東南アジアに冬?意外と知られていないベトナムの不思議な気候

 ベトナムに冬があるって知っていましたか?

hat-bikini-model-lips-large

皆さんはベトナムといえばどんな気候を想像しますか?

多くの皆さんは、ムシムシとした気候で、
太陽がジリジリ輝いている…
そしてもちろん年中半袖姿、といった気候を想像されると思います。

しかし、実をいうとそれはホーチミンなどの南部の気候であって、
ベトナム全土が同じという訳ではございません。

そこで今回は、あまり知られていない
首都ハノイの冬事情について少しご紹介します。

北ベトナム典型の温暖冬季少雨気候

pexels-photo-54206-large

『温暖冬季少雨気候』とは、
夏は高温多湿となり、冬は日本の様に乾燥した冷え込みを見せる気候の通称です。

1年の中で7月が1番暑く、日によっては38~40度近くまで温度が上昇します。
イメージとしては日本の夏よりも若干湿度が高く、外に出た瞬間汗が出るくらいです!
聞くところによると、南部のホーチミンよりも湿度が高く過ごしにくいようです。

しかし一方で、11月下旬から3月までの冬は、
乾燥した寒気の影響で気温が10度以下まで低下します。
「東南アジアだから暖かいはず」なんて思っていると痛い目をみますね。
旅先で体調を崩しかねません。

ただし、首都ハノイでは雪が降らないので、
私たちが想像する日本の冬よりは比較的生活がしやすいです。
ちなみにベトナムではハノイの北に位置するサパという地域で
唯一雪が降ります!(サパの記事はコチラ!)

重宝されている軽量ダウンジャケット

down-jackets-1281699_960_720

先ほど、ハノイの冬は比較的生活がしやすいと述べましたが、
それでも冷え込む日はさすがに堪えます。

特にベトナムでは、 移動はバイク、
食事は屋外と外に出ている時間が少なくありません。
油断して薄着をすればもちろん寒いです。

こんな場合には、ユニクロなどの比較的軽量で
高機能、高暖房のダウンジャケットがあれば
非常に使い勝手が良く、役立ちます。

とりあえず一着は羽織れる上着を用意して、
それでも寒かったら現地調達をするのも1つの手段です。

さて今回は、意外と知らないベトナムの冬について
ご紹介しましたが、いかがでしたか?
地域によって違った気候を楽しめるのもベトナムの魅力です。
お越しになる際はぜひ参考にして頂ければと思います。

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

ハノイのディープな歩き方 旧市街36番通り

ベトナムで話題の屋台寿司『ストリートSUSHI』

ベトナム鉄道の旅(ハノイ〜サイゴン)

イッテQイモトも行った!ハノイ奥地の蛇村にチャレンジ

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/


関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る