【SAISHOKUKENVI Vol.12】Le Thi Dungさん/日本長期滞在経験者

Le Thi Dungさん/日本長期滞在経験者

“SAISHOKUKENVI”では、ベトナム国内で活躍する「才色兼備なベトナム人」の仕事や私生活に関する価値観などを取材し、ビジネスマンとしても活躍されている女性をご紹介します。

Dungさんキャッチ
第12弾は、8年間日本に住んでいらっしゃったハノイ在住のDungさん。

2度日本での長期滞在を経験された彼女の考えは非常に興味深いものでした。
現在、求職活動中とのことで、彼女の私生活と今後の仕事の目標を取材して参りました。


夏原:Dungさん、本日はインタビューを受けて頂きありがとうございます。

それでは、簡単に自己紹介からよろしくおねがいします!

Dung:初めまして、現在ハノイに住んでいるDung(ズン)と申します。
大学は日本の麗澤大学を卒業し、その後4年間に日系企業2社で働いた経験があります!

夏原:失礼ですが、初めてお会いした時は日本人だと思いました。

というのも、非常に流暢に日本語を話される方だなと。

Dung

お褒めいただきありがとうございます。
日本の環境で勉強していたものの、日本語については今もまだ勉強中です。

 

– – –   思い立ったが吉日!自由な学習環境を求め日本へ

夏原:日本語を勉強し始めたのは大学からだと伺ったのですが、日本に興味を持ち始めた理由はなんですか?

Dung

高校を卒業した後、ベトナムの大学に入学したのですが、
自分の本当に学びたい事を勉強できない環境が楽しくなかったんです。
そこで、海外の大学に留学すれば新しい事にも挑戦できるし、自由な環境が得られると思ったんですね。

夏原:公用語が英語でない日本を選んだ理由はなんですか?

Dung

実は日本という国はアニメなどの文化を中心に、私達ベトナム人にとって馴染みの深い国なんです。
私も幼少期から「ドラえもん」のアニメをよく見たり、
実際の日本はどんな国なのか、確かめてみたいという気持ちがありました。

あと、欧米の国々と比べて地理的に近いという事も理由だったかもしれません。

夏原:ご両親に日本へ行きたいと相談したら、心配されませんでしたか?

Dung

いえ、母は「好きな事はどんどんチャレンジしてほしい」という教育方針だったので、
留学に関しては肯定的で、色々な経験ができたのもそのおかげだと思っています。

– – – 5年間の日本留学を通して経験した事は?

夏原:日本へ留学した際に、最初の壁はなんでしたか?

Dung:留学のルール上、一定の期間は語学学校に通わなければならなかったので、
2年間東京にある語学学校で勉強していました。

初めて日本に行った頃の感想は「建物がしっかりしている」だったと思います。(笑)

あとやっぱり、皆さん交通ルールをしっかり守ってるのが印象的でしたね。
日本では当たり前かもしれませんが、ベトナムの交通事情からすれば、
みんながしっかりルールを守っているのは本当に驚きなんです。

そして、2年間日本語を勉強した後、麗澤大学の国際経済学部に入学しました。
何より嬉しかったことは、自分のやりたいことを好きな様にカリキュラムを組めることです。

日本人の学生ばかりでしたが、みなさん非常に親切で、私の思い描いた大学生活を送ることができました。
アルバイトもマクドナルド、コンビニ、居酒屋と色々経験しましたし、
髪の毛も染めたりするなど結構はしゃいでたかもしれないです(笑)

Dungさん③

夏原:日本のキャンパスライフを楽しんでいらっしゃったんですね!

– – – 在越日系企業に入社した後に結婚。再び日本へ

夏原:3年で大学を卒業された後、ベトナムに帰国されたのですよね?

Dung:はい、帰国して日系の建設会社に入社しました。
そこでは経理の仕事の他、ディレクターアシスタントをさせて頂いていました。

日本人と正式に働くのは初めてでしたが、多くの人は責任感があって、
仕事が好き、やりがいを大事にしている私からすれば学ぶべきものがありました。
また仕事と私生活で「オン・オフ」を大事にするところも興味深かったですね。

夏原現在はご結婚していらっしゃいますよね?

Dung:はい、24歳の時に結婚して、今では2児の母です。

夫が防衛関係の仕事をしているのですが、私が仕事をして9カ月目の時に日本への出張が決まり、
私も仕事を辞めて再び日本に行くことになりました。

私の第2期日本生活の始まりです。

夏原:行ったり来たりですね。そこからどのくらい日本にいらっしゃったのですか?

Dung:3年です。2015年に夫の仕事が終わり再びベトナムに戻ってきました。

– – – これからの人生でチャレンジしたい事

夏原:これからの生活でDungさんがやってみたいこと、挑戦したい事はありますか?

Dung

現在進行形ですが、仕事面ではファイナンスなど財務のお仕事に就きたいです。
やはり数字が好きなのと、予算を組み立てることで会社がどのように拡大をするのか見えるのが楽しいです。

私生活では、やっぱり子供に日本を見せてあげたいです。
日本語も少しずつ教えていて、子供は新幹線が大好きなんです。

でも、夫の仕事の関係で家族で海外にいくことが簡単ではないので、
いつか家族全員で日本旅行できればと思っています。

夏原:なるほど、素敵な目標ですね!

Dungさん本日はありがとうございました!


ベトナムの5つ星ホテルの日本料理屋でマネージャーされた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.38】村山拓也さん/レストランマネージャー

23歳でまさかのカフェを立ち上げ?若くも立派な女性のお話
【ベトナム就職者談Vol.56】水谷亞香里さん/カフェ経営

 

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る