【ベトナム転職 Q&A③】応募の際に気を付けることは?

悩みや不安を解決して、世界に飛び出そう!
[ ベトナム転職Q&A 応募編1]

 

 

準備編1準備編2に続いて第3回、第4回では応募に関しての情報をお届けします!

今回は応募編1ということで、企業を選ぶ際のお話しをお伺いしました!

 

  Q1 応募する「企業選び」どうしたらいい?

 

今回は、企業選びの軸がわからないという方に、
転職活動をする際にどうするべきかにフォーカスして、お話ができればと思います。

まず、「企業選び」をするにあたっては、「自分を知る」ことが重要です
どういうことかというと、恋愛に例えると、
自分の好きな異性のタイプがわからないのに、恋人は選べませんよね。

それと同じで、例えば自分の「好き・嫌い」、「得意・不得意」がわからないのに、
企業(仕事)を選ぶことはできません。

 

これまでの学校生活、社会人生活を振り返り、
「どういう環境下で、どういうことをしていたときが一番自分らしくいられたか」
あるいは
「自分はこういうことに適性があるのではないか」
など、自分の心の奥底の気持ちと向き合ってみて下さい。

何なら良くて、何だったら嫌なのか。それぞれ理由と共に明確にすることができたら、
次は、企業側の情報収集に動きましょう。

 

キャリアカウンセリング後、アドバイザーから求人情報をお送りします。
その求人の中で、自分の気持ちを軸に、1つ1つ求人票を見ながら、
自分の判断基準と照らし合わせていきましょう。

求人票には最低限のことしか記載されていないこともありますし、
文字だけでイメージを具体化するのは難しいので、
キャリアアドバイザーの協力を仰ぎながら、情報収集にあたりましょう。

ただ一方で、海外就職においては、求人の母数がある程度限られているという背景もあるので、
「決定的に嫌」という求人以外はチャレンジしてみるのも1つの手です。

 

実際に選考を通じて、面接前と面接後でイメージが変わったという方もいらっしゃいますし、
面接官と意気投合し、志望度が一気に上がったという方もいらっしゃいます。

 

  Q2 大体どのくらい応募したら内定が出るものなの?

 

その方の経験・スキル・ご年齢等により、応募できる企業の数も異なってくるため、
必然的にオファー獲得率も異なってきます。ここでは20代後半の方を例にお伝えします。

 

例:20代後半/3年以上の職歴あり

大体皆さん10社近く応募されるのですが、そのうち約7社は書類選考が通過し、
最終3~4社からオファーが出る、ということが多いように思います。

99%、1名採用の求人がほとんどであるため、応募のタイミングによっては、
募集が終了してしまうことはあるものの、基本的には面接まで進めることが多いですね。

面接も本番前にしっかり対策をしていれば、オファーが出る可能性は高いです。
「自分が何を基準に選ぶか」が非常に重要になるので、
先にお伝えした、「自分軸」が重要になってきます。

 

今回のお話しの中では「軸探し」において不安に感じる方が多いと思います。
弊社スタッフがお手伝い致しますので、ご相談下さい。

 

辻野さん、ありがとうございました!

次回の応募編2では「応募書類」に関しての情報をお伝えさせていただきます!

 

海外転職において、不安はまだまだ尽きないと思います。

今回の記事に関する質問はもちろん、その他の転職や現地での生活に関することなどもぜひご相談ください。

 

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

ベトナム就職希望者の方へ〜カウンセリングから渡航までのサービスの流れ〜

日本とは少し違う?! ベトナム就職事情 〜応募から渡航まで〜

これで悩み解決!〜ベトナム就職Q&A〜

ベトナムで通用する日本人の4つの特性

履歴書と職務経歴書編

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る