで入国・滞在が可能です。

国によっては、国の情勢や政治的要因から、頻繁にビザに関する条件や措置が変更になることがあります。申請にあたっては、必ず事前に各国大使館で最新情報を得るようにしましょう。

ベトナム出張はビザが必要?

では、ベトナムに出張する場合で、どのようなビザが必要になるのでしょうか。

 商用ビザの取得が必要

ベトナムに出張で訪れる場合、商用ビザを取得することになります。商用ビザは、DNビザとも呼ばれ、在ベトナム企業経由で招聘状を発行してもらい、申請します。

商用ビザの種類

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年のものがあり、シングルとマルチプルの2タイプがあります。ビザ取得時にパスポートの残存期間が、ビザの期間+3ヶ月以上ある必要があります。

商用ビザ取得にかかる費用(ベトナムの空港で取得をする場合)

ビザの種類

空港での申請料
ビジネス1ヶ月 / シングル25USD
ビジネス1ヶ月 / マルチ50USD
ビジネス1ヶ月 / シングル25USD
ビジネス1ヶ月 / マルチ50USD
ビジネス6ヶ月 / マルチ現在改定中
ビジネス1年 / マルチ現在改定中

 商用ビザ(DN)ビザのサンプル公開!

商用ビザはパスポートに貼り付けされます。Categoryにビザの種類であるDNと印字されています。

 商用ビザの延長(更新)の方法

労働許可書を申請中の場合のみ、ベトナム国内で 1 カ月のビザ延長が可能とされています。

初回の商用ビザ取得時と同様、招聘状発行手続きをした在ベトナムの企業経由で、更新手続きを行います。その際、企業は延長の理由を説明する公文書や、労働局からの受け渡し証明書(写し)を用意する必要があります。

ベトナムで働く場合は?

旅行先としてベトナムを訪れる方も増え、またオバマ前大統領や安倍総理、天皇陛下のご訪問もあり、ベトナムの知名度は確実に上がってきています。それに伴い、ベトナムで働きたいという方も、年々増加傾向にあります。

ここからはベトナムで働く際に必要な労働許可証(ワークパミット)や一時滞在許可証(テンポラリー・レジデンスカード)について、ご説明します。

 まずは労働許可書(ワークパミット)の取得が必要

出張以外でベトナムで働くことになった場合は労働許可証(ワークパミット)の取得が必須になります。

労働許可書(ワークパミット)とは?

ベトナムにおける外国人の就労を許可するもので、ベトナムで働く外国人に取得が義務付けられています。各市・省の労働傷病兵社会事業局、工業団地・輸出加工区・ハイテクパーク・経済特区の管理委員会より発給される許可証です。

労働許可書(ワークパミット)にあたっての必要書類

労働許可証には、次の3つの種類があります。

管理職・CEO

以下のいずれかに該当する者
・企業法の規定に基づく企業を管理する者、または機関・組織のトップ、またはその者より委任を受けた者。
・機関・組織・企業の部門のトップで直接管理を行う者。

専門家

以下のいずれかに該当する者
・(ベトナムでの)職務を専攻分野とする大学での学位を取得しており、当該分野で 3 年以上の勤務経歴を有する者
・ 外国の機関・企業・組織が発行した専門家としての証明書を有する者。

技術者

当該分野または他分野で3年以上の勤務経歴があり、外国企業で1年以上のトレーニ ングを受けた者。

このうち、最も取得事例が多いのは「専門家」の労働許可証になります。

「専門家」の労働許可証を取得するには、次の4つの書類が必要になります。

  •  ・犯罪経歴証明書もしくは無犯罪証明書
  •  ・健康診断書
  •  ・大学や大学院の卒業証明書
  •  ・3年以上の勤務経歴の証明書(在職証明書)

犯罪経歴証明書は、直近の居住地が日本の場合は、住民票のある各都道府県警で取得します。直近の居住地がベトナムの場合は、ベトナムの司法局にて、無犯罪証明書を取得するケースもあります。

労働許可書(ワークパミット)取得にかかる費用

労働許可証の申請・発給費用自体は非常に安価で、400,000VND(2017年1月時点)です。
しかし、各種書類を、ベトナムの当局へ申請できる状態にするために、日本国内で次のような公証費用や領事認証費用などがかかります。

公証費用:日本の公証役場で公証する場合、1通:5,500円の費用がかかります。
公証費用は公証する言語によっても異なりますので、詳細は公証役場に確認してください。

通常、公証役場での公証後、外務省の公印確認を取得し、ベトナム大使館・領事館での領事認証を取得する流れとなりますが、ベトナム大使館・領事館での領事認証には、1通5,000円の手数料がかかります。

 次に一時在留許可書(テンポラリー・レジデンスカード)の取得が必要

テンポラリー・レジデントカードとは?

労働許可証を取得すると、次はテンポラリー・レジデンスカード(以下レジデントカード)が申請できるようになります。

レジデントカードの期限は、労働許可証の有効期限に合わせて設定され、有効期間中はビザの取得が免除されます。

また、レジデントカードの有効期間中に、ベトナム国外へ出国する場合は、このレジデントカードを空港で提示する必要があります。ベトナムから海外旅行に行く場合や、海外出張がある方は、パスポートと一緒に携帯しましょう。

レジデントカード取得にあたっての必要書類

レジデントカードの取得にあたっては、勤務先の会社を通じて行います。
被雇用者側が用意するのは、「パスポート原本」と「証明写真」です。

その他に必要な書類は、会社側が用意します。なお、申請中は、パスポートの原本をベトナム当局に預けることになります。出国はもちろんのこと、ベトナム国内線を利用する際も、身分証明書としてパスポートを提示するケースが多いかと思いますので、出張を予定している方はご注意ください。

 労働許可書のサンプル公開!

左上に申請者の写真が入ります。

家族のベトナムビザ取得は?

駐在員、現地採用問わず、ご家族を伴ってベトナムに来られる方も増えています。
配偶者や子供のビザ取得はどうすれば良いのでしょうか。

 家族のビザ取得の方法

家族のビザ(以下、帯同ビザ)については、配偶者の勤務先の会社から申請を行います。

申請にあたっての必要書類

必要な書類は以下の通りです。

・ご主人(もしくは奥様)のレジデンスカードの公証版
・ご主人(もしくは奥様)の労働許可証の公証版
・帯同ビザを取得する方の証明写真
・帯同ビザを取得する方のパスポート原本
・公証済みの戸籍謄本など、家族関係を証明する書類

家族のビザ取得にかかる費用

帯同ビザの取得費用は、現地採用の場合は、自己負担になることが一般的です。
家族が取得できるビザの期間は、扶養者のビザの期間に合わせられるため、費用はそれぞれ異なります。
扶養者の勤務先に問い合わせしましょう。

 ベトナムに留学する場合は?

ベトナムに留学する場合は就学(学生)ビザの取得が必要です。

研修や学習を目的としてベトナムを訪れる人に発給される、DHビザを取得します。

就学ビザ取得には、留学先の学校のサポートが必要になるため、まずは学校に問い合わせをしましょう。

 ベトナムビザのまとめ

いかがでしたでしょうか。

観光で訪れる場合、出張で訪れる場合、ベトナムで就労する場合、家族を伴って移住する場合、ベトナムに留学する場合など、目的別に応じてお伝えしました。記事中盤でもお伝えしましたが、外国人の出入国に関する法律や通達は、随時変更になることがありますので、大使館・領事館や、ビザエージェントに最新情報を確認をするようにしましょう。

 

最新ベトナム求人はこちら

****************************************************************************************
▽アジア就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

記事一覧