【ベトナム就職者談Vol.70】恵木秀司さん / 飲食店経営

「 目標と信念をもって、ポジティブに 」

 

今回は、ホーチミンのレタントン通りで
お好み焼き屋さんをしている
恵木 秀司さんにお話しをお伺いしました。

ご自身を遊び人と称され、
73歳の現在もとてもエネルギッシュなお方!

そんな方からベトナムの今と昔と
これからのお話をお伺いしました。

 

egi san①

恵木 秀司 / Egi Shuji さん (73)
お好み焼き 秀 店主
(渡航歴  21年)

 

  一目ぼれするほどのベトナムの魅力

 

― なんと今年でベトナム生活21年!
  ベトナムに来る前は何をなさっていたのですか?

もともと広島で、教材関係の会社をやっていました。
その会社を27,8年やってたんですけど、
47歳くらいのときに会社を売って。

そのお金の半分を使って居酒屋をやってました。
そっちは5年くらいかな。

 

― 教材関係から飲食!そのながれも 気になるところですが・・・(笑)
  ベトナムに来るきっかけは何だったのでしょう?

居酒屋を始めて3,4年目の時に
知り合いの社長が買い付けをするってんで、
連れてこられたのがベトナムで。

それが初めてのベトナムだったんだけど、気に入ってしまって。

あまりにも気に入ってしまったから、
買い付けは一週間で終わったけど、一人でもう一週間滞在。(笑)
で、日本に帰ってお金持ってこっちに帰ってきました(笑)

 

― おお!(笑)ベトナムのどのような点がそんなに気に入ったのですか?

一番は、女性が中心になっている文化かな。
ベトナムは女性社会だからね。

女が強いし、女が家庭を守っていく義務っていうか文化があるから。

初めてベトナムに来た時、工場見学も行ってね。
22,3年くらい前だったけど2つ行った工場、
どっちの社長も女の人。

1,500人と2,000人くらい働いていたんだけど、
男の人は運転手と門番だけ。

あとは職工さんから社長・専務までぜーんぶ女性。
すごいなって思ってね。

どうしてこんなに女の人ががんばって働くのか?
って聞いたら、100年戦争をしてきた影響だって。
男はいつ戦場に行っていつ死ぬかわからないから、
女性が稼いで男に食べさせて。
そういう文化なんだと。
だから家庭は女性が守る文化なんだって、ベトナムは。
これから先いけば変わってくるんだろうけど、
そこがすごいなって思った。

他は、英語圏だったのと、
共産主義だけど住みやすいなって思ったとこかな。
後は親日国家だから日本人に優しいところかな。

 

  21年のベトナム生活

egi san②

 

― 来越当初のベトナムの様子はどうでしたか?

日本人も少なかったし、
日本料理屋もホーチミンに4件しかなかった。
今は300件以上あるけどね。

4件しかない中でぽーんと
レタントンにお好み焼き屋作って。

今みたいに日本人街なんてないし、
当時なーんにもなかった。
ずっとこの辺バラックだったから。
他はスカイガーデンがちょうど基礎掘ってて、
ホテルがひとつあったくらい。

 

― ではそこから少しづつ日本人が集まっていって・・・

そうそう。

21年の間にどんどんどんどん日本人が集まってきて。
2,3年前なんかはリトルトーキョーって名前がついて、
日本料理屋がずーっとならんどったんよ。

でも、ここ数年で韓国系のお店が増えて
日本人経営者のお店は他の区か裏道の方へいっちゃった。

 

― そういう時代の移り変わりも、
  21年の間に感じていらっしゃったんですね。

  もともとお好み焼き屋さんではなかったとのことですが、
  お好み焼き屋さんをするきっかけは?

実は、最初は不動産関係のことをしようと思ってて、
土地がかえんことはわかってたんじゃねk度、
不動産ブローカみたいなことできないかと。(笑)

滞在していたホテルの人に話来たり、
役所に相談しに行ったり・・・

ベトナムって賄賂が横行してるんだよね。
それでどこいっても賄賂賄賂賄賂・・・。
それでお金が底をついちゃって。
残ってたお金で、鉄板と冷凍庫、冷蔵庫2個、
エアコン4,5台買って、場所借りてお好み焼き屋さんを始めました。

居酒屋の時に、刺身さばき方とか
お好み焼きの作り方とか教えてもらってたし。

 

― 大変でしたね・・・!
  今は当時に比べ大分落ち着いたんじゃないですか?

今もね、税務署の問題、保健所の問題、仕入れの問題、
お金の問題、大家さんの問題でね。もう大変よ。

日本もここも、小さなお好み焼き屋も大きい会社も
それなりに分相応に応じて大変なんよ。それは今も変わらない。

ただ、最初の従業員はお金のこととかでトラブルがあったけど、
次に来てくれた姉妹2人、いい子たちが来てくれて。
その子たちは10年ほどここで頑張ってくれたし、
今の子たちもいい子たちだし。そういう環境的にはよくなったかな。

それに、ひったくりとかスリとか変なのは
全然よってこなくなったよ、わしには。

みんな知ってるからね。
昔からいるスキンヘッドのおじちゃんって。(笑)

 

  73歳、お好み焼き屋さんの今後の目標

 

― お店や個人としての今後の目標を教えていただけませんか?

日本人以外のお客さんを増やすこと!

今、お客さんは日本人が6割・その他の国のお客さんが4割。
それを、日本人4割・ベトナム人4割・そのほか外国人2割いしたい。

日本人のお客さんが来てくれるのはとてもうれしいけど、
2,3千人くらいしかいないからね、ここらへんには。

それに比べてベトナム人はホーチミンだけで1千万人。
そっちのお客さんを呼ぶ努力をしたらまだまだ伸びると思うよ。

今は従業員の子がFacebookに投稿してくれあり、
来てくれたベトナムの人が写真をとってFBで載せてれたり、
10%引きの割引券を配ったり。
そういう努力をしてきてぼちぼち増えてきたかな。

後は、80歳まではここで頑張ってお店を維持して、
そのあとはにほんに かえって有料養老院に入るか、
彼女作ってこっちに住むか考えるわ!(笑)

 

― いくつになっても常に上を目指す姿勢、見習いたいです!
  最後に読んでいる方へのメッセージをお願いします!

ベトナムにはポジティブな人がおいで。

ここでは騙されたりは日常茶飯事だし、
お金も物もとられた側が悪いって法律でもなってる。
「とられたあなたが悪い、とった私は悪くない。」
そういう国だからねここは。

だから、ぐじぐじぐじぐじ物事を悲観的にかんがえるような人は向かない!前向きで楽観的で、おおらかにね。
そういう気持ちのポジティブな人でないと。

だからこそ、ここでは大きな目標というか、
新年をもっている人がやっていけると思うよ。

 

― ありがとうございました!
  私も、滞在中何があってもポジティブに前向きに生活していきます!

 

 

 

― インタビュー後述

73際とは思えないほどのエネルギーを感じる恵木さん。

いわゆる”ポジティブ”な方であるのは間違いないのですが、
自分がやりたいことをしっかりと持ったうえで、
それに向かって頑張り続ける。
その中で壁や問題にぶつかっても
木業ややりたいことがしっかり自分の中にあるため
”ポジティブ”でいられるのだと、すごく感じる方でした。

実は、記事に書ききれなかったお話しもたくさんお伺いしています!
もっとお話が聞きたい方は、ぜひお好み焼き屋 秀へいってみてください!

 

 

egi san③

▼    店舗紹介お好み焼き屋 秀電話:08 3824 3403住所:15b Lê Thánh Tôn, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh時間:11:00~13:00、17:00~22:00

 

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

縁があってかベトナムでレストランを立ち上げられた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.35】小倉哲さん/レストラン経営

ベトナムの5つ星ホテルの日本料理屋でマネージャーされた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.38】村山拓也さん/レストランマネージャー

23歳でまさかのカフェを立ち上げ?若くも立派な女性のお話
【ベトナム就職者談Vol.56】水谷亞香里さん/カフェ経営

 

*******************************
JellyfishHRではフェイスブックファンページでも、
ベトナム求人情報・生活情報などを、お届けしています!
ぜひ、そちらもご覧ください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る