ベトナム人採用の成功率を上げる秘訣

ベトナム人の転職と給与

二つはどのように関連しているのでしょうか?

丸められたドル紙幣

さて、突然ですがベトナムにおける転職活動では、
「前職より給与を上げたオファーを希望する」
という事が一般的だとお考えではないでしょうか?

候補者側に、転職=待遇向上という考えが根強い事が背景にあると思いますが、
どんなに華々しい経歴があり、応対が素晴らしかったとしても、
共に働いた事がなく実力が未知数な方に希望通りの待遇を与えるのは、
企業側の視点で見れば難しいことでもあります。

ただ、必ずしも全ての候補者が待遇向上無しでは転職しない、という訳ではない様です。
採用成功例から共通点を見出すことで、
「採用成功率を上げる」ための糸口を発見出来ると考えます。

そこで、今回は「候補者の待遇が希望・前職より下がっても成功した
採用事例に共通する点」をご紹介したいと思います。

※ここで紹介する企業様は、設計会社様(A社)と
重機レンタルの会社様(B社)です。

⑴社長から候補者に明確な期待を伝えている

希望や期待を表す木製ブロック

採用を成功された2社様とも、採用の初期段階で社長が候補者と対面し、
応対や人柄、過去の候補者の経験が募集職種に活かせられると判断されました。
その後の面接では部下の面接官を通して、そして最終面接時にも
社長からの期待を明確に伝えておられました。

特にA社様は途中、部下のベトナム人の方と弊社の営業担当両方を通して
「あなたの誠実な人柄と人と接する際の態度が素晴らしい」
という事を候補者に伝え続けられました。

それにより、前職よりも明らかに
待遇が下がったオファーが提示されたにも関わらず、
「ここまで自分を評価してくれた社長は初めてで、感動した。
この社長の元で働きたい」と考えられ、入社を決めるに至りました。

この様に社長からの明確な期待を伝える事で、
「待遇を差し置いてもこの会社で働きたい!」
と思って頂きやすくなることもあるという事例です。

⑵候補者に明確なキャリアパスを用意している

jellyfishhr ベトナム就職 インタビュー 真っ直ぐ続く道

この企業に入社すればどの様な仕事を任せてもらえるのか、
どの様に努力すればどういったポジションに就ける可能性があるのか。
今回の2社様とも、これらの点も明確にされていました。

B社様はマネージャーの採用でしたので、入社後の具体的な仕事は勿論の事、
どういった新規事業について、どういう立場で、
どの関係当事者と連絡を取り合いながら活躍して頂きたいのかを
面接中・弊社の営業経由で候補者様に伝えられました。

「努力次第で昇進・昇給可能」とは、
候補者にとっては曖昧に聞こえがちかと思います。
もう一歩具体的に伝えて頂くことで候補者は入社後のイメージを明確に持て、
志望度が向上しやすくなります。

⑶最終面接終了時までは待遇以外の話に集中する

笑顔で手を差し出す女性

面接の当初から待遇の提示をされる企業様もいらっしゃるかもしれません。
しかしこの2社様においては、待遇提示は最終面接終了後に行い、
選考過程では候補者との対話に集中されています。

当初は両候補者とも、希望給与が叶わなければ応募を辞退するという程
希望給与にこだわっていたにも関わらず、
最終的には企業様が当初から想定していた給与で合意されました。
これは、待遇提示前に待遇以外の会話を重視する事で、
候補者が会社への理解を深めていたからこそ、実現したケースと言えます。

 

勿論上記3点が機能する前提として、
採用活動の優先順位を上げてスピーディーに候補者と連絡を取り合う事
候補者の他応募企業の進捗を掴む事
待遇は特に候補者側にとって敏感な話題であり、
慎重に話を進めていく必要がある事は言うまでもありません。

今回お伝えしたかった事は、決して全ての候補者に対して希望若しくは
前職の待遇より下げてオファーするべき、ということではありません。
選考を進める中で、とりわけ採用したいと思う方に対しての
採用の成功率を上げていただく為のアクション
としてお伝えいたしました。

今回の記事が貴社の採用活動に
少しでもお役に立てられれば幸いです。

****************************************************************************************

この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

ベトナム人の給与感覚。額面以外に重要な3つのポイント

経理スタッフ採用におけるチェックポイント

「営業職は人気無い?」ベトナム人営業職、長期雇用のポイント

*******************************

JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、

ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、

皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る