【ベトナム転職 Q&A⑦】これで本番アタフタしない!海外転職の面接でよく聞かれる質問と回答のポイント

悩みや不安を解決して、世界に飛び出そう!
[ ベトナム転職Q&A 面接編3 ]

 

CA面接編⑦

 

面接の質問対策は、自分の過去・現在・未来について整理し、
応募する会社・仕事に合う部分を選んでアピールできるようにする作業です。

企業の方にあなたのことをよりよく知ってもらうためにも
しっかりと準備してから面接に臨みましょう!

 

それでは、海外就職・転職の面接でよく聞かれる項目をチェック!

 

  Q1. ”自己紹介・自己PR”を伝える際のポイントは?

 

▼ ここがポイント!

・自分の経歴の概略、その仕事で活かせそうなアピールポイントを簡潔に話す。

・履歴書・職務経歴書にない+αの内容も盛り込むと良い。
(履歴書・職務経歴書をしっかり読み込んでいる面接官と、そうでない面接官がいるため。)

 

▽ Good

「現在、東京の~~という医療機器メーカーで病院向けの営業を担当しています。

顧客は新規7割、既存3割で、新規開拓を得意としています。

新規営業で意識していることは、~~です。その結果、~~という成果に繋げました。

ゼロから信頼を築き、成約に繋げてきた経験は、御社の営業職でも活かせると思います。」

 

▽ NG

・仕事に関係ないアピールポイントや趣味の話をする。

「趣味はフットサルと映画鑑賞です。映画は月に20本以上観ます。
一番好きな映画は~~です。」

「私の強みは、社交的で誰とでも仲良くなれるところです。
初めて会った人でもすぐに仲良くなることができ、新しい環境に早く馴染めます。」

 

  Q2. ”志望理由”を伝える際のポイントは?

 

▼ ここがポイント!

自分の経験や考えと結び付けて、聞く相手が納得できるように話す。

・自分が企業から受けるメリット(待遇、知名度、環境の良さなど)だけでなく、
    自分が企業に提供できるメリット(自分のアピールポイント)についても説明する。

 

▽ Good

「私が御社を志望するのは、徹底的に顧客目線に立った物流サービスを提供する、という方針に共感したからです。

~~という経験から、物流に関する仕事をしたいと思っています。

自分の~~という強みを活かして、
御社のサービスをベトナムに浸透させていきたいです。」

 

▽ NG

・自分の経験や考えに基づいていない。

「なんとなく、御社の事業内容が面白そうだと思ったからです。」

「漠然と、教育関係の仕事をやりたいと思ったからです。」

 

・自分が企業から受けるメリット(待遇、知名度、環境の良さなど)ばかり話す。

「自分の好きな~~に関連する商品に携われることが魅力的だと思いました。」

「御社が提供している商品が素晴らしく、知名度もあるため、やりがいを持って働けると思います。
また、研修制度が整っていてスキルアップができることや、風通しの良い社風も魅力に感じました。」

・他の会社、他の仕事でも実現できることを話す。

「英語を活かして働きたいと思ったからです。」

「海外で営業に挑戦したいと思ったからです。」

 

  Q3. ”なぜ海外/ベトナムで働きたいのですか”と聞かれた時のポイントは?

 

▼ ここがポイント!

しっかりと考えた上で覚悟を決めていることをアピールする。

(海外勤務経験がない人、ベトナム渡航経験がない人は、
「この人本当に海外でやっていけるの?」
「本当にベトナムで働く覚悟があるの?」
と企業の方から不安に思われています。その不安を払拭する回答を意識しましょう!)

 

▽ Good

「経済成長に伴う社会的変化の真っ只中にあるベトナムで働くことで、
変化に適応できるビジネスパーソンを目指したいと思ったからです。」

「今後、日本でも外国人と一緒にビジネスをすることは当たり前に
なっていくと思います。今のうちから海外に出て、外国人の同僚や顧客と
一緒に仕事をする感覚を身に付けたいと思い、海外就職を考えています。」

 

▽ NG

「ベトナムは親日で、食べ物も美味しく、生活しやすいと聞いたからです。」

「東南アジアのゆったりした雰囲気がいいなと思ったからです。」

 

  Q4. ”希望給与”を伝える際のポイントは?

 

▼ ここがポイント!

相場を理解し、現実的な額を言う

希望額が高すぎても低すぎても、自分の市場価値を理解していない人、
と思われてマイナスの印象を与えてしまいます。

自分のスキル・経験ではどのくらいの給与が妥当なのか、
自信がない場合は、一度キャリアアドバイザーに相談してみてください。

 

  Q5. ”前職の退職理由”を伝える際のポイントは?

 

▼ ここがポイント!

・「簡単に辞めず、長く働いてくれそう」というイメージを持ってもらえるよう、
前向きな理由、またはやむを得ない事情による退職であることをアピールする。

 

▽ Good

「決められた仕事をこなすだけでなく、より自分で考えて動く仕事をしたかったからです。」

「より広範囲な対象に向けてサービスを提供したいと思ったからです。」

「会社が倒産したためです。」

 

▽ NG

・待遇、会社の人間関係など、前職の不満を言う。

「上司と反りが合わなかったからです。」

「福利厚生があまり充実していなかったからです。」

 

  Q6. ”家族について”聞かれたら?

 

▼ ここがポイント!

海外就職のイメージを具体的に持てていることをアピールする。

扶養家族がいる場合、以下のことを聞かれる場合があります。

・単身か帯同か
・その場合の生活費と保険についてどのように考えているか
・家族の同意が得られているか

よく調べた上で家族と相談し、事前に答えを準備しておきましょう。

 

以上、面接でよく聞かれる質問集でした!

 

結局、面接で企業の方が知りたいのは、あなたが

何をやりたいのか…意欲を持って働いてくれそうか

何ができるのか…どのように会社に貢献してくれるのか

どういう人間なのか…社風に合いそうか、一緒に気持ちよく働けそうか

ということです。

 

弊社では専任のキャリアアドバイザーが面接対策までしっかりフォローしますので、
不安な方はぜひご相談ください!

 

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

【ベトナム転職 Q&A①】ベトナム転職の準備って何をすればいいの?1

【ベトナム転職 Q&A②】ベトナム転職の準備って何をすればいいの?2

【ベトナム転職 Q&A③】ベトナム転職の応募の際に気を付けることって?

【ベトナム転職 Q&A④】ベトナム転職の際に必要な書類は?

【ベトナム転職 Q&A⑤】オンライン面接のポイントは?

 

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る