【ベトナム勤務者談Vol.11】Yuka Hayashibaraさん/金融機関勤務

高校、大学を海外で過ごしたキャリアウーマン語る

今回は、日本では誰もが知っている金融機関で働かれているHayashibara Yukaさんを取材しました!
Yuka Hayashibara
彼女は高校生の時にアフリカへ、高校卒業後アメリカへ留学したグローバル人材です!
鳥取から現れた類い稀見ないバイタリティー溢れるキャリアウーマン。
それでは不思議な魅力を兼ね備えたHayashibaraさんの素顔に迫ります!

 

—自己紹介お願いします!

私はHayashibara Yukaです。鳥取からひょっこり現れました!
高校の時から海外に興味があって、17歳の時に1年間アフリカに留学したり、高校卒業後はアメリカでいろんな国の人と一緒に勉強したりと、他の人とは異なる道を進んできました。
日本での一般的なキャリアからは完全に外れてしまっています(笑)

 

—現在ハノイではどのようなお仕事に就かれているのですか?

某金融機関で、秘書業務兼企画課に配属されています。
企画課業務はこれからですので、現在メインは秘書業務としてサポートしています。
とはいっても、まだハノイに来て1ヶ月半なので毎日覚えることがいっぱいです・・・。

 

—サポート?具体的にはどのようなことをしているのですか?

社内研修のサポートや日本語の資料を英語に翻訳していて、今までの経験を活かせる仕事をやらせて頂いています。

 

—英語が得意なんですね!

高校の時にアフリカへ1年間留学とアメリカの大学に3年半通っていたからです。
その時から、海外に興味が有りました。

 

—どうしてですか?

違う国の人と一緒に勉強したり、生活したりして、異文化に気付いて、異文化交流に好奇心があったからです。
考え方が違う人と話すってとても楽しいですよね。
国が違うと習慣や常識が違いますから。
大学のときはスペイン語を勉強し、ラテン文化も好きです。
現地の言葉を身につけると、現地人との距離がぐっと縮まるので、ベトナム語を今は身に付けたいなと思っています。

 

—大学卒業後は何をされたんですか?

まずは日本で働こうと考えました。いろいろありましたけど。
景気の問題とか(笑)
日本で経験を積んで、「日本の会社で働く」ということを知りたかったんです。
アメリカにいたからこそ、日本の会社に興味がありました。

 

—前職は何だったんですか?

1社目は金融機関、2社目が人材紹介。
そしてまた金融に戻りました。
大学卒業のタイミング等は留学の関係で普通の人よりは遅かったので、前職の期間は長くはないですが、若い時に海外で働いてみたいと感じましたね。
その時に、Jellyfishさんにお世話になって、ここに来ました!

 

—ありがとうございます!こっちにきて、どうですか?

まだ一ヶ月半ですが来て良かったと思っています!
『ベトナムライフイズノットイージー』ですが、
それも含めて楽しくやっています。
でも本当にベトナムは人がいいんです!
だから多少のことでも大丈夫なんです。

 

—将来のビジョンはありますか?

将来はいろいろやりたいことがありますけど・・・。
人材紹介みたいに、国籍問わず、どこの国の人がどこで働いてもいい世界を創ることも興味がありますし、ベトナムの発展に関わりたいと考えています。
とはいっても、ベトナムに絞っている訳ではないですが、
新興国(これから発展するところ)に興味が有ります。
その発展と一緒に何かやりたいと考えています!
ベトナムの地方の開発も面白いと思いますね。
アフリカに留学したことからもともと途上国に興味があったので。

 

—ベトナムの好きなところは何ですか?

フルーツがおいしいところです!!
日本に無いフルーツが好きで、地理の教科書の裏に載っていそうなフルーツが好きなくらい、マニアックなフルーツが大好きです(笑)
特にココナッツ!ココナッツドリンクは海外でセレブが飲んでいると日本でも話題ですが、栄養満点のドリンクです!
日本ではなかなか食べられないフルーツがあって、おそらく女子にとっては魅力的なフルーツが多いです。
まさにフルーツ王国です!
道端のおばちゃんから直接買えるのも魅力の一つ。
フルーツショッピングが最近の趣味です。

 

—最後に一言お願いします!

こちらに来る前は不安でいっぱいかもしれませんが、皆様とベトナムでお会いできれば嬉しいです!
hayasibara yuka san

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る