オンライン面接(ビデオ面接・スカイプ面接)のポイント教えます!

海外就職では避けて通れない!オンライン面接の対策をしよう

ビジネス女性

海外や遠方の企業への転職活動で一般的になりつつあるオンライン面接。

求職者にとっては交通費や時間を節約できる一方、
通信状況が悪くなったら…という不安もあります。

対面の面接との違いをしっかり理解して、万全の準備で面接本番に臨みましょう!

 

  事前に準備することは?

① 場所の確保

自宅や貸し会議室等の場所を確保します。
事前に以下のことをチェックしておきましょう。

✓Wifiがスムーズに使える
✓静かで、面接の途中に邪魔が入らない
✓画面に映り込む景色が乱雑でない(背景は無地の壁など)
✓PCやスマートフォンを置ける机や台がある

 

② 通信機器(ツール)の準備

オンライン面接で使用されるツールで最も一般的なのはSkypeですが、
会社によってはFaceTime、LINE、Googleハングアウト等を使う場合もあります。

PCやスマートフォンで指定されたツールを使えるよう、準備しておきます。
イヤフォンマイクも準備しておくと、周囲の雑音が入りにくく、おすすめです。

面接前に、友人や家族に相手を頼んだり、人材紹介会社に面接練習を頼んだりして、
音声・カメラのチェックをしておきましょう。

✓ツールの使い方を把握しておく
(マイク・スピーカーの音量調節の仕方、ビデオ通話から音声通話への切り替えの仕方など)
✓自然な目線の高さで固定できるようにする
(上から見下ろす・下から見上げる角度はNG。スタンドや本を使って調整してください)
✓画面に入る光の強さや角度を調整する

 

③ 通信状況が悪くなったときの備え

面接中に通信状況が悪くなったときに備え、いくつかオプションを持っておくと安心です。

例えば、ビデオ通話から音声通話に切り替える、Wifiからデータ通信に切り替える、
PCからスマートフォンに替える、使うツールを替える(SkypeからLINEに)、など。

通信トラブルがあっても臨機応変に対応し、スムーズに面接を進めたいですね!

 

  当日注意することは?

① 対面の面接と共通

時間に遅れない、身だしなみ等のマナーを守ることは対面の面接と変わりません。

当日は時間に余裕を持って待機し、服装・髪型・化粧等の身だしなみも
対面の面接と同様、気を抜かないようにしてください。

 

② 笑顔で、ハキハキと!

対面の面接に比べ、オンライン面接では
相手にとって表情が見づらい&声が聞き取りづらいことがあります。

対面の面接以上に【笑顔】&【ゆっくりはっきり話すこと】を意識しましょう。

 

③ いきなりビデオ通話をかけるのはマナー違反

時間になったら企業の担当者から連絡があることがほとんどですが、
もし時間になって連絡がない場合でも、
いきなり自分からビデオ通話をかけることは避けましょう。
先方に何か事情があるかもしれないので、まずはチャット等でメッセージを送るのがマナーです。

例:「本日14時から面接のお約束をさせていただいた○○です。こちらは準備ができております。よろしくお願いいたします。」

 

 

以上、オンライン面接についての準備&当日の注意点でした!

対面に比べ、笑顔・話し方・背景・カメラの角度等も含め、
より自分の「魅せ方」が問われるオンライン面接。

話す内容はもちろん、「魅せ方」の準備も怠らず、海外就職の内定を獲得しましょう!

 

****************************************************************************************
▽海外就職・ベトナム就職に関する相談は▽
無料Skype相談申込(日本人スタッフよりご連絡します)

 

▽LINEでの相談も受付中▽
友だち追加後、メッセージをお送りください。
友だち追加

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

「海外駐在」と「現地採用」の違いは?

フィリピン語学留学から「ベトナム×IT」の道へ!
ベトナム就職者インタビュー/袖野 太士さん・Webディレクター

最新ベトナム求人一覧

 

JellyfishのFacebookInstagramもチェック!

 

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る