【過去・現在】を知ればわかるベトナムの物価上昇率

知ってる!?ベトナムの物価

ベトナムドン
東南アジアの新興国であるベトナム。
みなさんはベトナムの物価はどのくらいか知っていますか?
水は日本円で約50円/1L、昼ごはんは約150円、コーヒーは喫茶店ですと1杯約100円です。
正確には土地によってまちまちですが、現在ベトナムの物価は日本の約1/3と言われています。

しかしながらベトナムの物価はGDP増加に伴い年々上がってきています。
そこで、今回は物価上昇について、簡単にご説明します。
将来ベトナムに行こうと思われている方は、頭に入れておきましょう!

1.物価上昇率

消費者物価指数(物価上昇率と考えて頂いて構いません)を参考にすると物価が
2000年~2007年の間で約1.5倍、2007年~2015年の間で約2倍になっています。

また今から約10年前はベトナムドン(以下VND)の最高額紙幣は10万VNDでしたが、
現在はなんとその5倍!50万VND紙幣があります。
「なんかこれ似てるな」と思われた方は勘が鋭いです。
そうです!戦後の日本でも紙幣の最高額が1000円から5000円、そして10000円となっていきました。
まるでかつての日本に似ています。

参考:JETRO VIETNAM

2.対日本円のベトナムドンのレートの動き

円 VDNレート推移

 参考:http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=JPY&to=VND

VNDと日本円(以下JPY)のレートは異なる動きをします。
簡単に言うと、VNDは円安の時に換金率が下がり、逆に円高の時は換金率が上がるということです。
上記のグラフは1JPYに対するVNDの推移です。

2007年では1JPY=約135VND、対して2015年は1JPY=約190VNDです。
物価が約2倍になったことを考慮すると、換金率は円高の影響で良くなりましたが、
買い物の際の費用は増えたということになりますね。

つまり、この2011年~2012年の間にJPYをVNDに換金しておけば、
換金率が非常に良かったということです。

3.今後の物価について予測

ベトナムの物価は現在も少しずつではありますが徐々に上がってきています。
近いうちに日本円の約1/2になる日も訪れるのではないでしょうか。

もし、そうなった場合、生活費にどれくらい影響がでるのでしょうか。
以下の記事を参考にすると、一ヶ月600ドルの生活費現在レートだと約6万円になります。
参考:http://jellyfishhr.jp/archives/13215

これが単純計算で約9万円になるということです。
ベトナムからだと、その差額分(今回ですと約3万円)の費用で国外旅行へも行くことができます。
また国内旅行で、リゾート地に行くなら豪華に過ごすこともできます。

現在日本は、再び円高傾向になっていますので、チャンス到来とも言えます。
そのため、是非このタイミングにベトナムに来られてはいかがでしょうか?

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

海外で働く魅力①~今後の日本経済の予測~

海外で働く魅力②~グローバル化が日本にもたらす影響~

海外で働く魅力③完~今後日本で求められていく人材とは~

海外に来て気づいた大事な4つのこと

5年後を明確に決めることは難しい

短期的目標、長期的目標を掲げる大切な理由

必見!ベトナムeコマース市場Q&A

*******************************

JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る