【ベトナム勤務者談Vol.20】ヴィエンさん/JellyfishHR勤務

日系企業で働くベトナム人が感じる日本人との違いとは

ヴィエンさん今回インタビューしたのは弊社で働くスタッフのヴィエンさんです!
仕事でも流暢な日本語を話し、一生懸命働いている彼女の将来の夢や日本人とベトナム人の違いを詳しく教えてもらいました。
それでは彼女の真相に迫りたいと思います。
*写真はハロウィン仕様です

 

—自己紹介をお願いします!

私はヴィエンと申します。24歳です!
Gia Lai省からホーチミンに来て働いています。
趣味はクッキングで、ベトナムの料理を作ります!
現在、JellyfishHRでキャリアアドバイザーとしてベトナム人の候補者と企業つなげる仕事をしています。

 

—日本人とベトナム人の違いって何かありますか?

日本人は私にとって少し厳しいと感じるところが多いですね。
例えば、時間を守らなければいけないとか。
そして、働いている時間が長いです。夜遅くまで働いている人が多いですね。
一方、ベトナム人は時間にルーズな人が多いです。
例えば、結婚式の時、18時に開始なのに、みんな19時にやってきます笑

 

—時間に関して全く違いますね!ではベトナム人の良いところは何ですか?

非常に真面目なところです。
時間を守らないのに真面目っていうのは少しおかしく聞こえるかもしれませんが、
仕事と家族の生活のバランスを大事にしています。
仕事中は真面目に働き、定時になれば、すぐに家族の元へ帰り、家族を大切にしています。

 

—では日本人の良いところは何ですか?

働いているときは一生懸命なところであったり、コミュニケーションを取る時にはみんないつも笑顔をもって丁寧に接してくれています。
私たちベトナム人に怒らないように気をつけているのも感じます。
やはり、「気を遣える」ということが日本人の良さかもしれません。仕事中のヴィエンさん

—なるほど!では、仕事で面白いと感じる時はどんな時ですか?

人材紹介で人と関わり、相手のことを理解できたときがすごく楽しいです。
そして、関わった人たちが無事に入社する時はとても面白いです。
なぜかというと、以前私は大学を卒業したばかりの時は仕事を探すのが難しかったからです。
なので、仕事を探している人の辛い気持ちがわかります。
その人にとって適する会社を推薦し、紹介できた時とても楽しいです!

他には、今の会社で日本人と働くことが楽しいです。
私は大学で日本語を勉強していませんでしたが、テレビや友達から日本のことに興味を持ちました。
前の会社を退社した後は、私はドンズー日本語学校で勉強しました。
卒業後は、JellyfishHRで働いています。
JellyfishHRの日本人は若く、みんなユーモアがあり、楽しく、働く環境はとても良いです。

 

—将来は何をしたいですか?

私は人材に関する仕事を続けたいです。
そして、同時にカフェを経営したいと考えています。
私の故郷はコーヒーが一番有名なものだから、Gia Laiのコーヒーをもっと発展させたいと考えています。
3C、つまりCoffee(コーヒー)とCandidate(候補者)とCompany(企業)が集まるカフェを作り、この3つが繋がるプラットフォームができれば一番良いですね!

 

—3Cのカフェは素敵な夢ですね!ではベトナムの好きなところは何ですか?

ダナン!
ここは経済が発展して、雰囲気が非常に良いです。人も優しいです。
将来的にはダナンに住みたいと考えています。
実際、ダナンに住むことが私の夢なんです。
今は、ホーチミンに住んでいますが、40歳から50歳までダナンに住みたいです。
ホーチミン市は良い学校がたくさんあるし、雇用機会もたくさんあるし、40歳まで私は住んで働きたいです。
しかし、40歳になったら、私にとって仕事はあんまり大切ではなくなっているかもしれません。
ダナンに引っ越したとしても、生活は非常に便利で、おばあちゃんになった時には良い環境で過ごしたいと考えています!

 

—これまた素敵な夢ですね!最後に、日本人へメッセージをお願いします。

ベトナムで働くとわかりますが、いろんなことが日本と全然違います。
例えば、交通事情とか料理とか生活水準とか、来越当初はちょっと難しいですが、慣れたらベトナムは住みやすいところです。
物価が安く、みんな優しいです。
ベトナムの習慣と日本の習慣は少し違いますが、ベトナムと日本は同じアジアの国だから大丈夫だと思いますよ笑
思い切って海を渡って来てください!!


~この記事を読んだ方にオススメ~

海外で働く際、自国の国民性が思わぬところで評価されることがあります。
ベトナムで通用する日本人の4つの特性

ヴィエンさんのようにJellyfishHRで働く他のベトナム人スタッフにもインタビューを行いました!
ベトナム就職者談:Lienさん/Jellyfish HR

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る