ハノイ、ホーチミン、あと3つは?ベトナムの5大都市をご紹介

知ってる?ホーチミンとハノイ以外のベトナムとは…

sunrise-phu-quoc-island-ocean-large

みなさん、ベトナムの行政区画をご存知ですか?
日本にいる方であればハノイとホーチミンはかろうじてわかっても、
他の都市がどこにあるのかはわからないかもしれません。

ベトナムにおける行政区画は、
日本で言う『都道府県』で区分される地方行政区画のようなもの。
では、ベトナムはどのような区分がされているのでしょうか。
なんと、58の省と5つの中央直轄市に区分されています。
まるで、北京、上海、重慶、天津の4つの中央直轄都市を抱える中国のようです。
さすがかつて中国の政治手段を模倣したと言われているベトナムです!

それはさておき、中央直轄市とは政府の管轄を直接受ける都市で、
区分的には58の省と同列になっています。
この中央直轄市はベトナム5大都市とも呼ばれ、それぞれ異なった特徴があります。
それでは、人口の多い順に特徴をお伝えします。

(1)ベトナム経済の中心地”ホーチミン”

HCM 風景
ベトナム最大の商業都市ホーチミンは、
街中バイクの喧騒と若い勢いや活気に溢れています。

日系企業の進出も多く、
飲食店マッサージを含め日本人向けサービスも充実しているため、
ホーチミンでは日本とほぼ変わらない暮らしができます。

毎日のようにビルやマンションの建設が進み
さながら日本の高度経済成長期のようで、
国の成長を間近で実感できるので、働くのは楽しい街です。

(2)政治と文化の中心地、首都”ハノイ”

ハノイ 風景
古い建物も多く残り、大小様々な湖が点在するハノイは
政治と文化の中心地として落ち着いた雰囲気です。

ホーチミンなど南部の人々は、商売気質で明るく社交的だと言われている一方で、
ハノイなど北部の人たちは内向的で礼節や文化に重きを置くと言われています。

南北戦争で北ベトナムが勝利したこともあり、
ハノイには政治機能が集中し、
国費留学生の比率は圧倒的にハノイ出身の方が多く、
日本語を流暢に話す人が多いのも特徴的です。

2016年末までには地下鉄が始動する予定で、今後の発展も期待されています。

(3)ベトナムの海上貿易を支える港町”ハイフォン”

haiphong port jellyfish
(写真元)http://en.vietstock.com.vn/2014/04/hai-phong-ports-ipo-set-for-may-14-967-174916.htm

元々は小さな漁村が集まる辺鄙な場所でしたが、
徐々に外国船も往来するようになり、 いつしか北部を支える工業都市へとなりました。

そして、現在は大型船も入港できるように巨大な港を建設中であり、
今後も海運が更に盛んになることが予想されています。

一方、日系企業の進出も多く、これから益々発展していくことが期待されています。
ハイフォンに進出している代表的な企業は、ブリヂストン、矢崎総業、コクヨなどなど。

港町特有の気性のハイフォン人の気の荒さはベトナム人は口を揃えて言います。
その分、活気のある都市とも言えます。

ハイフォンからはハロン湾が比較的近くに行くことができるので、
時間がある方はハノイからハイフォンに移動し、
一泊してからハロン湾に行くのも悪くはありません。

(4)ベトナムの穀倉”カントー”

カントー 写真
メコンデルタ地方最大の都市であるカントーは
国内のお米の生産量の50%以上を産出しています。

農村・田園・ジャングルの間を水路がめぐり、
昔ながらの川と共に生きる人たちの生活が色濃く残っている地域でもあります。
そのため、観光客には早朝の水上マーケットが非常に人気。
日帰りでは難しく、1泊2日を覚悟した方が良いです。

また、現地で有名なカントー大橋は日本のODAによって賄われ、
2010年に大成建設鹿島建設新日鐵住金のジョイントベンチャーによって完成し、
その結果、横幅の広い川の移動を船から自動車に変える大きな変革を起こしました。

(5)ビーチリゾートとして有名な”ダナン”

beach-beverage-caribbean-cocktail-68672-large
実は、昔からベトナム中部最大の港町でもあるのですが、
ダナン国際空港もあり、世界遺産のフエやホイアンにも アクセスがしやすく
最近では観光地としての印象が強くあります。
近年、旅行代理店からの猛烈なPRの成果もあってか、
日本からのツアーも多く組まれ、 人気急上昇の観光都市ランキング1位に選ばれました。

また、ベトナム政府は今後ダナンをIT都市として築き上げる方針を既に公表しており、
ホーチミンに集中してるIT企業はダナンにも拠点を出したり、
日本からの進出が増えることが予想されています。

 

日本と同じように南北に広がるベトナム。
一概にベトナムといってもその地域ごとで特徴が大きく異なります。
(ベトナムの地域ごとの特徴はコチラ!)
みなさんもベトナム就職の際には、
実際に多くの地に足を運んで、 様々なベトナムを感じていただければと思います。

****************************************************************************************

この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

新興国ベトナムのこれからの魅力

「意外と知らない?海外のWEBサービス」 ベトナム編

格安で航空券を取得するコツ!これでお得に海外へ!!

ベトナムの絶景を12個集めてみました!!

ベトナム8つの世界遺産。みなさんはご存知ですか?

綺麗すぎるっ! アジアのビジネス街 夜景ver

*******************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る