女性が働きやすい国、ベトナム ー 出産・育児編② ー

女性の社会進出率トップクラス!
― ベトナムの出産・育児事情 ―

maternity

 

前回、ベトナムの出産・育児事情についてご紹介しました。
「本当に子育てと仕事の両立がしやすい国なの?」
「実際のところどういう取り組みが行われているの?」
「全部が全部日本よりいいはずないでしょ。」

そんなあなたに今回は、生の声をお届けいたします!

不満点なども正直に答えていただきました。
特に女性のみなさんは必見です!

 

  この3名にお伺いしました!

Lien san

Lienさん(Admin)

 

Anh san

Anh さん(リクルーティングアドバイザー)

 

Hanh san

Hanh さん(Admin)

 

Jellyfish HRのハノイオフィスで働いている
Lienさん・Anhさん・Hanhさん。

出産・育児を経験した現在も、現役バリバリで働いているお三方。
今回は、ベトナムキャリアウーマンの代表としてお話を伺いました!

 

  出産・育児の実情

Q1:産前産後休暇はどのくらいの期間とりましたか?

A1:
(Lienさん  )
18カ月間でした。

(Anhさん   )
6カ月です。

(Hanhさん)
給料ありで6カ月、さらに子供のことを考え、
給料なしで6カ月の合わせて12カ月お休みしました。

 

Q2:出産・育児で会社を休むことや、育児と仕事の両立において、不安はありましたか?

A2:
(Lienさん  )
娘が17カ月の時に保育園に預かってもらい、仕事に戻ってきました。
娘が3歳まで、天気が変わるごとに体調を崩してしまっていたためその点が不安でもありました。
子供の体調の面で、復帰後もよく有給をとらせてただきましたが、
会社が理解してくれたため、とても助かりました。

(Anhさん   )
ありました。
育児との両立は、私のスケジュールや健康にもとても影響を与えました。

 

Q3:出産・育児に関しての制度(国/会社)で、満足している点/不満な点はありますか?

A3:
(Lienさん  )
満足な点:
① 子供が1歳までは、業務時間を短くしていただけるので助かります。
② 子供が病気になった場合は、
・3歳以下→20日分は社会保険機関から、その日の給与の75%が支給。
・3-7歳→15日分は社会保険機関から、その日の給与の75%が支給。
③ 6歳以下の子供は、国の病院で無料で健康診断が受けられる。

不満な点:
ベトナムはどんどん発展していって、国の育児制度もどんどん良くなってきたけど、
学校施設やヘルスケア、子供の権利を守るシステムなどをもっともっとよくさせていっていただきたいです。

(Anhさん   )
不満な点:ヘルスケアシステムの質が低く、子供が病気になったときはすごく困ります。
ベトナムは働いている母親をあまり守ってくれません。一日に一時間の休憩をくれるだけです。
ベトナムの企業の一部は、産休後の女性を解雇しようとさえします。

 

  日本の女性へメッセージ!

(Lienさん  )
育児と仕事の両立するのは大変でもあるけど、
旦那さんやご両親の協力をいただければ無理ではないです。

会社を休むことによって会社の人との交流が減りコミュニティが狭まってしまうので、
生活のストレスをあまり発散出来なく、ストレスがもっと溜まってしまうと思います。

そういった点は、職場での交流を積極的に行い、
同僚に自分の生活のストレスを聞いてもらったり、
アドバイスをもらったりすることによって助けられます。

 

(Anhさん   )
子供は私たちの人生ととてもhappyなものにしてくれ、
私たちが予測できなかったかわいさと創造性をもたらします。
私の夫は、「子供を持つことは人生により多くの意味を与える」と言っています。

 

(Hanhさん)
私たちには3つの選択肢があります。
① 子供を持たずにキャリアを選ぶ。② 子供を産んだ後家庭に収まる。③ 子供と仕事の両方を選ぶ。
私は、女性は3つ目の選択肢を選ぶべきだと考えています。
その選択肢はとてもすばらしく、私たちが母になるということはとても神聖なものです。
加えて、私たちが自身でお金をコントロールできるということはとても素晴らしいことです。

 

Lienさん、Anhさん、Hanhさんありがとうございました!
すこしずつ、制度が整ってきているとはいっても
不満を抱く点も多くあるようです。

ただ、制度的にまだまだ未整備な部分がある反面、
ベトナムの女性は周りに頼り、周りも積極的にサポートを行う
体制・雰囲気が日本よりしっかりしているのかもしれません。

日本も長所・短所はあるので、
自分が出産・子育て、キャリアにおいて大切なポイントを絞り
より適した環境を選んでみてください!

 

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

現地コンサルタントが語る、ベトナム就職のリアル

ベトナム就職希望者の方へ〜カウンセリングから渡航までのサービスの流れ〜

日本とは少し違う?! ベトナム就職事情 〜応募から渡航まで〜

これで悩み解決!〜ベトナム就職Q&A〜

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る