ベトナム現地採用の生活費ハウマッチ?1ヶ月の費用をシミュレーション!

物価が安いといわれるベトナムの生活費、1ヶ月でどのくらい?

計画を立てる女性

日本に比べ物価が安いといわれる東南アジアの国ベトナム。
実際のところ、1ヶ月の生活費はいくらくらいかかるのでしょう?

今回はベトナム現地採用の方の生活コストをシミュレーション!

海外就職・ベトナム就職を考える際の参考にしてみてください。

 

 1ヶ月の生活費シミュレーション

ベトナム料理

【20代独身男性の例】

家賃    :300~500USD
水道光熱Wifi:100USD
食費    :150~300USD
交通費   :100USD
携帯電話  :20USD
交際費   :100USD
雑費    :100USD

計 870~1,220USD

 

【30代独身女性の例】

家賃    :300~500USD
水道光熱Wifi:100USD
食費    :150~300USD
交通費   :100USD
携帯電話  :20USD
交際費   :100USD
雑費    :200USD

計 970~1,320USD

 

【50代既婚男性(配偶者帯同・二人暮らし)の例】

家賃    :600~1,000USD
水道光熱Wifi:150USD
食費    :300~500USD
交通費   :150USD
携帯電話  :40USD
交際費   :150USD
雑費    :200USD

計 1,590~2,190USD

※現地採用の場合、家族のビザ及びレジデンスカード取得費用、
家族の医療保険は自己負担になることがほとんどです。

ビザ及びレジデンスカード取得費用:年間300USD程/1名
医療保険:年間1,000USD程~/1名

 

意外と安くない…と思った方も多いのではないでしょうか。

ホーチミンやハノイなどの都市部の家賃は
そこまで安くなく、生活費の大部分を占めることになります。

会社の寮に住める(家賃・水道光熱Wifiは会社負担)、
住宅手当があるなどの福利厚生があるとかなり大きいですね。

 

続いてもう少し詳しく、ベトナムでは何にどのくらいかかるのかをご説明します!

 

 ローカルならグッと安く!食費と飲み会代

ベトナム料理

ローカルフードがとにかく安くて美味しいベトナム。

<朝ごはんなら…>
バインミー(ベトナム風サンドイッチ):0.7USD(75円)程

フォー(平たい米麺):1.3USD(150円)程

<昼ごはんなら…>
コムタム(ごはんの上にタレで焼いた肉、野菜、目玉焼きなどをのせたワンプレート):1.3USD(150円)程

ブンチャー(焼いたつくねと豚肉、野菜の入ったつけだれで食べるベトナム風つけ麵):1.5USD(175円)程

<晩ごはんなら…>
ミーワンタン(ワンタン麺):2USD(225円)程

ミーサオボー(牛肉焼きそば):2.2USD(250円)程

ネムザン(揚げ春巻き):1.3USD(150円)程

ザウムンサオトイ(空芯菜のにんにく炒め):2USD(225円)程

ビール:1杯0.9USD(100円)程

 

3食ともローカルフードなら、1日5~8USD程で済みます。
飲み会は1回13USD(1,500円)程といったところでしょうか。

 

【日本食の場合は?】
ローカル食堂が安いとわかっていても、どうしても日本食が食べたくなるときがあるかと思います。

定食なら6.6USD(750円)程。
飲み会は17~26USD(2,000~3,000円)程。

日本と比べるとやや安いですが、現地採用の給与だと
毎日食べるにはちょっと気が引ける値段です。

 

 交通費

ベトナムの交通

市内の移動手段は基本的にタクシーまたはバイクになります。

バスもありますが、乗り降りが分かりにくかったり、
スリに気をつけなければいけなかったりするので、
あまりオススメできません。

また、鉄道は今のところ都市間を結ぶものだけです。

 

【タクシー】
「Grab」や「Uber」などの配車アプリを使う場合:
バイクタクシー…0.35USD程/1km
車のタクシー …0.7USD程/1km
※雨などでタクシーの需要が多くなると、値段が高くなることがあります。

「MAILINH」や「VINASUN」などのタクシー会社を使う場合:
1USD弱/1km(メーター料金)

 

【バイク】
ガソリン代…10~15USD程/月
駐車場代…8USD程/月

修理代(タイヤ交換)…4.5USD/1回

 

バイクの運転に慣れてしまえば、かなりの交通費の節約になります。

運転はちょっと、という方は会社の近くに住む、
通勤手当ありの求人を探す、などで毎日の費用を節約できます。

 

 携帯電話代

スマートフォン

ベトナムのスマートフォンはSIMフリーです。
スマートフォン本体とSIMカードをそれぞれ購入し、
先にチャージして使うプリペイド式です。

チャージの方法は以下の2つがあります。
①オンライン(Webサイトやアプリ)でチャージする方法
②携帯電話販売店、道端のタバコ屋などでプリペイドカードを購入し、チャージする方法

使用頻度にもよりますが、
通話・インターネット合わせて20USD程/月です。

ベトナムはWifi天国なので、カフェや施設には大抵無料Wifiがあります。
無料Wifiをできるだけ使って、節約するようにしましょう!

 

 日用品

歯ブラシ

ほか、日用品は以下のような値段です。

水(1.5リットル):0.45USD程

トイレットペーパー(6ロール):1.7USD程

歯ブラシ(1本):0.35USD程

液体洗濯洗剤(2kg):5USD程

シャンプー(450ml):3.7USD程

カップ麵:0.35USD程

 

海外からの輸入品である電化製品、ファッション関連製品は
日本で買うのとほとんど変わらない値段であることが多いです。

一方で日本と比べ安く感じるのは、国内航空券(往復8千円程~)や
マッサージ(60分12USD程~)など。

 

あまり意識して節約しなくても、気づいたらけっこう貯まっているよ、
という現地採用の方も多いベトナム。

海外就職の選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

****************************************************************************************
▽海外就職・ベトナム就職に関する相談は▽
ベトナム就職相談
弊社日本人スタッフがご連絡します。

 

▽LINEでの相談も受付中▽
友だち追加後、メッセージをお送りください。
友だち追加

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

対面よりドキドキ?オンライン面接のポイントは?

海外で輝きたい女性にベトナムがオススメの理由

最新ベトナム求人一覧

 

JellyfishのFacebookInstagramもチェック!

 

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る