親日率No.1の国「ベトナム」

親日率No.1の国「ベトナム」
親日国ベトナム

チャイナ・プラス・ワンとしてタイ、インドネシアとともに脚光を浴びるベトナム

日本はベトナム最大の投資国で日本からのFDI投資額も5600億円を超え、諸外国からベトナムへの投資額の1/3を占める迄になりました。

ODAでも最大の援助国でありながら、ベトナムへの内政干渉をせず、日本人観光客のマナーが良いことなどから、日本の事を好きだと答えたベトナム人の割合が97%(※アウンコンサルティングアンケート調査)と世界でも有数の親日国です。
「親日というより、尊日といった方が正しいかもしない」とベトナム人から評価されるほど、日本人への印象が良くフレンドリーに接してくれます。

この様な背景からも、ベトナムは日本人にとって非常に働きやすい国の一つであることは間違いないでしょう。


~この記事を読んだ方にオススメ~

現地コンサルタントが語る、ベトナム就職のリアル
ベトナム就職の内側を、現地のキャリアコンサルタントに話していただきました。

ベトナムで通用する日本人の4つの特徴
日本人にとっては当たり前のことも、海外では優位に働くことがあります。

関連記事

Facebookページ

Recruit for JellyfishHR

カテゴリー

ページ上部へ戻る