【ベトナム就職者談Vol.5】義田尚子さん/日本語教師

ベトナムの一番の魅力は『人』/義田尚子さん

今回もまたもや若手プレイヤーの登場です!

義田さんは若干23歳でベトナムの首都ハノイに住んでいるベトナム人に対して日本語を教えている先生です!

大人しい見た目とは裏腹に、勇気を振り絞って日本からベトナムに渡った素敵な女性です。

そんな義田さんに今回スポットを当ててみました。

義田尚子さん―自己紹介を御願いします!

義田直子です。今23歳です。

―現在どのようなお仕事されているのですか?

ベトナム人に日本語を教えています。日本語の文型に関しては、ベトナム人の先生が直接教えているので、私が担当しているのは日本語会話ですね。日々スピーキング力が伸びているのを間近で感じられます。
最近はPowerPointを使った授業を考えている途中です!創るの楽しいですよ。


―どんなベトナム人が義田さんの授業に参加していますか?

義田さん:それはもういろんな人いますね。日本へ留学したい人や日系企業で働きたい人はいますし、もちろん日本語が好きだから参加する人もいます。
冗談かどうか実際わからないんですけど、日本人の恋人が欲しい人や日本人と結婚したいという理由で受講するベトナム人もいます(笑)


どうしてベトナムに来ようと思ったのですか?

タイミングですね。「今しかない!」って思ったんです。
正直言うと、ベトナムはもとより、アジアに対して強い興味があったわけではないんです。それよりかは、欧米のような先進国にはある種の憧れがありました。
しかし、「海外で働きたい」という漠然の思いがあり、インターネットで仕事を探している時に現在働いているベトナムの会社にヒットしました。


義田さんはどこにヒットされたんですか?

仕事内容です。「日本語教育」だけではなく「日本留学支援」に携われることにとても魅力に感じました。とはいっても、働きたいから連絡したのではなく、応募状況を問い合わせただけだったのですが、いつの間にか引き込まれていました(笑)

 

—元々日本語教師に興味があったのですか?

そうです。大学の専攻は日本語教育で、教師を目指していました。
しかし、教員採用試験に落選し、大学卒業後はアルバイト生活を続けていました。
でもこのままじゃダメだと強く感じ、勇気を出して日本を出ました。


実際ベトナムに来てイメージは変わりましたか?

そうですね、大きく変わりました。
日本並みのインフラ整備がされていないところはイメージ通りでしたが、ベトナム人は優しいですし、ご飯はとても美味しいので、今は良いイメージばかりです。
特に面白いのが、ベトナム語がわからない私にひたすらベトナム語を話し続けるベトナム人がいることです。でも全然憎めないです!


苦労されている事は何かありますか?

そりゃもうたくさんあります。
例えば、ベトナム人が間違った日本語を使っている時に訂正するのがとても難しいんです。
勉強歴が浅い学生の限られた日本語の中から適切な表現を探し出し、わかりやすく簡単に伝えないといけないんですが、すごく神経を使います。
「その動詞をどうしてそこで使ってしまうのだろう」とかいつも思っています。
教えるって難しいですね。


将来はどのようなビジョンがありますか?

人の成長が見える仕事に携わり、海外の人が日本に興味を持ち、日本を好きになってもらえるようにすることです。
教える事に対してまだ苦手意識があるので、これからそれをプラスの力に変えるようにしたいです。


では最後にベトナムの一番良いところは何ですか?

やっぱり”人”ですね。私には無いものをたくさん持っているんです。
例えば、初めての授業の日に、学生達は友達がいない状態で来ているにも関わらず、すぐ友達作っちゃうんですよ。
私にはなかなか真似できないです(笑)そういうところとても好きです!
他にも、良く通っていたお店のおばちゃんが、私の為に簡単な日本語を覚えようとしていて、とても感動しました。
そういう体験していると、ベトナムの一番の魅力はベトナム人自身であると感じます。

 

インタビューの後、義田さんは教室に戻られました。
私たちは海外で働く若者を応援します!

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る