【ベトナム就職者談Vol.67】関原めぐみさん/電気機器メーカー【社会人編】

自分の選んだ道に責任を持つ大切さ

ベトナム女子2人旅

第1弾の【学生編】の記事が大反響を読んだ関原めぐみさん。
今回はついに第2弾【社会人編】の掲載です!
グローバルな大学生活を送った彼女の社会人生活とは?

留学経験後はやはり中国勤務?それとも堅実にまずは日本勤務?

アジア人留学生

――グローバルな学生時代を過ごされた関原さんですが、
就職活動はどのように進めたのでしょうか?

関原:私の就職活動における軸は
「日本の会社で世界のインフラをよくしたい」というものでした。

――中国語に魅了されて中国に留学された関原さんでしたので、
てっきり、就職も中国でするのかと思っていました!

関原:もちろん興味はありました!
しかし、中国の就労ビザが厳しいことや賃金など
様々な問題があって、まずは日本という考えになりました。

そこで就活の際には海外拠点があることと、
出産の後も働きたいので福利厚生のしっかりした企業を探しました。

――そうなんですね!現在のお仕事で中国語を使う機会はあるんですか?

関原:はい!幸いにも中国語に触れてお仕事ができています。
工場見学に訪れる中国人のアテンドや、営業メールの翻訳、
さらには中国語サイトからの情報収集も行っています。
昨年は、上海で行われたアジア最大級の物流展示会でのお仕事もありました。

――日常的に中国語を用いてお仕事をしていらっしゃるのですね!

新たなる挑戦、それは社会人インターンシップ

――さて、関原さんは現在社会人インターンシップを通じて、
ベトナムに滞在しておられるとのことですが、
どんなことをしているのか教えて頂けますか?

関原:私は経済産業省が実施しているプログラムを通じて
ベトナム・ハノイでのインターンシップに参加しています。
入社当時からこのようなプログラムと会社が連携していることを
知っていたので興味を持っていました。

――入社当時から知っていたのでずっと行きたかったということですね!

関原:興味はすごくあったんですけど、持ち場の関係もあって
諦めている気持ちもありました。
しかし、私が「海外に行きたい」という気持ちがあることを
知ってくださっている部長が「行ってくれば?」と背中を押してくださったんです。
それで応募を決意しましたね。

――なるほど!部長からのお言葉が決め手となったんですね。

関原:どんなインターンシップが今の仕事と繋がるか?ということを
考えながら絞っていったら、現在の商工会議所とご縁を頂きました。

――ベトナムに決めた特別なきっかけというのはあるんですか?

関原:急成長中のベトナムですが、まだベトナムに現地法人がなかったこと、
また、中国語が通じない、英語もどれくらい通じるかわからない、という環境で
力試しをしたい意味合いも少しありました。

――実際に来てみていかがでしたでしょうか?

関原:とても過ごしやすいですね!
物価も安いし食べ物もおいしいです!
町の雰囲気も少し中国に似ていたりして懐かしい気持ちにもなります(笑)

将来の目標はずばり『インフラ』×『新興国』

――中国、アメリカ、ベトナムと世界中で勉強やお仕事をしている関原さんですが、
今後の目標やプランなどはいかがですか?

関原:日本で勤めている会社には、インフラ事業と産業事業があるのですが、
実は今、私が関わっているのは産業事業です。
しかし、やりたかったことはインフラ事業。
次のジョブローテーションで是非インフラに携わりたいです!

――関原さんの軸の1つですもんね!
海外との関係などはいかがですか?

関原:現在中国やシンガポールに対するインフラ事業はありますが、
ベトナムにはないので、進出した際に是非関わりたいです。
なので、今は「ベトナム×インフラ」です。

――それもベトナムでのインターンシップがきっかけということですよね!
中国はいかがでしょう?

関原:将来の大きな目標としては中国で働くということもあります。
翻訳・通訳以外にも中国語を活かしたいということが大きな理由の1つです!

――地域にこだわる事なく働いていくということですね!

『自分』が選んだ道に真っ直ぐ

――最後に若者や、海外転職を考えている方にメッセージを頂けますか?

関原:私は海外の大学に進学する事、就職を日本で行う事、
ベトナムでのインターンを決めた事など、様々な選択をしてきましたが、
これらの経験を通して自分の選んだ道に責任を持つことが大切だと感じています。

もちろん始めてから分かる事もあると思いますが、
自分が選んだ、ということは常に心に留めておいて欲しいと思いますね!

――関原さん、貴重なお話をありがとうございました!
****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

下記3名はベトナムで活躍される飲食関係の日本人のインタビュー記事
縁があってかベトナムでレストランを立ち上げられた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.35】小倉哲さん/レストラン経営

ベトナムの5つ星ホテルの日本料理屋でマネージャーされた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.38】村山拓也さん/レストランマネージャー

23歳でまさかのカフェを立ち上げ?若くも立派な女性のお話
【ベトナム就職者談Vol.56】水谷亞香里さん/カフェ経営

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る