ワーホリか海外就職か?それぞれのメリット・デメリット

海外で働くなら、ワーホリ?海外就職?

空港で待つ旅行者

「海外で働く」選択肢として、
ワーキングホリデーと海外就職が挙げられます。

 

ワーキングホリデー(ワーホリ)
日本とワーキングホリデー協定を結んだ外国に1~2年の滞在を許可され、
就労、就学、旅行が可能な制度。

 

海外就職
海外の現地法人に直接雇用され(現地採用)、期限を定めず正社員として働く。
(労働許可・滞在許可を1~2年毎に更新することが多い。)

 

今回は、ワーキングホリデーと海外就職の
それぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

 

 ワーキングホリデーのメリット・デメリット

旅行者

メリット

人気がある国で働ける

ワーキングホリデー協定国:カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、
イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ノルウェー、韓国、香港など。

外国人から移住先として人気があり、
正社員としての雇用を見つけるのは難しい、、
という国でも、

ワーキングホリデー制度を使えば住む・働くことが可能です。

 

自由度が高い

パートタイムの仕事に就けば、
空いた時間で学校に行ったり旅行に行ったりすることが可能です。

また、ビザはそのままでワーホリ中に仕事を変えることが可能。
海外就職に比べ、仕事や住む場所を変えるハードルは低いといえるでしょう。

 

デメリット

希望のキャリアを積むことが難しい

ワーホリで就ける仕事は以下のようなものになります。

飲食、農業、ショップやホテルでの接客、ツアーガイド、日本語教師、ベビーシッターなど

就ける仕事が限られており、
帰国後のキャリアに活かせる経験が積めない、ということも考えられます。

 

 海外就職のメリット・デメリット

海外就職

メリット

希望のキャリアを積める

多様な職種から、希望のキャリアに沿った仕事を選べます。

期限がない正社員であることから、
責任ある仕事やポジションを任せてもらいやすく、
キャリアアップもしやすいといえます。

 

デメリット

日本人の需要がある国が限られる

海外就職の求人が多いのは主にアジア(東アジア、東南アジア)です。

欧米での海外就職はかなり狭き門となります。

 

自由度が低い

フルタイム勤務になるため、ワーホリに比べ時間の自由度は低くなります。

また、労働許可・滞在許可は勤務先の会社に紐づくため、
ワーホリに比べ、その国で仕事を変えるハードルは高いといえるでしょう。

 

 まとめ

まとめると、

・人気の国(欧米)に住んでみたい
・海外生活でいろいろ経験してみたい

という方はワーキングホリデー、

 

・アジアに住んでみたい/アジアでもOK
・しっかりキャリアを積みたい

という方は海外就職がオススメです。

 

また、ワーキングホリデーで英語力を身に付けてから海外就職、
というパターンもあります。

 

「海外で暮らしたい、働きたい」といっても、
海外で実現したいことは人それぞれ。

ご自身に合った選択で、充実した海外生活を送ってくださいね!

 

 

****************************************************************************************
▽海外就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

 

▽LINEでの相談も受付中▽
友だち追加後、メッセージをお送りください。
友だち追加

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

海外就職に向いている人・向いていない人の特徴

海外現地採用の保険・年金はどうなるの?

 

記事一覧